Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Efficacy
Okada04
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
医学博士宮崎セバースチャン家庭の医学講座
『薬のメリットとデメリット、家庭でできる手当と予防法』 〜発熱時の解熱剤、タミフル、痒み等のステロイド〜
このような方にオススメ
発熱やアトピーの痒みがでた時、漠然とした不安を抱えながらも他にどうしようもなく解熱剤やステロイドで悩んでいる方々の力になります。
期待できる効果
その不安の種である発熱や痒みのしくみを一般的に処方されている解熱剤、タミフル、ワクチン、ステロイドの作用と副作用を学び、そして副作用のない家庭でできる手当てと予防法を学びます。よりよい選択ができる判断材料になれば幸いです。
1967_sebastyan
 
 
Vidaメディカルサポート 養生医学療法医
宮崎セバースチャン
 
医学博士号
ブラジル国医師免許
ビワ温圧療法師
ブラジル生まれ
1994年 サンパウロカトリック大学医学部を卒業
2001年 熊本大学医学部にて、医学博士号を取得
2005年 Vidaメディカルサポートをオープン
2010年 日本伝統医学に基づく、養生医学で治療・指導を開始
 
 クスリは正しく利用しなければ危険!
 最近は多くの人がクスリに対しての意識を変えています。良いことばかりではないと言うことに気付いて来ているのです。
 そんな中、LANCETと言う有名な医学専門雑誌にクスリの危険性に対しての論文が掲示されました。
 今回のは抗炎症剤に関しての論文です。
 抗炎症剤を摂りすぎると心臓疾患や心筋梗塞のリスクが高まることを証明しているのです。
 もう一つ知っておいた方が良いと思うのが、抗炎症剤の使い方です。現在では痛み止めとして多く使われています。それは痛みが有る所には炎症があるからです。しかし、クスリに関して十分な知識が無いまま、薬局で痛み止めを買って、それを適当に飲むと非常に危険です。
 この類のクスリは今では処方箋なしにコンビニエンスストアーでも買える様になったしね。
 ちなみに私は養生医学で大体の痛みには対応出来ます。理にかなっているし、自然だし、リスクも無い。
開催日時
2013年6月21日(金) ~ 6月21日(金)
開場 11:00
開始 11:10
場所 東部区民館 3階 ふるさと
〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号
ホームページ
参加費
無料
2000円
定員 20  名
申込受付期間2013/6/14(金) 10:00 ~ 2013/6/21(金) 10:00まで
主催者福元雅乙
 
 
 
 
Profile
養生医学療法医

宮崎セバースチャン

Senmon
がん治療サポーター

医学博士号
ブラジル国医師免許
ビワ温圧療法師 ブラジル生まれ
1994年 サンパウロカトリック大学医学部を卒業
2001年 熊本大学医学部にて、医学博士号を取得
2005年 Vidaメディカルサポートをオープン
2010年 日本伝統医学に基づく、養生医学で治療・指導を開始

B_facebook
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock