Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
【きよう会 東京】日本橋アートアクアリウム
日本の夏を楽しもう!!
H_taisho
着物をもっと、もっと身近に楽しみたい方に
H_kitai
楽しい気分になれます
204577_yjimage
204577_アートアクアリウム2015
和の美へ導く
Professional_s
 
 
美の國 和文化アンバサダー
コスガタカコ
和の美へ導く
 
◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化アンバサダー
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
1970年 福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2018年より
和文化アンバサダーとして活動しています。
 

東京大井町にて着付けレッスンをしています。

8月は、ゆかたでお出掛けしてみよう!というテーマです。

「きよう会お江戸」ということで、プランを組みました。

 

13時~ランチ 

15時~アートアクアリウム

アートアクアリウム日本橋会場のテーマは「江戸・金魚の涼」


江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、

金魚を鑑賞して涼をとっていた文化を現代に蘇らせます。

会場コンセプトは“龍宮城”


会場には、玉手箱をモチーフにした新作〈タマテリウム〉が初登場し、
非日常的で幻想的な和の水中世界が広がります


日本橋会場に舞い降りる主役たちは、

金魚を中心に海の魚たちも交えた約8,000匹の観賞魚が
アートアクアリウム流“龍宮城”でのおもてなしをお楽しみください。

 

一緒に乙姫さまになりませんか?

 

 

開催日時
2017年8月28日(月)
開始 13:00
終了 17:00
場所 コレド室町三井ホール
東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F[エントランス4F]
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

5000円(東京レッスン生徒さま 4000円)

支払方法

事前振込にてよろしくお願いいたします

振り込み口座 滋賀銀行 瀬田駅前支店
店番190 普通 390134
 
 
キモノキヨウネ コスガ タカコ
定員 8  名
申込受付期間2017/7/31(月) 00:00 ~ 2017/8/26(土) 18:18まで
主催者小管 貴子
Releaf_touroku
【きよう会 東京】日本橋アートアクアリウム、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

美の國

和文化アンバサダー

コスガタカコ

Mission
和の美へ導く
Senmon

きもの 着付け 和 運気

◆実績
2009年よりきものの販売・着付けレッスン・コーディネートのアドバイス、きよう会の主宰を行っています。

和文化アンバサダー
着物ライフプロデューサー
着付け講師
着付け師
1970年 福岡に生まれる。幼いころから本が好き。福岡女子大学では、国文学を専攻。
「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けていました。元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。

結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識しました。
きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと思うようになりました。


2014年【きもの㐂陽音】呉服店 店長となり、きものに更に深くかかわるようになります。

年齢を重ねるほど美しいきもの姿をという思いから【きもの美人への道】を主宰。
体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオンできます。

「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2018年より
和文化アンバサダーとして活動しています。

  kosuga.takako
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock