Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
管理しない管理栄養士と作る米粉シフォンケーキ作り@食育講座
H_taisho
体によい米粉シフォンケーキを作りたい。子供に手軽にケーキを作りたい
H_kitai
子供に手軽にケーキを作れるようになる、 栄養の基礎が学べます。献立の立て方が分かります
191238_有香講座
心と体も健康で利他的な人増やし、豊かで幸せな世界を創造する事
Professional
 
 
合同会社 Familia 自分史上最高の健康作りの専門家
金澤健人
心と体も健康で利他的な人増やし、豊かで幸せな世界を創造する事
 
理学療法士
認知運動療法士
上級食育指導士
Quantum コンサルタント
マスタープラクティショナーエディション
1978年11月26日生まれ  愛知県出身
私は、生まれつき体が弱く体力がなかったため体を強くするために子どもの頃から水泳やサッカーをしてきました。

しかし、小中学校時代は、よく怪我をして病院に通っていた事から人の体の仕組みに興味を持ち、理学療法士養成校に入学。卒業後は1999年から病院にて長年スポーツ障害・脳卒中後遺症・整形外科疾患方のリハビリに携わり、2007年に最新の脳科学に基づいたリハビリテーションの方法を学ぶためにイタリアにあるリハビリセンターに留学する。

帰国後イタリアで学んだ、技術・経験を生かすために訪問リハビリを行っている会社に就職


自分自身はリハビリの治療でこれまで15年間で 3万6000人に影響を与えてきた経験をもつ。



また2年ほど前から出産後にめまいやふらつきなどの体調不良で
身体の相談を受けることがふえてきた。

自分の身体のことより家族の事が優先的になっている現実を知る。


深く話しをきいていくと、妊娠前・妊娠中に体調がよくない方が
多かった。


妊娠するから母体が健康でいるからこそ、出産後母親も子供も
元気で過ごせると思う。


これらの事から、私達夫婦の経験を踏まえて、

夫婦一緒に母親が健康で妊娠~出産を迎えれるように

応援していきたいと考えている。


趣味は筋トレ、ランニング、サッカー観戦。
日本代表の試合は、特に熱狂的に応援している。 
妻が管理栄養士・食育指導士なので、週末は色々な家族が自宅に来て食事会ななどをして過ごしている。

 

『大人気企画 管理しない管理栄養士と作る米粉シフォンケーキ作り@食育講座』

 

 

甘いものを食べたいけど、お砂糖が気になる。

 

子供に手作りのケーキを食べさせたい

 

がうまくできない思っている。

 

献立の立て方に自信がない

 

 

 

あなたはこのようなお悩みはありませんか?

 

 


このお悩みを解消するために、

 

 

 

毎回満員御礼の

『管理しない管理栄養士と作る米粉シフォンケーキ作り@食育講座』を開催します。

 

 

この講座では、お砂糖も使わなく、簡単にできる
米粉シォンケーキ作りの秘訣が学べます。
  

今回に限り、運動の専門家による
特別に太らない体の動かし方のプチレッスンも行います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

■こんな方にオススメ

・お砂糖を使わずにシフォンケーキを作りたい方

・身体によいケーキを子供に食べさせたい
 

■参加して得られること

・献立の作り方がわかる

・基本的な栄養学を学べる

・お米なのでいくらでもたべれる

 

 ※事前お振込を持って正式受付となります。
お申し込み後振り込み先を自動返信メールでお届けします

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  
少人数制での開催を検討しておりますので、予告無く募集を終了させて頂く事があります。

ピンと来た方は、お早めの参加申し込みをお願い致します。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

主催 講師
 管理栄養士 上級食育指導士
かなざわ ゆか

息子2人(8歳・ダウン症1歳5カ月)の母。
32歳・自然妊娠、助産院で自然お産。
41歳・自然妊娠、自宅で公開分娩を実践。子供たちに命のリレーを公開。

アトピーの長男、ダウン症の次男、ともに、食で体と心づくりをする。

 

薬を使わない自然育児で、長男のアトピーは回復。次男の循環器合併症も、食でほぼ完治。目覚ましい成長をみせる。発達・成長も栄養が鍵!あとは、刺激と、経験。

 

ダウン症の息子、ではなく、息子に
ダウン症体質がある。という考え方に気づく。

 

本当に子供たちは、天使!
めちゃかわいい!

 

 

高齢出産は、母子ともに様々なリクスが高い。そのリスクを回避すること・予知予防ができることを知ってほしい。そして、なんとも、愛おしい命たち。安心できる体づくりが基本。

 

つわり無し、貧血無し。逆子も、すべて、栄養と関係がある。そのために、してきたことを、お伝えします(^_^)
選ばれて、産まれてきてくれる命ばかり。
それを迎え入れる備えを一緒に考えましょう?

 

ママになりたい方へ、届け~\(^^)/

 

 


 講師
 金澤 健人(体質改善コーチ)
     理学療法士、上級食育指導士

▼金澤健人とは
1978年11月26日生まれ  愛知県出身

 小中学校時代は、よく怪我をして病院に通っていた事から人の体の仕組みに興味を持ち、理学療法士養成校に入学。

 卒業後は1999年から病院にて長年スポーツ障害・脳卒中後遺症・整形外科疾患方のリハビリに携わり、2007年に最新の脳科学に基づいたリハビリテーションの方法を学ぶためにイタリアにあるリハビリセンターに留学

 

 

イタリア留学中は、障害を持った成人の方・子ども達へのリハビリの方法を学び帰国後訪問リハビリを行っている会社に就職。

イタリアで学んだ最新の脳科学に基づいたリハビリテーションを実践してきたが、患者さんが治療者に依存する関係が強くリハビリ時間以外は自ら意欲をあげ行動していく事が難しいと感じた。

 

 

自身が学んでいたコーチングと最新の脳科学を患者さんに活用してみた所 リハビリに対する意欲増え、自己管理できるようになり、

 

今まで以上にリハビリの効果が出てくるようになった。

自分自身はリハビリの治療でこれまで17年間で 3万6000人の運動習慣の構築に影響を与えてきた。

 

 

また私自身20代前半に関わらず、健康診断を受けると脂肪肝で尿酸値が高く健康診断で引っかかっていました。そして体が疲れやすく仕事が終わると、横にならないと残業ができない状態でした。

 

 

運動で改善できるだろうとがんばっていたが、全く改善されず。そんな時期に結婚。妻が管理栄養士であったため、徹底的食生活を改善したところ 脂肪も改善され、尿酸値を正常範囲内におさまった

 

食事でこんなに変わるんだと実感。そのあと自身も勉強し 上級食事指導士の資格を取得。

 

 

お世話になっていた会社の経営者の方が50歳という若さで癌で亡くなられショックが大きく心に穴が開いた経験をした。地域、業界のために頑張っている方ほど、セルフケアができ健康でいる事が大切であると実感した。

 

 

これらの経験を生かし、現在妻と一緒に方の薬を使わず あなたのライフスタイルにあわせて

食事と運動の習慣化の指導している。

 

 【実績】
・コーチングで起業し、起業後4ヵ月で会社員時代の年収を超える売り上げの達成。

・本気で豊かになるための予防医学セミナーを毎月開催(名古屋、豊田にて開催)

・集客・売上アップコーチ中村博さんの稼げるコーチ・カウンセラーになるための方法に成功事例として紹介。

開催日時
2017年6月 3日(土)
開場 9:45
開始 10:00
終了 12:00
場所 金澤サロン
みよし市みなよし台2-13
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

2500円

支払方法

振込み

定員 2  名
申込受付期間2017/5/26(金) 00:00 ~ 2017/6/ 1(木) 21:00まで
主催者金澤健人
管理しない管理栄養士と作る米粉シフォンケーキ作り@食育講座、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
自分史上最高の健康作りの専門家

金澤健人

Mission
心と体も健康で利他的な人増やし、豊かで幸せな世界を創造する事
Senmon

疲労回復 セルフケア コーチング 

理学療法士
認知運動療法士
上級食育指導士
Quantum コンサルタント
マスタープラクティショナーエディション 1978年11月26日生まれ  愛知県出身
私は、生まれつき体が弱く体力がなかったため体を強くするために子どもの頃から水泳やサッカーをしてきました。

しかし、小中学校時代は、よく怪我をして病院に通っていた事から人の体の仕組みに興味を持ち、理学療法士養成校に入学。卒業後は1999年から病院にて長年スポーツ障害・脳卒中後遺症・整形外科疾患方のリハビリに携わり、2007年に最新の脳科学に基づいたリハビリテーションの方法を学ぶためにイタリアにあるリハビリセンターに留学する。

帰国後イタリアで学んだ、技術・経験を生かすために訪問リハビリを行っている会社に就職


自分自身はリハビリの治療でこれまで15年間で 3万6000人に影響を与えてきた経験をもつ。



また2年ほど前から出産後にめまいやふらつきなどの体調不良で
身体の相談を受けることがふえてきた。

自分の身体のことより家族の事が優先的になっている現実を知る。


深く話しをきいていくと、妊娠前・妊娠中に体調がよくない方が
多かった。


妊娠するから母体が健康でいるからこそ、出産後母親も子供も
元気で過ごせると思う。


これらの事から、私達夫婦の経験を踏まえて、

夫婦一緒に母親が健康で妊娠~出産を迎えれるように

応援していきたいと考えている。


趣味は筋トレ、ランニング、サッカー観戦。
日本代表の試合は、特に熱狂的に応援している。 
妻が管理栄養士・食育指導士なので、週..

  coachitaketo
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock