Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
AFPティーチャー向けワークショップ 第1回
ダーク・シャドウ
H_taisho
AFPティーチャーとしても女性としても人間としても、深みと魅力のある人になりたい どんな自分でもOKしたい
H_kitai
自分の中で「ない」ことにしたかった自分との再会 抵抗に抵抗しない感覚 自分を丸ごと受け入れる
自分らしさにくつろぐことの喜びと輝きを可能にする道をサポートします
Expert_s
 
 
株式会社 映蓮 AFP認定ティーチャー パワフルフェミニン体現・探求者 スピリチュアル英会話講師
アムリタ映蓮
自分らしさにくつろぐことの喜びと輝きを可能にする道をサポートします
 
女性の本質的魅力や存在感を極めるAFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)認定ティーチャー(日本のファーストティーチャー)、AFPジャパン認定講師養成トレーナー

アメリカのDr. Michael Mamasのヒーリングスクール卒業後、約20年に渡りエネルギーヒーリングとカウンセリング。

精神世界関連の通訳、翻訳。
通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」)、クリムゾン・サークルなど。
【Celestial Embrace~天空の抱擁~】サロンオーナー。

1984年〜93年フジテレビアナウンサー、報道記者、ディレクター。



元フジテレビアナウンサー、報道記者、番組ディレクター。

存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。

退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、 主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。

自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会い、同時に「神との対話」著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の元で、内なる対話を促すCWGワークショップ・ファシリテーターと認定される。

同じ頃、来るべき時代は女性性(女神)の時代と感知、タントラやエクスティックダンス、ベリーダンスなどを通して女性性や官能性を探究し始める中で、2012年、アメリカにてAFP認定ティーチャーとなる。女性性意識のヨガと位置づけるこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。
 

 

AFPトレーナー・アムリタによる、AFP認定ティーチャー向けの有料ワークショップです。

ティーチャーのみで定員に満たないと判断した場合は

シスターズなどでも募集する場合があります。

 

シャドウ・ワークには、

ティーチャー・トレーニング レベル1でカバーする

ライト・シャドウ

(他の女性に対する憧れやポジティブな側面に対して、

自分は持っていない、そうではない、とOWNしていない質のこと)

と、

レベル2で行なう

ダーク・シャドウ

(他の女性に対して感じるネガティブな側面や質で、自分はそうではない、

そうあってはならない、と強く否定していてOWNしていない質のこと)

があります。

 

もちろん、ダーク・シャドウをクラスで教えることができるには

レベル2トレーニングを修了する必要がありますが、

受講すること、プラクティスとして実践すること、

また、単にネガティブな質をダークシャドウと呼ぶのではないなど、

このワークの考え方を理解しておくことは

AFPティーチャーとしてとても重要です。

 

 

創始者のレイチェルは、シャドウワークは、

個人でもグループでも

ハート・サークルと並んで

日々、意識してプラクティスし続けることと

強調しており、

自分自身でも、「今私がワークしているシャドウは◯◯という質です」

などとしょっちゅう口にします。

 

 

AFPは、安心・安全、ジャッジをされない場所、器作りが

鍵となりますが、

そのためには、

ティーチャー自身の

シャドウワークは欠かせません。

 

 

まだレベル1しか受けていない人も、

是非、このダーク・シャドウのワークを受けておくよう、強くお勧めします。

 

 

ワーク自体は17:30まで(ウィットネス瞑想まで)とし、

そのあとは、

質疑応答の時間とします。

 

お時間の許す方は、夕食もご一緒しましょう。

 

 

 

では、AFPのプラクティスの中でも、

もっとも重要なプラクティスの1つ、

シャドウワーク、それも

ダーク・シャドウワークで

ご一緒できるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

<AFP認定ティーチャー向け ダークシャドウワーク>

日時: 3月17日(土)13:30-18:30

会場:鎌倉芸術館(和室)

参加費:ティーチャー価格 13,000円(銀行振込) PayPal 13,530円 (決済手数料込み)

(振込先は、お申し込みの方にご案内します。)

 

原則として、一旦お支払いいただいた後は返金できません。

お支払いがまだお済みでない場合でも、以下のキャンセルポリシーが適用されますので

ご注意ください。

<キャンセルポリシー>
開催前日と当日のキャンセル 100%
開催7日前から5日前まで   50%
開催4日前から2日前まで    80%
(参加費をまだお振込でない場合も適用されますのでご注意ください)

 

 

 

 

開催日時
2018年3月17日(土)
開場 13:15
開始 13:30
終了 18:30
場所 鎌倉芸術館(JR大船駅から徒歩12分)

参加費

13,000円(銀行振込) PayPal 13,530円 (決済手数料込み)

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

銀行振込かPayPal

定員 8 名 【残 1 席】
申込受付期間2018/2/ 6(火) 00:00 ~ 2018/3/17(土) 13:00まで
主催者アムリタ映蓮
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
AFPティーチャー向けワークショップ 第1回、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
AFP認定ティーチャー パワフルフェミニン体現・探..

アムリタ映蓮

Mission
自分らしさにくつろぐことの喜びと輝きを可能にする道をサポートします
Senmon

AFPティーチャー AFP講師養成トレーナー フェミニン・プレゼンス スピリチュアル英会話 通訳 インナーチャイルド

女性の本質的魅力や存在感を極めるAFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)認定ティーチャー(日本のファーストティーチャー)、AFPジャパン認定講師養成トレーナー

アメリカのDr. Michael Mamasのヒーリングスクール卒業後、約20年に渡りエネルギーヒーリングとカウンセリング。

精神世界関連の通訳、翻訳。
通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」)、クリムゾン・サークルなど。
【Celestial Embrace.. 元フジテレビアナウンサー、報道記者、番組ディレクター。

存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。

退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、 主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。

自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会い、同時に「神との対話」著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の元で、内なる対話を促すCWGワークショップ・ファシリテーターと認定される。

同じ頃、来るべき時代は女性性(女神)の時代と感知、タントラやエクスティックダンス、ベリーダンスなどを通して女性性や官能性を探究し始める中で、2012年、アメリカにてAFP認定ティーチャーとなる。女性性意識のヨガと位置づけるこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock