Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Maninonrei
Releaf_touroku
AFPジャパン・トレーナー、アムリタによるAFP体験会
女性らしい私ではなく 私らしい女性として生きる
H_taisho
女性としての自分らしさに繋がりたい方 自分が満たされていることで周りに影響を与えたい方
H_kitai
自分が女性であることにくつろげる 満たされている状態を体感できる 
193316_ra-0106
193316_dsc01451_convert_20170320224709
自分らしさにくつろぐことの喜びと輝きを可能にする道をサポートします
Expert_s
 
 
株式会社 映蓮 AFP認定ティーチャー パワフルフェミニン体現・探求者 スピリチュアル英会話講師
アムリタ映蓮
自分らしさにくつろぐことの喜びと輝きを可能にする道をサポートします
 
女性の本質的魅力や存在感を極めるAFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)認定ティーチャー(日本のファーストティーチャー)、AFPジャパン認定講師養成トレーナー

アメリカのDr. Michael Mamasのヒーリングスクール卒業後、約20年に渡りエネルギーヒーリングとカウンセリング。

精神世界関連の通訳、翻訳。
通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」)、クリムゾン・サークルなど。
【Celestial Embrace~天空の抱擁~】サロンオーナー。

1984年〜93年フジテレビアナウンサー、報道記者、ディレクター。



元フジテレビアナウンサー、報道記者、番組ディレクター。

存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。

退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、 主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。

自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会い、同時に「神との対話」著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の元で、内なる対話を促すCWGワークショップ・ファシリテーターと認定される。

同じ頃、来るべき時代は女性性(女神)の時代と感知、タントラやエクスティックダンス、ベリーダンスなどを通して女性性や官能性を探究し始める中で、2012年、アメリカにてAFP認定ティーチャーとなる。女性性意識のヨガと位置づけるこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。
 

AFPジャパンの最初のティーチャーであり、現在はティーチャー(講師)養成トレーナーである、

アムリタ映蓮による、久しぶりの体験会開催です。

 

しかも、平日午前中です。

AFPに興味があってもご家庭の事情などでなかなか参加できないお母さん達にも

参加しやすい時間かと思います。

 

3時間という短い時間ですが、

フェミニン・プレゼンスをしっかりと体感して頂いて、

自分が女性であることに緊張したり抑圧したりせず

自分らしくあることの一部として受けとめている状態、

その体感の素晴らしさを感じて帰って頂ければと思っています。

 

AFPがとても久しぶり、という方にもおすすめです。

 

 

 

〜AFPとは〜

AFP=Art of Feminine Presence は、

アメリカ発の女性性の開花、活性化のための画期的アプローチの

プログラムです。

 

アムリタの友人でもあった、オーストラリア人の歌手、レイチェル・ジェーン・グルーバーによって

開発され、あっという間に口コミで広がって行きました。

 

44個のプラクティスと呼ばれる、肉体やエネルギーや意識の探究のためのエクササイズと

女性のために女性が考案した、AFPの真髄と言える、フェミニン・プレゼンス瞑想から成り立っています。

 

「女性性意識のヨガ」アムリタは呼んでいますが、

実際、ファシリテーターを務めるAFPティーチャーは、

講義をして「教える」権威的存在ではなく、参加者の女性達が安心・安全に自分自身の探究をすることができるような

場を整えて進行していき、ティーチャー自身も多くの場合、一緒に参加してプラクティスを深めていきます。

 

場所によっても、人生の状況によっても、共に過ごすメンバーによっても

体験が違ってくるため、やるたびに新しい気持ちでその時の自分に必要な発見をすることができ、

継続すればするほど、繰り返せば繰り返すほど、深い喜びや満ち足りた状態を経験します。

 

すべての女性に備わっている、女性としての本質にアクセスして探究していくので、

あらゆる年齢、職業、状況にいる女性におすすめです。

 

女性であるということは、どう自分らしさと関わってくるのか、

女性であることが、どうしたら、どうなったら悦びとして感じられるのか、

驚くような、目から鱗の体験が待っています。

 

 

このAFPのワークを継続していくと、

女性として、「もう頑張らなくていいんだ」

「私のままでよかったんだ」という、個人的に今のままで満たされるという体験、

さらには、「こんなふうになりたい」、「こんな自分を表現したい」という、

新たな一歩を踏み出していく勇気や自信が湧いてきます。

 

同時に、外見にも変化が出てくるために、周囲の人達(男性からも女性からも)から

褒められることが多くなったり、望んでいたことが次々と惹きつけられてきたりと、

現実に驚くような変化が起きていきます。

 

そして、やがては人前に立ってグループをリードしたり自己表現をしたりという、

フェミニン・リーダーシップへと繋がっていく体験にも自然に繋がっていきますし、

すでにそのような立場にある人達にとっては、より一層、自分らしい存在感が増していき、

コミュニケーションやお仕事の上でも、これ以上ないというほどパワフルなツールとなっていきます。

 

しかも、

 

ハードな修行のようなものは一切ありません。

 

 

むしろ、そのような「無理」を自分に強いるようなことや

我慢することなどを、そっと自然に手放していって、

喜びや気持ち良さの感覚、【快】を動機、ベースとなる原動力として

本当に自分の望んでいることに向かっていきます。

 

外側の状況に揺さぶられるのではなく、

自分の中心にいることで、満たされていると感じる時間が長くなり、

悦びと楽しさ、ワクワク、生き生きと生きる力が湧いてくることでしょう。

 

 

世界中の女性が不思議と共鳴して感動するこのプロセスを

どうか少しでも早くご自分の人生に取り入れて、

「戦略」や「ハウツー」ではなく、自然な自分の在り方によって、

もっとパワフルに、もっと幸せに、自分の望む現実を創っていきましょう。

 

そして、怒りではなく喜びと共に、変化の波を起こしていきませんか。

 

 

 

〜現在、日本には〜

全国(&海外在住)に50名以上の認定ティーチャーが誕生しており、

AFPのクラスやワークショップを提供していたり、

自分の日常で実践することで周囲にこのエネルギーを広げていったりしています。

AFPのフルコースを体験したシスター達は400人を超えています。

 

創始者のレイチェル・ジェーン・グルーバーは

日本の女性達にこのAFPのアプローチが非常に合っていると感じており、

効果がはっきりと現れる上に、

文化的歴史的にも、日本の女性達がこれをとても必要としている、と感じて、

すでに3度来日しています。(今年6月17日から清里にて週末ワークショップ開催)

 

 

 

〜私、アムリタは〜

思春期から、胸が大きいなど女性的体つきをしている自分を嫌っており

嫌な体験もたくさんしたことから、自分が女性であることをOKするのは、

セクシャルな時間やロマンスの時だけで、それ以外は、いつも自分に鞭打って

男性と同じように頑張らなければ、と、特にテレビ局でのアナウンサーや記者の時代は、

無理をしすぎて何度も倒れたりしていました。

 

その後、タントラやベリーダンスなどを通じて女性であることの悦びに浸ることはできたものの、

どうしても、女性であることを喜べるのは「特別な時」であり、日常でくつろぐ時の自分とは

かけ離れたものとなっていました。

 

それが、AFPと出会って、初めて、「女性であることにくつろぐ」ということ、

それが自分らしく在るための大きな要素であり、自然なことだ、と体得できたのでした。

 

するとなぜか同時に、自分の中に根強く持っていた、権威的であることへの抵抗や

リーダーになるということへの嫌悪も解放されて、

女性的であると同時に、パワフルであることも自然に受け入れられるようになり

人前でリーダーシップを発揮することにOKを出せるようになりました。

 

その過程で、AFPジャパンのトレーナーとして、新しい講師を養成する役割を頂き、現在に至っています。

 

 

 

貴女の中にもある、女性としての本質をトータルに受け入れることができたら、

自分では思ってもみなかった、「それだけは自分にはない」、と思っていたような

素晴らしい可能性の扉が開くかもしれません。

 

 

〜こんな人におすすめします〜

女性としての自分に自信がない

女性としての自分を肯定したい

いつもどこか自分の中に空虚な感じがある

何を望んでいるのか自分の本当にしたいことがわからない

満ち足りるという体験をしてみたい、もしくはしたことがない

もっと人生で悦びを感じたい

仕事でもっと自分らしく輝きたい

家庭でもっと女性として大事にされたい

自分のギフト(才能や強みや魅力)を知りたい

自分自身を尊重できるようになりたい

自分の言いたいこと、伝えたいことを表現できるようになりたい

仕事も家庭も人間関係でも満たされていない感じがある

 

などなどなど・・・・ずーっとリストができちゃいます!

 

すべての女性に、おすすめなんです!

 

体験会では、本当に、そのテイストを味わって頂くだけになりますが、

フェミニン・プレゼンスの素晴らしさ、奥深さを

きっと体感して頂けることと思います。

 

 

〜体験会終了後は〜

全国各地で、認定ティーチャー達が活動していますので、

AFPジャパンのページから、ご自身に合う地域、ティーチャーに

コンタクトを取ってみたりスケジュールを見て参加したりしてみてください。

ご自分の地域での開催をリクエストして頂くことも歓迎です!

 

特に、1Dayワークショップという、1日かけて行なう長い時間のコースでは

AFPの真髄である、フェミニンプレゼンス瞑想のフルバージョンを体験して頂けます。

そこから、また継続していくことで、ご自身の内側はもちろん、

外見的にもどんどん魅力が増していき、周囲の人が驚き続けることでしょう。

(実際に継続している皆さんに起きていることです。私、アムリタは、

自分ではよくわかりませんが、会う度に若返っていると言われていますww)

 

アムリタのワークショップとしては、7月22-23日に、長野県の小布施という

女性達に人気のパワースポット近くにある、素敵な一軒家サロンにて、

ハーフディワーク、1Dayワークと、1.5日をセットで受けて頂ける週末ワークが

現在、参加受付中です。

 

→アムリタによる長野・AFP週末ワーク(体験会&1Dayワークショップ)詳細とお申し込みはこちら

 

 

また、来年早々には、認定ティーチャー養成講座(レベル1)開催予定です。(日程調整中)

 

 

 

 

体験会をきっかけに、その後色々なフェミニン・プレゼンスのワークで

変容を深めていかれた方は多く、「あの時の体験会の前と後で人生が変わった」と

おっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

今回の体験会は、会場のスペースに応じて8名までとなっています。

お申し込み後、お振込頂いたことを確認してから受付完了となりますので

よろしくお願いいたします。

 

 

【日時】7月6日(木)10:00-13:00  開場は9:45 (終了時刻は若干延長の可能性があります。)

【会場】東横線・元住吉駅から徒歩15分の施設内(お申し込みの方にご案内します)

【持ち物】ご自身の飲み物 筆記用具

 できれば、ご自身が心地よく感じるような女性性を意識した服装でおいでください。(到着後着替え可)

 スカート推奨です。

【参加費】6000円を、銀行振込(手数料はご負担ください)にてお願いします。(Paypalは決済手数料込みで、6300円。)

 

お申し込みの方に会場詳細とお振込先をご案内いたします。

お振込確認をもって、受付完了とさせて頂きます。

 

<キャンセルポリシー>

原則、お振込頂いた後の返金はいたしかねます。

やむを得ぬ事情によるキャンセルは、1週間前より50%、前日当日は100%のキャンセル料を申し受けます。

 

 

193316_ra-0143
193316_img_1181_convert_20170122011148
開催日時
2017年7月 6日(木)
開場 9:45
開始 10:00
終了 13:00
場所 東横線・元住吉駅から徒歩15分の施設内(お申し込みの方に詳細お知らせします)

参加費

事前の銀行振込 6,000円 (振込手数料はご負担ください)

支払方法 その他のオプション

事前振込 もしくは Paypal(クレジットカード)

振込手数料、PayPalは決済手数料のご負担をお願いします。

お振込先は、お申し込みの方にお知らせいたします。

定員
 8 名
満員御礼
申込受付期間2017/6/ 6(火) 00:00 ~ 2017/7/ 6(木) 00:00まで
主催者アムリタ映蓮
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
AFPジャパン・トレーナー、アムリタによるAFP体験会、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
AFP認定ティーチャー パワフルフェミニン体現・探..

アムリタ映蓮

Mission
自分らしさにくつろぐことの喜びと輝きを可能にする道をサポートします
Senmon

AFPティーチャー AFP講師養成トレーナー フェミニン・プレゼンス スピリチュアル英会話 通訳 インナーチャイルド

女性の本質的魅力や存在感を極めるAFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)認定ティーチャー(日本のファーストティーチャー)、AFPジャパン認定講師養成トレーナー

アメリカのDr. Michael Mamasのヒーリングスクール卒業後、約20年に渡りエネルギーヒーリングとカウンセリング。

精神世界関連の通訳、翻訳。
通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」)、クリムゾン・サークルなど。
【Celestial Embrace.. 元フジテレビアナウンサー、報道記者、番組ディレクター。

存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。

退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、 主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。

自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会い、同時に「神との対話」著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の元で、内なる対話を促すCWGワークショップ・ファシリテーターと認定される。

同じ頃、来るべき時代は女性性(女神)の時代と感知、タントラやエクスティックダンス、ベリーダンスなどを通して女性性や官能性を探究し始める中で、2012年、アメリカにてAFP認定ティーチャーとなる。女性性意識のヨガと位置づけるこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要