Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
自分を愛するセクシュアリティと女性性の講座(全3回)4期
H_taisho
セクシュアリティへの罪悪感から解放され、女性としての自分を愛しながら生きたい方
H_kitai
セクシュアリティに対する間違った思い込みに気づき 他人軸の女性らしさではなく、 自分の中にある女性性の存在を認め 「自分軸の女性らしさ」を育てていくことを目的としています。

 

<講師:鈴木美香プロフィール>

 


セクシュアリティ講師。

女性の心・身体・性の繋がりについて教えている。

自分を愛するセクシュアリティと女性性の講座主宰。

得意分野は女性らしさと女性性・男性性。

看護学校の授業で助産師の講師から学んだ性教育に感動・衝撃を受け、セクシュアリティを独学で学び始める。

助産師

受胎調節実地指導員

カウンセリングスクール心屋塾マスターコース10期で心理学を学ぶ。

碇谷圭子さん・志緒村亜希子さんに師事。

その後、セクシュアリティに関するオリジナルセミナーや個人セッションを開始。

 

Blog

http://ameblo.jp/mika-mydiary/

 


 

 

女性であることを愛しながら生きたいと願う、全ての人へ。

 

「わたし」を愛しながら生きるために、セクシュアリティを学ぶ。

 


セクシュアリティとは人間の性のあり方。

人間の性的欲求や性行動、人間関係における感情の全てを指す広い概念です。

 

その性(ここでは女性)であることが、

身体・心・社会、人間関係、恋愛関係、性的な興味や触れ合いにどう関わっているのかを表します。

 

セクシュアリティを学ぶことは、自分を深く知り、愛することです。

 

その人をその人たらしめているものに性ホルモンの働きがあります。

 

セクシュアリティという視点から自分を見つめることで、

それまで理由がわからなかった感情、行動の理由が明らかになり、自分を許すことができます。

隠れていた本音や、人生のテーマに出会うこともあります。

 

 

女性らしさに関する悩みは意外と多いものですが、女性らしさもセクシュアリティの一部です。

 

女性らしさとは、

社会や誰かに期待されている性別に沿った生き方のこと。

 

社会共通の認識のように見えて、

実は国や文化、個人によって違いがあります。

 

わたしたちは無意識のうちに、

女性らしさという枠の中で生きようとします。

 

誰かの期待に応えるために。

 

女性性・男性性とは、

わたしたちの中にもつ

心理学と東洋医学的な陰陽の考え方を用いた女性的側面と

男性的な側面のことです。

 

女性だから女性性だけ、

男性だから男性性だけということはありません。

 

誰しも女性性・男性性のどちらの要素も持っていて、

状況や環境に応じて

臨機応変にそのバランスを強めたり弱めたりしています。

 

 

女性らしさが、社会や誰かの期待に応えること、

他人軸とするなら

女性性は自分の中にある女性的な性質、

自分軸です。

 

男性性は思考優位、

遠心的、目的志向、外的世界や社会との関わり

 

女性性は感性優位、

求心的、流動的、内的世界や自分自身との関わり

 

社会の中で生きていれば、

自然に男性性優位になり、女性性は抑圧されがちです。

 

女性性の本質は、感性と許し。

ありのままに感じることを許し

ありのままの自分であることを許す。

 

これが、女性性を取り戻すために最も大切なことです。

 

 

この講座では、

セクシュアリティに対する間違った思い込みに気づき

他人軸の女性らしさではなく、

自分の中にある女性性の存在を認め

「自分軸の女性らしさ」を育てていくことを目的としています。

 

 

わたしのセクシュアリティは、

セ.ックスのことだけをお伝えしているのではありません。

 

自分を愛するためのセクシュアリティ。

 

性への罪悪感から解放され、

女性としての自分を愛しながら生きるためのセクシュアリティです。

 

普段、性の話が苦手な方でも

聴きやすいと言われています。

 

 

一緒に学びたい方のご応募をお待ちしております。

 

 

 

この講座でセクシュアリティを学ぶ価値

・自分を知り、自分を好きになれる

・女性であることに自信が持てる

・自分の弱さを許し、楽に生きることができる

・他人からの好意、愛情、助けに対して心を開ける

・性的な触れ合いに関する捉え方の選択肢が増え、嫌悪感や羞恥心が軽くなる

・性的な触れ合いを楽しめるようになり、人生が豊かになる

・パートナーと性について話すことができるようになる

・妊娠や出産、加齢に伴うセルフイメージの変化を受け入れることができる

・生き方の自由度が上がる

・自分自身の感性を自由に表現できるようになる

・愛について知ることができる

 

 

 

 

自分を愛するセクシュアリティと女性性の講座(全3回)4期


1日目 5月19日(土)

2日目 6月16日(土)

3日目 7月14日(土)


時間は13時30分~17時30分

 


予定される講座内容

セクシュアリティとは何か

セクシュアリティを受け入れていない状態とは

セクシュアリティに対して抵抗を持つ原因となるもの

セクシュアリティに隠されている意味

セクシュアリティの思い込みに気づく

人間とセクシュアリティ

女性らしさ・男性らしさ

女性性・男性性とは何か

女性性・男性性と女性らしさ、男性らしさの違い

陰陽太極図を用いた陰陽の性質

東洋医学的視点から見た女性性・男性性

生物学的視点から見た女性性・男性性

女性性・男性性の元となる理論

女性性・男性性の性質について

女性性が大切な理由

女性性が抑圧されやすい原因について

女性性・男性性をバランスよく生きるとは

セクソロジー(性科学)

セクシュアリティと人間の一生

セクシュアリティと抱きやすい感情

罪悪感について

許しについて

依存と自立

わたしの好きなセクシュアリティのお話

・・・etc

 

 

・講座の内容、講座中の会話の内容につきまして、

 守秘義務をお守り頂ける方のみお申し込みください。

・録音・録画は不可です。

・講座を欠席する場合は次期に振り替え可能です。

卒業後は、

「自分を愛するセクシュアリティと女性性の講座フォローアップ勉強会」に参加する権利が得られ、

継続して学ぶことができます。

 

 

 

<アシスタント:栗林あや(いがぐりこ)>

 

 

心屋塾認定講師。

静岡県を中心に、東京・京都などで

カウンセリングやセミナーを開催している。

37才。既婚。
旦那の実家で同居をしながら、
9才・6才・5才の3人娘を子育て中。

 

Blog

http://ameblo.jp/iga-gurico

 

開催日時
2018年5月19日(土)
開場 13:15
開始 13:30
終了 17:30
場所 TKP池袋カンファレンスセンター ミーティングルーム5B
東京都豊島区南池袋2−22ー1 第3高村ビル6F
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

銀行振込 税込150,000円(税込)

支払方法

・銀行振込

※お申し込みから5営業日以内に下記口座にお振込みください。

※振込手数料はお客様ご負担にてお願いします。

ジャパンネット銀行 すずめ支店 
(普)7913359 クリバヤシ アヤ

定員 6 名
申込受付期間2018/3/18(日) 19:00 ~ 2018/5/19(土) 04:00まで
主催者栗林あや(いがぐりこ)
こちらのイベントもオススメです
自分を愛するセクシュアリティと女性性の講座(全3回)4期、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
心屋認定講師

栗林あや

Mission
心屋リセットカウンセリングで、あなたの思い込みをひっくり返します。
Senmon

心理カウンセリング カウンセラー 心屋 心屋認定講師

心屋リセットカウンセリングマスター
心屋認定講師


2014.3.19 心屋塾心理カウンセラー養成スクール「マスターコースアドバンス」卒業
心屋仁之助師匠、最後の愛弟子となる。
2016.10.30 心屋塾初級セミナー講師に認定
 
    
心理学を通して、抱えている問題の解決方法
心のブレーキをはずす方法を伝えている。

悩みと向き合うテクニックを身につけることで、
コミュニケーション力を変化させて、心を楽にするお手伝いをしています。 

静岡県を中心に、東京・京都などで活動。

37才。既婚。
旦那の実家で同居をしながら、3人娘を子育て中。

イベント企画、大手ホテル営業を経て、
現在は心屋認定講師心理カウンセラーとしてセミナーを開催するほか、
イベント講座の運営なども手がけている。

心屋認定講師
ジャージコバ事務局所属

B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock