Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
自分責めをやめて、「これからどうする?」を考えるための自己分析セミナー@名古屋
「自分と向き合う時間」が自分いじめになってませんか?
H_taisho
結果をだせる「自分と向き合うための時間」を手に入れたい方
H_kitai
自分責め=自己否定をやめて、未来を形作っていくための行動プランを考えることが出来るようになる。
「感じる心が、自分を拓く」感じる心が、自分の本来の魅力を呼び覚まし、”生きることの素晴らしさ”を思う存分体験できる。好きなことを極めて、好きな時に好きなだけ”やりたいこと”に熱中するライフスタイルの提唱
Professional_s
 
 
HOKULEA 
工藤 ゆき
「感じる心が、自分を拓く」感じる心が、自分の本来の魅力を呼び覚まし、”生きることの素晴らしさ”を思う存分体験できる。好きなことを極めて、好きな時に好きなだけ”やりたいこと”に熱中するライフスタイルの提唱
 
パーソナルカラーアナリスト講座を修了。
キュービックパステルアートファシリテーター認定講座を修了。
パステルアートセラピーと色彩心理は、開発者へ師事
その他、色彩検定2級、色彩活用パーソナルカラー検定2級を取得。
幼少時代は、誰もいないところで見えない誰かと
話していることが多かったらしく当然のごとくいじめの対象に。

言葉を話すのが遅く、コミュニケーションの一環として
「この人は何色の感じの人」と、人をイメージとしての色の印象で捉え、
分析し始めるようになったのが色の重要性に目覚めた瞬間。
祖母も母も着物通で、色彩へのこだわりが尋常じゃなかった影響もあり、
自然と色を細かく見るようになり色使いの違いを学ぶようになる。

学生時代や会社勤めでも。気づけば不思議ちゃん扱いされる
ポジションに。そのまま会社勤めに馴染めず鬱になり、休職。

気づくと文字通り世界から色が消え、音が聞こえなくなりパニック障害が併発。
高校三年の受験直前での父の自殺もフラッシュバックされ、
後追いしようと生きる意味を見失うまでに弱ってしまいました。

そんなある日、Facebookのタイムラインに出ていたイベントが目につき、
「ここに行かないといけない気がする」という直感で参加。
みんなの前で楽しそうにキラキラ話している女性に釘付けになり

フリートークの時間になった瞬間、
その女性に駆け寄ってこう言い放ちました。
「死にたいと思ったこと、ありますか?」
これが、現在の師、金久保麻子さんとの電撃的な出会いでした。



その後もグルグルが続く中、ひょんなことで出会ったお寺のオショウさんに
私のエネルギーや心、体の状態を見てもらい
「よくその状態で生きてたね」と爆笑されるも、

それまで目..
 

【結果をだせる「自分との向き合う時間」
 
を手に入れませんか?】
 
 
「今のまま終わるなんて嫌だ!
もっとこうなりたい。もっとこうしたい。」
 
そう思って、セッションを受けたりセミナーに参加
したりしてきた。けど、いっこうに変わらない。
 
 
自分と向き合う時間をとるといいらしい!
と本で読んだから、実践してはいるものの
向き合うたびに凹んでしまってモチベーションは
下がるいっぽう。
 
 
真面目で頑張り屋さんな人ほど、ちゃんと
向き合おうとして「やってるつもり」
になってしまっているかもしれません。

大丈夫です、安心してください^^

あなたが悪いのではなく、自分と向き合う時に
大切な大前提を知らないから結果に結びついていない
のだとしたら・・・

その大前提を学んで実践し、向き合うための「土台」づくりに
取り組んでみませんか?
 
 
 

「どうしたらいいのか考えるけど、いっつも
同じことでぐるぐる考えちゃって先に進めない・・」

「現状を把握しようと思ってノートに書き出して
みるけど、いっつも自分のことを責めてしまって苦しい」

「出来る○○さんと比べてしまって、どうせわたしなんて
ダメなんだってやる前から諦めがち」



もし、そんな状況におかれているなら、ここから先
もうちょっとだけ読みすすめてみてください!

もしかしたら、あなたが出そうと思って出せなかった
あと一歩の勇気をだすことが出来るようになるかもしれません。
そのための秘訣をお伝えしちゃいます。






あなたがいままで、あと一歩の勇気を出せなかった理由。

それが、もし感情と事実の認識がごちゃまぜになっていたから
起こっていることだとしたら・・・

しっかり「自分と向き合うための時間」の取り方を
知りたくはないですか?




「自分と向き合うための時間」

それは、自分を知るための時間。
それは、自分の感情を見極めるための時間。
それは、自分のどんな面もまるっと愛して受け入れてあげる時間。
それは、これからを形作るじぶん戦略会議。



今まで、人生を変えたいと思ってチャレンジしてきたけど
上手くいっていないのだとしたら、
あなたは、自分の「感情」と上手に付き合えていないだけ
かもしれません。



「自分と向き合うための時間」は何のためにとるのでしょう?
それは、決して過去のダメだった自分を責めるために使うため
ではありません。

今あなたが感じていることを、素直に正直に書き留めて、
これからの未来をよりよくしていくための具体的な行動プラン
に落とし込んでいくための時間です。



自分大嫌い!!!な状態でやる「向き合う」行為は、
自分を痛めつける時間になってしまいやすく、

事実を捻じ曲げて解釈し、どうせわたしが悪いんだ!
と自己否定ヘドロがべっとりとくっついた状態で
見てしまっています。

それでは、客観的に冷静な現状分析は出来ません。
正確な自己分析ができないと、上手くいっていない
原因も特定できないので先に進めない。。



ますます自分のことが嫌いになっていくループに
はまってしまいます。そんなループからは、抜け出したいですよね。

だけど、一度ループにはまってしまったら、
自力で抜け出すことはとっても難しい!

なので、今回は自分責めループから抜け出して
よりよい未来を築くために、自己分析力を身につけてもらうための
セミナーを開催することにしました。

 


<<自分責めをやめて、「これからどうする?」を考えるための自己分析セミナー>>
 
〜「自分と向き合う時間」が自分いじめになってませんか?〜
 

日時:10月14日(土)14:00〜17:00 懇親会あり 
場所:名古屋 会議室(参加者の方に別途ご案内します)
参加費:32,400円 
【10月6日までの早割】30,000円(消費税サービス!)
【15日開催読書勉強会と同時申込み割】21,600円(税込)

定員:6名さま


〜セミナー内容予定(当日、適宜内容に変更あり)〜
 
自己分析は何のためにするの?
感情と事実を切りわける方法
自分いじめと自己分析(検証)の違い
自分勝手・押し付けになってしまう原因とは?
自分責めをしてしまう根本原因とは?
自己信頼=セルフイメージを高めるには?
上手くいかない原因を明らかにする方法
原因の改善策を行動プランにまで落とし込むには?
原因がわかり、行動プランを立てても動けないのはなぜ?
 
などなど。
 
ワークを中心に、「自分と向き合う時間」の質を高める
ためのレクチャーを致します!







自分と本当の意味で「向き合える」ようになると、
安心感が心の底から湧いてきます。

不安でしょうがない心に安定がおとずれ、
直視できなかった現実を真正面から受け止める
勇気をもつことができるようになります。


自分の感情をしっかり見極めていくための
大前提は、あなたが自分のことを好きになること。
 

そのためには、
あなたが5感を使って何を感じ、
何を欲しているのか?具体的に感じて書いてみることから
はじめてみましょう。

「あなたが何を感じているのか?」

今まで表現してはいけないと思っていたような
ネガティブな感情でさえも言語化して認識し、味わって
あげることであなたの心はぐっと安心感が増します。


どんな時でも、あなたの最大の味方は、あなた自身。





さあ、ぐるぐる悩みっぱなしで行動できない自分を
卒業し、振り回されっぱなしだった感情を
これからはエネルギーに変えていきませんか?


感情に飲み込まれて支配されてしまうのでは
なく、感じて味わい切って次の行動につなげる動力源
にしちゃいましょう。


結果をだせる「自分との向き合う時間」を手に入れたい
方は、どうぞ一緒に学んでみませんか?
お会いできること、楽しみにしています。
 
 
開催日時
2017年10月14日(土)
開始 14:00
終了 17:00
場所 名古屋 会議室 ※参加者の方に別途お伝えします。

参加費

32,400円(税込)
【早期申し込み割引】10月6日までのお申込みで、30,000円(税込)!!

【同時申し込み割引】翌日開催の15日読書勉強会と同時申し込みで、21,600円(税込)!!

支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

銀行振込ご一括 
カード決済ご一括(Paypal)

定員 6  名
申込受付期間2017/9/30(土) 04:43 ~ 2017/10/14(土) 14:00まで
主催者塚田綾子
Releaf_touroku
自分責めをやめて、「これからどうする?」を考えるための自己分析セミナー@名古屋、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

工藤 ゆき

Mission
「感じる心が、自分を拓く」感じる心が、自分の本来の魅力を呼び覚まし、”生きることの素晴らしさ”を思う存分体験できる。好きなことを極めて、好きな時に好きなだけ”やりたいこと”に熱中するライフスタイルの提唱
Senmon

女性の起業支援/サイキックコンサルティング/オラクルカードリーディング/

パーソナルカラーアナリスト講座を修了。
キュービックパステルアートファシリテーター認定講座を修了。
パステルアートセラピーと色彩心理は、開発者へ師事
その他、色彩検定2級、色彩活用パーソナルカラー検定2級を取得。 幼少時代は、誰もいないところで見えない誰かと
話していることが多かったらしく当然のごとくいじめの対象に。

言葉を話すのが遅く、コミュニケーションの一環として
「この人は何色の感じの人」と、人をイメージとしての色の印象で捉え、
分析し始めるようになったのが色の重要性に目覚めた瞬間。
祖母も母も着物通で、色彩へのこだわりが尋常じゃなかった影響もあり、
自然と色を細かく見るようになり色使いの違いを学ぶようになる。

学生時代や会社勤めでも。気づけば不思議ちゃん扱いされる
ポジションに。そのまま会社勤めに馴染めず鬱になり、休職。

気づくと文字通り世界から色が消え、音が聞こえなくなりパニック障害が併発。
高校三年の受験直前での父の自殺もフラッシュバックされ、
後追いしようと生きる意味を見失うまでに弱ってしまいました。

そんなある日、Facebookのタイムラインに出ていたイベントが目につき、
「ここに行かないといけない気がする」という直感で参加。
みんなの前で楽しそうにキラキラ話している女性に釘付けになり

フリートークの時間になった瞬間、
その女性に駆け寄ってこう言い放ちました。
「死にたいと思ったこと、ありますか?」
これが、現在の師、金久保麻子さんとの電撃的な出会いでした。



そ..

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock