Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
【CDを作るために寄付を集めています】ギニアの子どもたち1000人とおにぎりを作り、 手洗いの大切さを伝えたい!
オリジナルのテーマ曲をつくって「ギニア版こども食堂プロジェクト」を応援しよう!
H_taisho
世界のこどもたちの未来のために、目に見える形で社会貢献・国際協力したい方。
H_kitai
●笑 満ちる作詞作曲のオリジナルテーマ曲の公開収録に参加できる!●現地のこどもたちからのリターンが受け取れる!
170086_b7ed6a2d407a91d6b29b07e7a76272aaa518fcf2
170086_16864439_1258528700921040_4152303321117042447_n

ギニアこども食堂プロジェクト!

ギニアの子どもたち1000人とおにぎりを作り、

手洗いの大切さを伝えたい!

 

音楽のチカラで、子どもたちを救おう!

オリジナルテーマ曲「"ぎゅうっと、にぎれば"〜おにぎりソング」

CD化を実現するため、追加の資金を集めています!

 

どうぞ、プロジェクトのいきさつをお読みください。

 

樹木の音色 さえこさんによる描き下ろしのイラストです♫

 

2016年秋、わたし笑 満ちるは、親子の絆を育む【親子ダンス教室】に参加しました。

実はダンスなど大の苦手、振りが全く覚えられないわたしは、20組ほどの親子が練習に励む中、ひとり、「棒立ち状態」に..。

 

あまりのできなさに情けなくて、悔しくて、練習中に涙が止まらなくなってトイレに逃げ込み、号泣...ww 嗚咽をききつけた事務局のスタッフに抱きかかえられるようにして励まされ、なんとかダンス&パフォーマーフェスティバル ハロウィンスペシャルでの本番ステージまで諦めずに取り組み、途中で止まったりせずに最後まで身体を動かし続けることができました。

 

わたしにとって、娘に泣き顔を見せ、かっこ悪い姿をさらしながらも苦手なことに挑戦した経験は、とても大きな思い出になりました。

 

この親子ダンスで、オープニングポジションに抜擢されていたのが、木村(トラオレ)麻衣子さん親子でした。ドレッドヘアが圧倒的な存在感の麻衣子さん&ダウダくん親子は、踊れないわたしにとって、ひときわ輝いてみえました。

 

本番ステージを終えた後、麻衣子さんは「(この親子ダンスは)大人になってから最も楽しかった経験です!」と言い、わたしたちは友達になりました(写真は、本番2日目のステージを終えた後のツーショットです)。

 

 

そんな麻衣子さんから昨年12月、折り入って連絡が入りました。

 

ギニア版の「こども食堂」でおにぎり作りをする、手洗いの大切さを伝えるために、クラウドファンディングをするから、シェアして欲しい、というお願いでした。

 

その内容を拝し、まだ知り合って日の浅い麻衣子さんがどのようなこれまでを過ごされてきたのか、垣間見ることになりました。

 

クラウドファンディングは無事に1ヶ月で目標金額を達成し、完了!

 

その後、さらに連絡をいただき、ギニアでこどもたちと歌えるカンタンな歌、ないですか?というご相談がありました。

 

既存の曲で使えそうなものを探している(替え歌するなど)のか、もしくはオリジナルがいいか、ときいたところ、オリジナルがいいということ。

 

そこで、わたしは、今回のプロジェクトにぴったりなテーマ曲を書き下ろすことにしました!

 

ほどなく、こどもの送り迎えで自転車に乗りながら思いついた鼻歌にぴったりな歌詞をのせ、シンプルでかわいらしい新曲が完成。

 

せっかくなので、麻衣子さんご自身や息子さん、これまで賛同して寄付してくださった方々はじめ、さらに新たな協力者も募り、公開収録を行ったら盛り上がるだろうとひらめきました。

 

レコーディングや動画の収録には、どうしても少なからずお金がかかります。また、話をうかがうとクラウドファンディングでは手数料も引かれてしまうため、新たにこのプロジェクトを知っていただき、麻衣子さんが安心してギニアに行って子ども食堂をすることができるよう、必要十分な経費を追加のご寄付を募ってまかなうことに決めました。

 

今回、オリジナル曲をつくることにあたり、曲づくりの監修を親友のアニバーサリーソングライター・めぐみのおとさんに、ピアノ演奏とアレンジをピアニスト&アレンジャーのcue(きゅう)さんに、シンボルとなるイラストを樹木の音色 さえこさんにご協力いただくことになりました。

(Ready for クラウドファンディングにちなんで、レコーディングアーティスト名は「Lady Four(レイディ・フォー)」と名付けられました)

 

レコーディング〜マスタリングまでは、先月よりギターリトミック講座の会場としてもお世話になっている高田馬場駅前・カナリアミュージックスタジオさんにお願いしています。

 

 

 

「ギニアこども食堂」テーマ曲・公開収録 実施概要

 公開収録は、無事終了しました!ありがとうございました!

 

◆日時:2017年2月25日(土) 17:00~18:45

◆場所:カナリアミュージックスタジオ

(住所:東京都新宿区高田馬場1-34-8大輝ビル405)

◆対象:音楽のチカラで子どもたちを救いたい、という主旨に賛同いただける方(お子様連れ歓迎)

◆参加費:制作資金のご寄付をお願いしております(任意)※

 ※一口3,000円以上の寄付でリターン(お礼の品)を差し上げます

 

◆主な内容:

◇前半(17:00〜17:30予定)

・「ギニアこども食堂」主宰者・木村麻衣子 挨拶

・作者・ミュージックライフスタイリスト®笑 満ちる 挨拶

・歌の練習

 

◇後半(17:30〜18:45予定)

・本番収録(動画撮影&歌+伴奏レコーディング)

・ギニアのこどもたちへの一言メッセージ収録

・集合写真撮影 

 

 

以下、木村(トラオレ)麻衣子さんからのメッセージです。

 

ご賛同いただける方は、ぜひ追加の資金調達にご協力ください!

そして、2/25(土)に予定している「公開収録」にもぜひ足をお運びください!

 


はじめまして、木村麻衣子です。介護職の経験を生かし現在は放課後等デイサービスで児童発達支援をしています。日本では、たくさんの「こども食堂」が地域の人たちの取り組み等で広がってきております。身近な場所で私も何かできないかと息子と一緒に地域のこども食堂に参加させていただきました。

 

 

子ども食堂の皆さんはとても温かく、親子で参加するのが楽しみになりました。参加する中で、今の私に何かできないかと考えていました。主人に聞いたところ、「故郷のギニアでは、1日1食も食べることのできない子どもたちがたくさんいる」と聞き、私でも子どもたちのために出来る事があるとわかりました。

 

それは、ギニアの主食であるお米を使い、小学校の子どもたち1000人とおにぎりを作る。おにぎり作りを通して、手洗いの大切さを伝え、エボラウイルスや感染症等から少しでもこどもたちを守ることはできないかと考え今回このプロジェクトを立ち上げました。

 

ギニアこども食堂を行うには、30万円の費用が必要です。こどもたちの衛生面を改善するためにも、皆様ご支援よろしくお願い致します。 

 


 

食べる事すら難しい。

そんな時生まれて初めて人の温かさを感じました

 

以前、私と娘2人の生活していた事があります。その時はお金がなく、1日2食をとることも大変で、即席ラーメンを娘に麺を食べさせ私はスープを飲む、そんな経験があります。親として子どもに食べさせてあげることが出来ない、悲しさ、切なさ、情けなさ、とても辛い経験になりました。

 

その時に、この気持ちはきっと国が違っても、みんな同じだと思いました。私が辛い時、たくさんの人が私に優しくしてくれました。生まれて初めて人の気持ちの温かさを感じ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

ギニア人である今の夫やギニアに住んでいる家族からの話を聞きました。それは、食べることができない子ども、家の仕事で学校に通うことができない子ども、病院に行き薬を買うことができない子どもがいる事、多くの子どもたちが困っているというものでした。まだまだ支援の届かない地域が多くある現状を知りました。

 

そこで私は、ギニアのキシドゥグ県の小学校でギニアこども食堂を開催し、生徒1000人全員で簡単に作ることができて栄養の取れるおにぎり作りで、感染予防の大切さを伝え公衆衛生の改善に皆で取り組んでいくためのきっかけ作りをしたいと考えました。

 

 

 

ギニアの衛生施設の使用割合は19%、
5歳未満の子どもの死亡率は14%
おにぎり作りで手を洗う大切さを教えたい。

 

ギニアでは日本などが資金援助をして開発してきたネリカ米の導入により穀物の自給率が上がってきています。カリネ米はアフリカ種とアジア種をかきあわせたお米です。主食であるお米を使い簡単に作ることの出来るおにぎりをみんなで作ります。

 

私は子どもの頃母の作ってくれた愛情がいっぱいのおにぎりが大好きでした。おかずがなくても美味しくて、心が温かくなり、お腹一杯になるこのおにぎりパワーをギニアの子どもたちにも伝えたいのです。

 

貧困層の人口割合は、人口の約半数47% 162カ国中ギニアは27位、国際貧困ラインでは人口の約70%が貧困世帯となっております。1日に何も食べることができずお腹をすかせた子どもたちが沢山います。子どもたちははお腹がすいていても誰も言いません。それは家族の悪口となってしまうのです。

 

また5歳未満の子どもたちの死亡率が日本では1000人に対して3人ですが、ギニアでは1000人中142人と多いのです。衛生施設の利用の比率は日本は100% ギニアでは19%となっています。

 

今の私に出来ることは病気や感染症にならないためにどうしたら良いかを教える必要があるかと考えています。そこで、ギニアこども食堂を開催し、手を洗うことの大切さ自分でもできる予防を子どもたちや地域の皆さんに教えたいと考えました。

 

 

ギニアこども食堂を開催し、
たくさんの子どもたちの笑顔が見られるように続けていきたい。

 

今回のギニアこども食堂では、おにぎり作りを通して、衛生面に大事な習慣を学び、子どもたちの健康な生活作りをする(正しい理解、感染予防)。そして子どもたちが我慢しないでご飯を一食でもとることが出来ます。

 

そして、このギニアこども食堂をきっかけに、学校のトイレの改修や、様々な衛生環境の改善にも取り組んでいきたいと思います。

 

私はたくさんの子どもたちの笑顔が見られるように続けていきたいです。皆さんのお力を少しでも貸していただけないでしょうか、よろしくお願いします。

 


 

 

リターンについて

 

・アフリカンプリントワンピース

・アフリカンプリントシャツ

 

学校に通えなかったが、洋服作りの道に進み、自分のお店を持つ事を目指して頑張っている女の子たち。そんな若いテーラーが心を込めてシャツとワンピースを作ります。

 

・ギニア伝統染物シャツ

 

西アフリカでは村長など偉い人が訪れた際に、贈り物としてコーラの木から取れる実を古くから使っています。そのコーラの実を時間をかけて潰し染料にし丁寧に染め、作られた伝統のシャツです。

 

リターンの洋服を作る女の子の紹介

 

 

 

リターンを作ってくれるキシドゥグに住む20歳になる彼女は、小さな兄弟が沢山いたので生活も苦しく、小学校に通う事が出来ません。なので、彼女は読み書きを正しくはできません。

 

学校に行く事を諦め洋服作りの道に進み、一生懸命に服飾について学びました。 彼女は、自分のお店を持つ事を目標に、毎日こつこつと頑張っています。今回プロジェクトの洋服を1枚1枚心を込めて作っていただきます。彼女は学費を貯めて学校に行き、語学や服飾について学びたいと話しています。

 

 

ギニアってどんな国?

 

ギニアは、西アフリカの南西端、大西洋沿岸にあり、マリ、コートジボ ワール、セネガル、シエラレオネ、リベリア、ギニアビサウの6か国と接しています。

 

西アフリカは、アフリカ大陸の3割近い面積を占め、ギニアやその隣接6か国以外に西サハラ、カメルーン、モーリタニア、ガンビア、ガーナ、ナイジェリア、トーゴ、ベナン、ブルキナファソ、ニジェール、 チャドがあり、世界でも最貧国の多い地域です。

 

ギニアは乾季の1~4月はほとんど雨が降りませんが、雨季の6~9月は3,000mmを超える雨量があります。

170086_16930430_598330790358945_567554197_o
170086_a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd (3)
開催日時
2017年2月25日(土) ~ 3月21日(火)
開場 16:50
開始 17:00
場所 公開収録は、終了しました!ありがとうございます!
【重 要】ご寄付は3/21(火)まで集めています!
ホームページ
参加費

【寄付受付期間】

 3月21日(火)23:58まで 期間延長しました!

Ready for (クラウドファンディングサイト)上での資金調達は1/20に無事、成立しました。ご協力いただきました方々には、心からお礼申し上げます。

 

プロジェクトをさらに成功へと導くため、笑 満ちる(えみ・みちる)が友人である主催者・木村麻衣子さんの想いに応え、オリジナルの「おにぎりソング」をつくりました!

 

現地にこの歌を届けるため、スタジオレコーディングと動画制作費用として、追加の寄付を集めています。

 

貢献してくださった方々は【公開収録に参加できる】他、

引き続き以下のリターン(お礼)をご用意しています。

皆さまからのご寄付・ご協力をお待ちしております!

 

※どなたでも公開収録への参加・見学ができます。ご寄付はあくまで任意で、強制ではありませんが、制作資金を寄付でまかなっていますので、ぜひ少しでもご寄付にご協力いただけましたら幸いです。 

 

①こどもたちからの感謝のお手紙と写真をお送りいたします!

3,000円

 

こどもたちからの感謝のお手紙

こどもたちからの写真

 

 

②アフリカンプリントシャツ&シアバター100% 60g

10,000円


こどもたちからの感謝のお手紙

こどもたちからの写真

シアバター100% 60g

アフリカンプリントシャツ

 

学校に通えなかったが、洋服づくりの道に進み、自分のお店を持つことを目指して頑張っている女の子たち。そんな若いテーラーが心を込めてシャツを作ります。

 

 

③ギニア版子ども食堂応援コース(お手紙・写真・絵)

10,000円

 

こどもたちからの感謝のお手紙

こどもたちからの写真

こどもたちの絵

 

④アフリカンプリントワンピース&シアバター100% 60g

10,000円

 

こどもたちからの感謝のお手紙

こどもたちからの写真

シアバター100% 60g

アフリカンプリントワンピース

 

学校に通えなかったが、洋服づくりの道に進み、自分のお店を持つことを目指して頑張っている女の子たち。そんな若いテーラーが心を込めてシャツを作ります

 

⑤ギニア料理レシピ&ギニア伝統染物シャツ

30,000円

 

こどもたちからの感謝のお手紙

こどもたちからの写真

ギニア家庭料理レシピ+調味料

ギニア伝統織物シャツ

 

西アフリカでは村長など偉い人が訪れた際に、贈り物としてコーラの木から取れる実を古くから使っています。そのコーラの実を時間をかけてつぶし染料にして丁寧に染め、作られた伝統のシャツです。

 

⑥ギニア版こども食堂 応援コース(お手紙・写真・絵・お名前掲載)

30,000円

こどもたちからの感謝のお手紙

こどもたちからの写真

こどもたちの絵

学校の看板にお名前掲載※

 

※今回こども食堂を行う、ヤサフェ小学校の木で出来た学校名を記載した看板の裏面にお名前を掲載いたします。

 

なお、こども食堂の実施は2017年4月、リターンの発送は、2017年5月中を予定しています。

 

また、制作された音源や映像の権利は作者(笑 満ちる)およびレコーディングアーティスト(Lady Four)に帰属します。

支払方法 その他のオプション

銀行振込

クレジットカード 

 

振込先:

<お振込先>

楽天銀行 ピアノ支店(212)
普通 5010000 
イン・スタイル ホンザキ ユウコ

お申込から3日以内にお振込の上、
件名を「振込完了 ご入金日 お名前」として、
info@emmymichiru.com までご連絡ください。

 

例)「振込完了 2/11  木村麻衣子」

 

リターンをお届けするご住所をフォームからお知らせください。

定員 100 名
申込受付期間2017/2/11(土) 09:00 ~ 2017/3/21(火) 14:58まで
主催者笑 満ちる
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
【CDを作るために寄付を集めています】ギニアの子どもたち1000人とおにぎりを作り、 手洗いの大切さを伝えたい!、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
ミュージックライフスタイリスト®

笑 満ちる

Mission
生きる歓びを表現し、わかちあいたい。
Senmon

ミュージックライフ ギター 音楽

東京都港区生まれ。幼少期、劇団ひまわりに所属。
19歳でMI Hollywood(GIT)へギター留学、20歳でギターを教え始める。

ミュージックライフスタイリスト®協会 代表
夢実現化コーチ  All About ギター ガイド

圧倒的充実感のある音楽人生を創る「ミュージックライフ・スタイリング」を提供。スランプ克服の経験から生まれたユニークな切り口で大胆なライフチェンジを叶えるプログラムは盛況となり、地方から夜行バスや新幹線、飛行機で通う受講生も。

親しみやすく場の一体感を大切にした歌と演奏に、歓びの声が寄せられる。MCとしてもプロ活動し、数々のビジネス&カルチュアルイベントを成功に導く。ライブイベントでの観客を自在に巻き込んだはつらつとしたトークには定評あり。

2歳〜8歳までの3人の小さなこどもたちのママとして子育てをしながら情熱的に活動する姿は観る人を勇気づけ、大いに共感を集めている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要