Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
女性性(アワ)を活性化させる
自分の女性性・男性性を活かす
H_taisho
直感を磨きたい、自分を好きになりたい、人間関係をよりよくしたい
H_kitai
アワ・サヌキが整う、直感が受け取りやすくナウ、パートナーシップがうまく行く
181012_t02200220_0481048211887951785
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
Professional_s
 
 
インラケッチ わたしを生きるファシリテーター
インラケッチ 久美
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
 
【提供しているもの】
銀河のマヤ暦講座
インラケッチセッション

【プロフィール】
銀河のマヤ暦やLDMで学んだエッセンス等を活用し,
『その人本来の輝きで歩む』サポートをしている。
 
失恋をきっかけに自分が大嫌いになり、
“自分ではないもの”になろうと頑張った20代。
ますます生きて行くのが苦しくなり、
30代40代にかけどんどん自分を見失っていく。

結婚10年目に夫から奴隷呼ばわりされ、離婚を決意する。
離婚後自分探しをする中で、
銀河のマヤ暦と出合い、自身の
“魂の刻印記憶”を知る。
そこからそれまでの人生の全てに無駄はなく
宝物であることに氣づき、
ただ自分であることの心地よさを思い出す。

現在は「かつての自分のように、
自分を見失ってしまった人が、
自分を取り戻すきっかけになれば」という思いで、
手法を限定せず、セッションやセミナーを提供している。
 

女性性・男性性は 男でも女でも誰でも両方持っているし、

そのバランスはいろいろ。

 

それぞれ役割があって

女性性見えない世界を担当する感受性や思い。

男性性は女性性が受け取った思いを

現実にカタチにするエネルギー。

 

自分らしく生きていくために、

自分の女性性・男性性が

今どんな状態なのか

を知っておくことは

とても役に立つ。

 

 

 

そして身近な人の女性性・男性性の状態が

分かれば

ぶつかり合っていた理由もわかるし、

お互いの心地よい状態を分かりあえる。

つまりパートナシップが円満になる。

 

 

 

そしてさらに、

自分の女性性を開いて磨くと

見えない世界担当の部分が研ぎ澄まされる。

 

なにごともキャッチしなければ、カタチにできない。

 

つまりは女性性が豊かに働けば働くほど

男性性がカタチにするものも大きく豊かになる。

 

 

 

自分の中の女性性・男性性を体感し、

女性性を開くワークショップ。

 

女性限定

 

 

【ワークショップの内容】

①女性性の性質、男性性の性質

②女性性を開くためのワーク

③自分の中の女性性と男性性を感じてみる

④女性性・男性性の次元

 

 

 

 

 

開催日時
2017年5月11日(木)
開場 9:50
開始 10:00
終了 13:00
場所 ステラハウス301号室
横浜市中区元町4-161-8
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

5,000円(再受講3,000円)

支払方法

当日現金にてお支払いください。

 

 ▼原則的なキャンセルポリシー

 ◎前日~当日キャンセル
   キャンセル料として参加費全額を申し受けます。。
 
 ◎開催4日前以降2日前までのキャンセル
   ¥2,500を申し受けます。

定員 4  名
申込受付期間2017/4/ 4(火) 09:58 ~ 2017/5/11(木) 13:00まで
主催者インラケッチ 久美
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
女性性(アワ)を活性化させる、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
わたしを生きるファシリテーター

インラケッチ 久美

Mission
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
Senmon

銀河のマヤ暦 本来の自分にOKを出す 混乱を交通整理する

【提供しているもの】
銀河のマヤ暦講座
インラケッチセッション

【プロフィール】
銀河のマヤ暦やLDMで学んだエッセンス等を活用し,
『その人本来の輝きで歩む』サポートをしている。
 
失恋をきっかけに自分が大嫌いになり、
“自分ではないもの”になろうと頑張った20代。
ますます生きて行くのが苦しくなり、
30代40代にかけどんどん自分を見失っていく。

結婚10年目に夫から奴隷呼ばわりされ、離婚を決意する。
離婚後自分探しをする中で、
銀河のマヤ暦と出合い、自身の
“魂の刻印記憶”を知る。
そこからそれまでの人生の全てに無駄はなく
宝物であることに氣づき、
ただ自分であることの心地よさを思い出す。

現在は「かつての自分のように、
自分を見失ってしまった人が、
自分を取り戻すきっかけになれば」という思いで、
手法を限定せず、セッションやセミナーを提供している。

  inlakech98
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock