Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
ゆで汁マイスターのご飯、食べにきませんか?
H_taisho
ちょっと時間が空いている方。ゆで汁マイスターのご飯を、食べてみたい方。動画撮影にご興味のある方。
H_kitai
ぜひ食べにきてください!
毎日のご飯作り… 忙しいから、めんどくさいのも当然です! ご飯を作るのがめんどくさいお母さん、ゆで汁を上手く活用すると、料理のハードルはグッと下がりますよ。 ゆで汁アレンジでお母さんとお子さんの笑顔いっぱいな食卓が広がりますように。
Professional
 
 
 ゆで汁マイスター
濱田まさこ
毎日のご飯作り… 忙しいから、めんどくさいのも当然です! ご飯を作るのがめんどくさいお母さん、ゆで汁を上手く活用すると、料理のハードルはグッと下がりますよ。 ゆで汁アレンジでお母さんとお子さんの笑顔いっぱいな食卓が広がりますように。
 
国際発酵食医膳協会 認定伝統発酵醸師

冷凍生活アドバイザー
二人の娘と主人の4人暮らし。
娘を二人とも、0歳5ヶ月と0歳3ヶ月から
保育園に預けて仕事復帰をした、
ワーキングマザーでした。

料理遍歴は、長女を妊娠してから。
それまでは、ご飯なんて作ったこともなく、
それこそ実家で、上げ膳据え膳。

結婚しても仕事は忙しく、
帰宅は主人より遅い日々。


そんな生活から一変。

赤ちゃんのために、
素敵なご飯を作ってあげよう!
離乳食だって、完璧に!

そんな雑誌に載っているような、
キラキラした育児
おだやかな時間の流れる、
丁寧な暮らしに憧れまくっていたものの…


出血多量の出産を経て、
待ち構えていた現実の育児は、散々で。。
仕事の疲れと、夜泣きの睡眠不足…
髪を振り乱し、泣きながら台所に立つ毎日。

娘のカラダを思って
必死にご飯を作っているのに、
月に1度は保育園からの呼び出し。
熱を出されては、わたしの大事な有給は…
どんどんと消えていく。

何のために、ご飯を作っているのだろうと、
ご飯作りの放棄時代があったり、
これじゃだめだ!!と偏った食の思考に陥ってみたり…

試行錯誤の時間を過ごしてきました。

そんな日常の中で、
ふと出会ったのが「牛蒡のゆで汁」。

その甘さに驚き、
思わずお味噌汁にしてみたら… 

これが美味しい♪
  

出汁をとる手間も必要ないなんて
めんどくさがりのわたしにピッタリ。

それからは、
いろんな素材のゆで汁を飲み比べては、
何に使うと美味しいかな? と、
思いをはせる日々が始まりました。



基本、ご飯作るのめんどくさいです。

だからこそ、
成長真っ盛りの子どものために
難しいことは抜きにして、
「続けられること」にまとを絞った、
ご飯作りを考えるよ..
 

動画の撮影をしていて…いつも困ること。。

それは、、作ったご飯を食べてくれる人がいない事!!

 

これ、結構大問題なんです。

 

 

お惣菜系ならまだしも、汁物系は

特に持ち帰ることが難しく…

いつも頭を抱えています。

 

 

そんな訳で、ぜひ!

ゆで汁マイスターの作ったご飯を、

食べにきていただけますと、本当に助かります!!

 

そして、

動画撮影にご興味のある方

動画販売による課金制ストックビジネスに

ご興味のある方にも楽しんでいただけるかもしれません。

 

 

急なお誘いでありますが、

お時間ございましたら、ぜひお運びくださいませ!

 

 

 

■■■以下、ご了承ください■■■

 

※今回、撮影を行っているため大したおもてなしはできません

(ちょっと必死で、若干愛想が悪かったら、お許しください…)

※撮影のため、お子様連れはNGとさせてください

※出入りは自由ですが、時間帯によって品数は違ってきます。

※撮影中は、お静かに召し上がってください

(ずっとカメラを回している訳ではないので、おしゃべりしていただいて大丈夫です)

※お暇な時は、読書・お仕事などご自由にお過ごしください

※15時完全撤収のため、最後の方に残っていらした方は、

お片づけをお願いする可能性があります。

※お手すきでしたら、ゆで汁マイスターの撮影風景を、

Facebookやブログに投稿していただけると嬉しいです。

 

 

開催日時
2018年3月13日(火)
開始 12:00
終了 15:00
場所 新宿御苑周辺※詳細はお申込の方にご案内いたします!

参加費

一般:1000円

動画で学べるゆで汁アレンジ講座メンバー:500円

 

支払方法

当日、会場にて直接お支払いください。

領収書をご希望の場合は、事前にお申し出いただけますと、幸いです。

定員 4  名
申込受付期間2018/2/21(水) 14:41 ~ 2018/3/12(月) 20:00まで
主催者濱田まさこ
Releaf_touroku
ゆで汁マイスターのご飯、食べにきませんか?、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
ゆで汁マイスター

濱田まさこ

Mission
毎日のご飯作り… 忙しいから、めんどくさいのも当然です! ご飯を作るのがめんどくさいお母さん、ゆで汁を上手く活用すると、料理のハードルはグッと下がりますよ。 ゆで汁アレンジでお母さんとお子さんの笑顔いっぱいな食卓が広がりますように。
Senmon

ゆで汁マイスター 時短ごはん カンタン 料理が苦手 栄養満点 

国際発酵食医膳協会 認定伝統発酵醸師

冷凍生活アドバイザー
二人の娘と主人の4人暮らし。
娘を二人とも、0歳5ヶ月と0歳3ヶ月から
保育園に預けて仕事復帰をした、
ワーキングマザーでした。

料理遍歴は、長女を妊娠してから。
それまでは、ご飯なんて作ったこともなく、
それこそ実家で、上げ膳据え膳。

結婚しても仕事は忙しく、
帰宅は主人より遅い日々。


そんな生活から一変。

赤ちゃんのために、
素敵なご飯を作ってあげよう!
離乳食だって、完璧に!

そんな雑誌に載っているような、
キラキラした育児
おだやかな時間の流れる、
丁寧な暮らしに憧れまくっていたものの…


出血多量の出産を経て、
待ち構えていた現実の育児は、散々で。。
仕事の疲れと、夜泣きの睡眠不足…
髪を振り乱し、泣きながら台所に立つ毎日。

娘のカラダを思って
必死にご飯を作っているのに、
月に1度は保育園からの呼び出し。
熱を出されては、わたしの大事な有給は…
どんどんと消えていく。

何のために、ご飯を作っているのだろうと、
ご飯作りの放棄時代があったり、
これじゃだめだ!!と偏った食の思考に陥ってみたり…

試行錯誤の時間を過ごしてきました。

そんな日常の中で、
ふと出会ったのが「牛蒡のゆで汁」。

その甘さに驚き、
思わずお味噌汁にしてみたら… 

これが美味しい♪
  

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock