Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
きいて・いるアート★フェーズ①
松木正さんによる【カウンセリングマインド in 関東 2days】
H_taisho
家庭や身近、職場でのコミュニケーションに困っていたりもっと良くしたい方、人に寄り添って話を聴きたいと感じている方、仕事の現場でも活用できるチカラを身に着けたい方
H_kitai
子ども・保護者・同僚の話に寄り添って聴く力が付き、関係性が変わります。日常生活において、話のきこえ方が今までと全く違ってきこえるようになります。共感と同感の違いが分かるようになります。現場に帰った時、自信を持って人の話がきけるようになります。
223209_img_8454
223209_img_8451
インディアン(ネイティブアメリカン)の教え・世界観から「自分を生きる」ための手助け・知恵をお届けします。自分を取り巻く「自然」「「人」「わたし」「大いなる存在」との関わり方がわかります!
Professional
 
 
マザーアース・エデュケーション 
マザーアース・エデュケーション 松木正
インディアン(ネイティブアメリカン)の教え・世界観から「自分を生きる」ための手助け・知恵をお届けします。自分を取り巻く「自然」「「人」「わたし」「大いなる存在」との関わり方がわかります!
 
京都府伏見生まれ。
 大学在学中、キャンプカウンセラーとして小学生・中学生を対象とした教育キャンプに携わる。また在学中、自身がうつ病を克服していく過程でカウンセラーと出会い、教育の現場にカウンセリングの手法を用いることの可能性を探り始める。
 卒業後、大阪YMCA六甲研修センターに奉職。「体験学習法」を用いた企業研修や幼稚園児から大学生までを対象にカウンセリングの手法を用いた野外教育(キャンプ)を実践。
 YMCA在職中にアメリカの環境教育に出会い、本物を目指して渡米。全米各地で環境教育のインストラクターをする中でアメリカ先住民の自然観・宇宙観・生き方、またそれらをささえる儀式や神話に強く引かれ、サウスダコタ州シャイアン居留区に移り住みスー・インディアン(ラコタ族)の子どもたちの教育とコミュニティ活動をしながら伝統を学ぶ。
 現在、神戸でマザーアース・エデュケーションを主宰し、“自分をとりまく様々な生命(いのち)との関係教育=環境教育”をテーマとし、独自の環境教育プログラムを展開。
 小学校・中学校・高校での人間関係トレーニング、また保護者に向けてのワークショップ・子育て講座、アメリカ先住民の知恵を前面に打ち出したキャンプの企画と指導、神話の語り(ストーリーテリング)、教育的意図をもった企画講座、自宅横にワークショップ棟(ストロングホールド)を構え、個人カウンセリングと独自のワークショップを展開中。
 
きいて・いるアート☆
松木正さんによる【カウンセリングマインド★フェーズ① in 関東 2days】
 

日常の人間関係の難しさや、
さまざまな問題が改善されない根本原因として、

「いかにきけていないか」 

が発端になっているケースは多く見られます。

「きき方」が変わることで、...

関係性が急速に変わったり、
今まで越えられなかったことが越えられたり、
これまでにない発想が生まれたり、
物の見方がガラリと変わったりするのです。

家庭や身近で大切な人との間でのコミュニケーションに
悩みを感じている方をはじめ、
教師や、管理職、カウンセラーなど、
人に寄り添って話を聞く必要性が高い立場にある人や、

さまざまな現場で問題解決を強いられている方々に
特にオススメの【カウンセリングマインド】は、

単にきき方の《技法=doing》を教わる講座ではなく
人と向き合っている時の自分の
《在り方=being》そのものを見つめ直すことを基本に、

【話す立場 / 聴く立場 / 観察する立場】の3つに分かれて体験的に学びながら、「きく」ということを極めてゆく講座で、そのアプローチはとてもアーティスティックです。

またこのワークでは、人と関わっている時の《自分の状態》への気づきも深めます。

これらを通して、自分がこれまで生きてきたストーリーに気づき、
そのストーリーを変化させるための糸口を掴む体験にもなることでしょう。


◎子供・保護者・同僚の話に寄り添ってきく力がつき、一緒にいる在り方も変化し、関係性が変わっていきます。

◎日常生活において、話のきこえ方が今までと全く違ってきこえるようになります。

◎共感と同感の違いがわかるようになります。

◎現場に帰った時に、自信を持って人の話がきけるようになり、人と一緒にいることができるでしょう。

今ここで目の前のヒト、場、それと共にいて、きいて・いることで
アート作品をつくりあげるような時です
 
 
★フェーズ1(入門編)
カウンセリングマインドについて理解し、
Be with、反射、共感的理解をひたすら実践し体感する
 
■日時:
2019年5月25日(土)10:00開場~10:30スタート~19:00終了~解散あるいは食事会(お昼は弁当持参)
    5月26日(日)10:00開場~10:30スタート~19:00終了 (お昼は弁当持参)
 
 
■場所:
関東のどこか(東京・横浜付近で現在調整中です)
 
■参加費:
50000円
 
■定員:8名
 
■お問い合わせ
MEGまでお電話あるいはメールでお問い合わせください。
07054301168
information★mee-cante.com(★を@に変えてください)
 
 
 
 
 

 

開催日時
2019年5月25日(土) ~ 5月26日(日)
開場 9:30
開始 10:00
場所 渋谷(詳しくは申し込み後にお伝えします)

参加費

参加費:50000円(ワーク代、場所代など)

支払方法

当日、現地にてお支払いください。

定員 8  名 【残 1 席】
申込受付期間2019/4/27(土) 00:00 ~ 2019/5/24(金) 18:00まで
主催者マザーアース・エデュケーション
こちらのイベントもオススメです
きいて・いるアート★フェーズ①、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional

マザーアース・エデュケーション 松木正

Mission
インディアン(ネイティブアメリカン)の教え・世界観から「自分を生きる」ための手助け・知恵をお届けします。自分を取り巻く「自然」「「人」「わたし」「大いなる存在」との関わり方がわかります!
Senmon

自己肯定感 人間関係トレーニング ネイティブアメリカン スウェットロッジセレモニー 自分を生きる

京都府伏見生まれ。
 大学在学中、キャンプカウンセラーとして小学生・中学生を対象とした教育キャンプに携わる。また在学中、自身がうつ病を克服していく過程でカウンセラーと出会い、教育の現場にカウンセリングの手法を用いることの可能性を探り始める。
 卒業後、大阪YMCA六甲研修センターに奉職。「体験学習法」を用いた企業研修や幼稚園児から大学生までを対象にカウンセリングの手法を用いた野外教育(キャンプ)を実践。
 YMCA在職中にアメリカの環境教育に出会い、本物を目指して渡米。全米各地で環境教育のインストラクターをする中でアメリカ先住民の自然観・宇宙観・生き方、またそれらをささえる儀式や神話に強く引かれ、サウスダコタ州シャイアン居留区に移り住みスー・インディアン(ラコタ族)の子どもたちの教育とコミュニティ活動をしながら伝統を学ぶ。
 現在、神戸でマザーアース・エデュケーションを主宰し、“自分をとりまく様々な生命(いのち)との関係教育=環境教育”をテーマとし、独自の環境教育プログラムを展開。
 小学校・中学校・高校での人間関係トレーニング、また保護者に向けてのワークショップ・子育て講座、アメリカ先住民の知恵を前面に打ち出したキャンプの企画と指導、神話の語り(ストーリーテリング)、教育的意図をもった企画講座、自宅横にワークショップ棟(ストロングホールド)を構え、個人カウンセリングと独自のワークショップを展開中。

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock