Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
楽しいランチ会
H_taisho
「親とのこと」今まで話せなかった色んな事を吐き出してスッキリしたい方
H_kitai
相談しづらい親に関するお悩みにお答えします!
健康は宝もの  未来への贈りもの
Professional
 
 
アナリス 食育指導士
浜井りつこ
健康は宝もの 未来への贈りもの
 
食育指導士 アウターチャイルドスピリチュアルセラピスト 親子関係改善コーチ 講演家

私が育ったのは自然がいっぱいな森の中の一軒家。
そこでは、健康が当たり前、体が丈夫なことは当然という幸せな幼少期を過ごしましたが
思春期を迎えた14歳のとき、今や全国に2000万人以上はいると言われる『花粉症』の診断を受けた頃から、健康バロメーターは急降下しました。結婚して2人の子どもを生んだ20代後半には日光アレルギー、子ども2人も食物アレルギー、特に下の娘はアレルギーの原因が特定できない中で母乳育児を諦め、手探りの離乳食づくりをする日々を過ごすうちに、「いつまた湿疹が出て娘の肌がボロボロになるか分からない」という不安と緊張のためか不眠症に悩みました。その後もぎっくり背中や歩けないくらいの膝痛など繰り返される体の不調で、ついには仕事を断念。「なぜ私ばかり?!」でも、不調や痛みで体の緊急停止ボタンが押されてしまうことは「意識を変えていく」上で、実はすべて私自身が望んだからこそ引き寄せていたことでした。こうして本心で望んでいたことに気付くことができたのは、ライフコンサルタントである「麗美ねぇ」こと梅原麗美さんに師事しはじめたことがきっかけです。
食の安心や安全に対して意識が高く厳しかった母との確執から絶縁に至った私でしたが、麗美ねぇのコンサルを受けたことで、人生の総棚卸しとも言える自分史の掘り下げと200人の観客の前で20分間の講演にチャレンジし、『どうせ母は私を嫌っている』といった長年の固定観念を手放し、母との関係を大きく改善しました。それにより、心から満たされて生きるには、共に笑い合える仲間と健康な体を持つことであると気付き、現在は健康についての情報発信と勉強会などを行いながら、1人でも多くの人が後悔なく人生をまっとうするために寄りそうマネージャーとして、健康と食についてを広める活動を行っています。
 

こんにちは
親子リレーションシップナビゲーターの
浜井理津子です。

お金には困っていないのに
なぜだかいつも満たされない。

毎日楽しくて充実しているのに
ふいに寂しくなる。

心に何かひっかかるものがあり
前に進めない。

そういった不安や心配の原因は
もしかすると親子関係の悩みからきているのかもしれません。

・自分の価値を認められない
・自己肯定感・自己重要感が低い
・子供時代のことを思い出すと
行動が止まってしまう
・幼少期を思い出すと、親への怒りや悲しみが溢れ出してしまう

そんな時に
気持ちを吐き出したい

でも、親のことをわるく言うなんて
人になんて思われるか心配。

そんな時は「毒親育ち」として
40年過ごした私に相談してみてください。

【親のこんなところが許せない】
悩みの解決・改善をお手伝いしています。

開催日時
2018年4月 7日(土)
開場 11:50
開始 12:00
終了 14:00
場所 大阪(梅田)会場は参加者様にご連絡致します

参加費

PayPal決済をご利用→¥5,500ー

銀行振り込み→¥5,000ー

※(飲食代別途負担)

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

・銀行事前振り込み 

・PayPal決済

※お申し込み後の返金、キャンセルはできません。

※会場の手配当ございますので

やむを得ずキャンセルの場合、全額頂戴いたしますのでご了承ください。

定員 5  名
申込受付期間2018/3/19(月) 00:00 ~ 2018/4/ 3(火) 23:59まで
主催者親子リレーションシップ
Releaf_touroku
楽しいランチ会、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
食育指導士

浜井りつこ

Mission
健康は宝もの 未来への贈りもの
Senmon

食育 健康 子育て 思春期 自然

食育指導士 アウターチャイルドスピリチュアルセラピスト 親子関係改善コーチ 講演家

私が育ったのは自然がいっぱいな森の中の一軒家。
そこでは、健康が当たり前、体が丈夫なことは当然という幸せな幼少期を過ごしましたが
思春期を迎えた14歳のとき、今や全国に2000万人以上はいると言われる『花粉症』の診断を受けた頃から、健康バロメーターは急降下しました。結婚して2人の子どもを生んだ20代後半には日光アレルギー、子ども2人も食物アレルギー、特に下の娘はアレルギーの原因が特定できない中で母乳育児を諦め、手探りの離乳食づくりをする日々を過ごすうちに、「いつまた湿疹が出て娘の肌がボロボロになるか分からない」という不安と緊張のためか不眠症に悩みました。その後もぎっくり背中や歩けないくらいの膝痛など繰り返される体の不調で、ついには仕事を断念。「なぜ私ばかり?!」でも、不調や痛みで体の緊急停止ボタンが押されてしまうことは「意識を変えていく」上で、実はすべて私自身が望んだからこそ引き寄せていたことでした。こうして本心で望んでいたことに気付くことができたのは、ライフコンサルタントである「麗美ねぇ」こと梅原麗美さんに師事しはじめたことがきっかけです。
食の安心や安全に対して意識が高く厳しかった母との確執から絶縁に至った私でしたが、麗美ねぇのコンサルを受けたことで、人生の総棚卸しとも言える自分史の掘り下げと200人の観客の前で20分間の講演にチャレンジし、『どうせ母は私を嫌っている』といった長年の固定観念を手放し、母との関係を大きく改善しました。それにより、心から満たされて生きるには、共に笑い合える仲間と健康な体を持つことであると気付き、現在は健康についての情報発信と勉強会などを行いながら、1人でも多くの人が後悔なく人生をまっとうするために寄りそうマネージャーとして、健康と食についてを広める活動を行っています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
特定商取引法に基づく表記
UA-113479768-1
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock