Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
決算市 お買い得 
私が引き立つ着物を着て美しくなろう!1
H_taisho
それそれの個性を引き出したい方へ
H_kitai
自分らしさを愛することができるようになります。
和の美へ導く
Professional_s
 
 
美の國 和文化アンバサダー
小管 貴子
和の美へ導く
 
◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化アンバサダー
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
1970年 福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2018年より
和文化アンバサダーとして活動しています。
 

きものライフを応援しています。

きもの㐂陽音の貴子です。

 

あなたの着物を着てみたい!!

 

着物でお出掛けしたい!!この思いを、今、強く感じています。

 

私が着物を着るようになったのは、着物を着てときめいたからです。

冠婚葬祭用の着物だけでなく、日常にも着物を着て楽しんでいただける方が

ふえたらいいなと思っています。

 

また、着物を着るようになると、自然と和のことに向き合えるようになります。

当方でずっと続いている「きよう会」では、きもので日本文化を再発見をテーマに

お出掛けや和の講座を開催しています。

 

気軽に着物のことを始めるきっかけにこの決算セールをご活用ください。

着物を着る目的は何ですか?

どうなるとあなたは幸せを感じますか?

それを得るためのお着物は、どんな着物がいいでしょうか?

 

着物始めには、ご予算も気になるところですよね。

あらかじめお問合せフォームから、どんなご質問でも構いません。

お問合せくださいね。

 

どうぞ、ご遠慮なくご相談ください。

 

期間中は、私が一人でいることもあります。

ご予約いただけると幸いです。

 

輝くあなたをきもので応援しています。

 

 

開催日時
2018年4月 2日(月)
開始 9:30
終了 18:00
場所 和のこころ きもの喜陽音店内
大津市一里山4丁目11番25号 ヴィラ・ヴィエント 1F きもの喜陽音
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費
定員 30  名
申込受付期間2018/4/ 2(月) 16:24 ~ 2018/4/30(月) 18:00まで
主催者小管 貴子
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
決算市 お買い得 、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

美の國

和文化アンバサダー

小管 貴子

Mission
和の美へ導く
Senmon

きもの 着付け 和 運気

◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化アンバサダー
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
1970年 福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2018年より
和文化アンバサダーとして活動しています。

  kosuga.takako
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock