Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
10月29日(日)開催うつのご主人を支えなくてはいけない奥様に今すぐ知ってほしい 「うつから 一刻も早く抜け出す最善の方法」
「NHK」「AERA」「最新医学」他新聞にも11回掲載。精神科医からも推薦を頂いた80%以上のうつ改善実績を誇る原理原則
H_taisho
ご主人の休職期間満了が近づいて来ていて、悩んでいる奥様、何をしたら一日もうつから回復できるだろうか?と 悩んでいる奥様、そして一日も早く回復なさりたいご本人と、そのご家族
H_kitai
人生が変わります! うつから回復できます。 うつ症状が改善します。 ご家族の悩みが減ります。
221183_砂田くにえbs photo
221183_yasuosz
一人でも多くの方に1日も早くうつから回復し、幸福を体験して頂きたい!
Professional_s
 
 
うつの家族の会 みなと 共同代表
砂田康雄 ・ くにえ
一人でも多くの方に1日も早くうつから回復し、幸福を体験して頂きたい!
 
溝口メンタルセラピストスクール公認心理カウンセラー
大手鉄鋼会社、日新製鋼㈱を退職後、インテリアコーディネーターとして
ハウジングメーカーに勤めている時に、
父親がパーキンソン病になり、仕事を辞めて父親を介護をしていたが、
その父が亡くなったのがきっかけでうつになりました。
その後約6年以上通院服薬し、ようやく回復して来た時に砂田康雄と結婚。 

その夫が結婚して間もなく過労からうつになり、
その後約10年間の療養生活を送ることになってしまったが、
相談する人もいなくて、孤独感を感じていたことから、
同じ立場の家族と分かち合いたいと
「うつの家族の会 みなと」を立ち上げました。

その後2009年からは、うつから回復した夫と共に
「うつの家族の会 みなと」の運営に関わっています。

ちなみに「うつの家族の会 みなと」の「みなと」は、
「一人で悩まないで下さい。皆と励まし合って行きましょう。」の
意味から、withの「皆と」に掛けています。 

2017年春までに都内で開催したセミナーは、55回となりました。 

また2013年に立ち上げた会員制「うつ卒倶楽部」では、
夫砂田康雄が、ご本人のサポートを、
そしてくにえは、ご家族のサポートを、
うつから回復なさる日までとことん携わらせて頂いています。

現在は「うつ の家族の会 みなと」のセミナーに参加できない
遠方の方からも「うつ卒倶楽部」をご利用頂いています。
 

 

「うつの家族の会 みなと」の砂田くにえです。

私たち「みなと」は、今年で11年目を迎えました。

 

この度内容を全く一新し、以下のセミナーを

開催致します!

 

うつのご主人を支えなくてはいけない奥様に

今すぐ知ってほしい 

 

「うつから一刻も早く抜け出す最善の方法」

 

==「NHK」「医薬経済」「AERA」「最新医学」他

新聞にも11回掲載され、精神科医からも推薦を頂いた、

80%以上のうつ改善実績を誇る原理原則をお伝え

します。==

 

 

いつになったら、夫はうつから回復できるのだろう?

もしかして、ずっとこのままこの状態なんだろうか?と

先の見えない状態に悩み、辛くなっていらっしゃる奥様、

 

どうして私だけが、こんなに悩まなければならないの?!と

絶望にも似た気持ちになったことはありませんか?

 

 

私も、夫が約10年うつの療養していた時には、

何十回も同じ様な気持ちになり、

落ち込みました。

 

友人や、会社の同僚のお宅の、

ごくごく普通の日常が、

とても羨ましく、特別なものに思えたものです。

 

いろいろと抱え込んだ話を、

聴いてくれる人も限られて、

将来を考えると、

長い長いトンネルの先に全く光が見えず

もう助けて!と思われる時もおありでしょう。

 

 

最近の奥様ご自身の体調はいかがですか?

 

ご主人に一日も早く回復して欲しいあまりに、

ご自身の体調を省みずにいると、

知らない間に疲れが溜まってしまい、

不調が当たり前の感じになっている方も

少なくありません。

 

 

でも、もし奥様が体調を崩されたら

どうなるでしょう?

 

ご主人の頼みの綱は、奥様だけと言っても

きっと言い過ぎではないと思います。

 

 

私もかつて体調を崩してしまった時には、

これから一体どうなってしまうだろう?と

体も、心も、悲鳴をあげていました。

 

それでも、私は医師が言う通りに

充分な休養と薬を飲んでいれば、

「夫はいつかは良くなるに違いない」と

信じ切っていました。

 

 

その結果、10年もの時間が

過ぎて去ってしまいました。

 

 

もう取り戻せない膨大な時間と、

その間に得られるはずだった

収入を考えただけでも、悲しくなります。

 

 

充分な休養と薬をとってさえいれば、

必ずうつが治るのかと言えば、

そうとも限らないことを、

この時初めて知りました。

 

 

もし奥さまが、私たちと同じように

充分な休養と薬だけで、

「いつかは良くなるに違いない」と

信じていらしたら、

私たちの様に、あっという間に

10年かそれ以上が過ぎてしまう可能性もあることを

知っておいて欲しいと思います。

 

 

 

そんな膨大な損失と、

過ぎ去った時間は取り戻せないと、

後悔しても、後悔しても仕切れない思いを

味わうのは、もう私たちだけで結構です。

 

 

あなたにまで、

同じ後悔を、決してして欲しくありません。

 

ぜひ今すぐにできることから

取り組んでみて下さい。

 

 

私たち「うつの家族の会 みなと」では、

真剣に悩んでいらっしゃる奥様を対象に

 

私たち医療を受ける側が損をしない為に

薬の飲み方や、副作用を含め、

今すぐに気づいて頂きたいことを、

お伝えしたい、と

 

 

急きょ10月29日(日)に都内で、

 

うつのご主人を支えなくてはいけない奥様に

今すぐ知ってほしい 

「うつから一刻も早く抜け出す最善の方法」

 

==「NHK」「医薬経済」「AERA」「最新医学」他

新聞にも11回掲載され、精神科医からも推薦を頂いた、

80%以上のうつ改善実績を誇る原理原則をお伝えします。==

 

を開催することに致しました。

 

 

もちろん、一日も早くうつから回復したいと

本気で療養に取り組んでいらっしゃる

うつご本人の皆さんにも、必ず役に立つ内容です。

 

 

10月29日のこのセミナーを最後に、

もう悩むのは終わりにしてください!

 

 

 

■□■砂田くにえと、

「うつの家族の会 みなと」の紹介をさせて頂きます。■□■

 

私は、大手鉄鋼会社、日新製鋼㈱を退職後、

インテリアコーディネーターとして

ハウジングメーカーに勤めている時に、

父親がパーキンソン病になり、仕事を辞めて

父親を介護をしていましたが、

その父が亡くなったのがきっかけで

うつになり、約6年以上通院服薬し、

ようやく回復して来た時に砂田康雄と結婚。 

 

その夫が結婚して間もなく過労からうつになり、

その後約10年間の療養生活を送ることに

なってしまいました。

その時相談する人もいなくて、孤独感を感じて

いたことから、同じ立場の家族と分かち合いたいと

「うつの家族の会 みなと」を立ち上げました。

 

 

2009年からは、うつから回復した夫と共に

 「うつの家族の会 みなと」の運営に関わっています。

 

 

ちなみに「うつの家族の会 みなと」の「みなと」は、

「一人で悩まないで下さい。

皆と励まし合って行きましょう。」の意味から、

withの「皆と」に掛けています。 

 

都内でセミナーを開催していますが、

2017年春までで、その数55回となりました。 

 

 

また2013年に立ち上げた会員制「うつ卒倶楽部」では、

夫砂田康雄が、ご本人のサポートを、

そしてくにえは、ご家族のサポートを、

うつから回復なさる日まで

とことん携わらせて頂いています。

 

現在は「うつ の家族の会 みなと」のセミナーに
参加できない遠方の方に「うつ卒倶楽部」へ
ご入会頂くことが多くなって来ています。

 

 以下も併せてご覧ください。

 

掲載されている書籍、誌面:
「NHKスペシャルうつ病治療常識が変わる」(宝島社)
「うつ病の現在」(講談社現代新書)
 月刊誌「医薬経済」、AERA 、以外にも合計28誌に掲載して頂きました。

 

 1337_nme1ztzjytnky2fkm  1337_zwvjmmfkyzkzy2ezz   1337_y2q1ntexmjmxnjkxz  1337_nzg4yzc3ngvhy2yzz

1337_njg3zdcwngm0mwvhm  1337_nzk0ntrjntdjyti2y  1337_ntk0yjjkogy2nja3m  1337_yme4m2jjnjuwzgyym  1337_odliywvmzjk3ntvio  

 1337_ogvhmwy5ogy0ywq2n   1337_mza4zjk0nznkmjyyo  1337_zjyzythmnwjmm2rin  1337_zjcyngjlnduxndgyn  1337_owexmwzjndrlmwi0y

 

 

掲載記事: 
朝日新聞、読売新聞、日経新聞、信濃毎日、産経新聞、  など合計11回掲載して頂きました。

 

1337_mwnjyzjimjzlzjy3z   1337_ymi5n2rlmdfiotdhn   1337_odvhyzvkmjjjmjblm

  1337_odm4nzdhmdzizta5m  1337_n2zkndc3ogq0zdfhn  1337_yzzmndm4mgq0yjkwz  1337_mdrjyzczmtfjzdm2y

 

 

 

著書:
◉「職場うつからの再生」(金剛出版社)の中にコラム掲載

「苦しみの後に続く未来があると知っていたら、どんなに救われただろう」約15ページ

 

◉ うつ病の臨床:現代の病理と最新の治療」(最新医学社)の中に掲載されている
『「うつからの卒業』を目指して」約6ページ

 

◉ うつから卒業!家族が知っておきたい5つのポイント [電子書籍版]

 

 1337_zjhmzmqwogy0otbly    1337_m2yzzjgyzmizywrkn     1337_zmjkmmjiy2uymzyyn

 

 

 

テレビ出演、紹介:
NHKスペシャル「うつ病治療 常識が変わる」
LaLaテレビ「LaLa女性外来スペシャル」第4弾うつ病特集
NHKハートフォーラム「うつ病と躁うつ病を知る」
NHK EテレTVシンポジウム

 「語り合い 病を知り 自分らしく生きる ~うつ・躁うつ病 当事者の声から考える~」

NHK 「あさイチ」「自殺対策 私たちにできること」など合計7回出演させて頂きました。

 

 1337_ytq0ndfkzthlm2rmy   1337_yzbinjhiyje3ndy4n

 

 1337_oty4zjkzzmizowrmn    1337_otexy2y2ytyym2qyo

 

1337_nte0zdzimja1zjrlz

 

 

講演:
横浜市、松本市、坂戸氏、府中市、飯能市、早稲田大学文化祭、日本うつ病学会、
以外にも合計26ヶ所で講演させて頂きました。

 

1337_n2niyzezyjhkm2i3n  1337_njhknmi1yzlkoguwz 

 

 1337_zmi5mtjmzwqzowm4m    1337_ytq4ntkxnjcyy2e5m

 

 

 

開催日時
2017年10月29日(日)
開場 13:30
開始 14:00
終了 17:30
場所 渋谷駅近くです。 お申込み頂いた方に別途ご連絡差し上げます。

参加費

お一人 5,000円

支払方法

事前の銀行振り込みでお願いします。

お振込み先を、お申込みいただいた後に

こちらからご連絡差し上げます。


定員 5 名
申込受付期間2017/10/17(火) 07:32 ~ 2017/10/28(土) 23:59まで
主催者うつの家族の会 みなと 
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
10月29日(日)開催うつのご主人を支えなくてはいけない奥様に今すぐ知ってほしい 「うつから 一刻も早く抜け出す最善の方法」、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile_flower
Professional_s
共同代表

砂田康雄 ・ くにえ

Mission
一人でも多くの方に1日も早くうつから回復し、幸福を体験して頂きたい!
Senmon

うつ 回復 当事者 家族 薬

溝口メンタルセラピストスクール公認心理カウンセラー 大手鉄鋼会社、日新製鋼㈱を退職後、インテリアコーディネーターとして
ハウジングメーカーに勤めている時に、
父親がパーキンソン病になり、仕事を辞めて父親を介護をしていたが、
その父が亡くなったのがきっかけでうつになりました。
その後約6年以上通院服薬し、ようやく回復して来た時に砂田康雄と結婚。 

その夫が結婚して間もなく過労からうつになり、
その後約10年間の療養生活を送ることになってしまったが、
相談する人もいなくて、孤独感を感じていたことから、
同じ立場の家族と分かち合いたいと
「うつの家族の会 みなと」を立ち上げました。

その後2009年からは、うつから回復した夫と共に
「うつの家族の会 みなと」の運営に関わっています。

ちなみに「うつの家族の会 みなと」の「みなと」は、
「一人で悩まないで下さい。皆と励まし合って行きましょう。」の
意味から、withの「皆と」に掛けています。 

2017年春までに都内で開催したセミナーは、55回となりました。 

また2013年に立ち上げた会員制「うつ卒倶楽部」では、
夫砂田康雄が、ご本人のサポートを、
そしてくにえは、ご家族のサポートを、
うつから回復なさる日までとことん携わらせて頂いています。

現在は「うつ の家族の会 みなと」のセミナーに参加できない
遠方の方からも「うつ卒倶楽部」をご利用頂いています。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 みなと, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock