Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
手帳を遊ぶ会
13の月の暦手帳の銀河ツール
H_taisho
13の月の暦手帳を活用したい、手帳に載っている図版について知りたい
H_kitai
ドリームスペル、テレクトノン、7:7:7:7、フナブ・ク21についてちょこっと分かる
154980_img_1858
154980_img_8804
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
Professional_s
 
 
インラケッチ わたしを生きるファシリテーター
インラケッチ 久美
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
 
【提供しているもの】
マヤのこよみとき
インラケッチセッション

【プロフィール】
銀河のマヤ暦やLDMで学んだエッセンス等を活用し,
『その人本来の輝きで歩む』サポートをしている。
 
失恋をきっかけに自分が大嫌いになり、
“自分ではないもの”になろうと頑張った20代。
ますます生きて行くのが苦しくなり、
30代40代にかけどんどん自分を見失っていく。

結婚10年目に夫から奴隷呼ばわりされ、離婚を決意する。
離婚後自分探しをする中で、
銀河のマヤ暦と出合い、自身の
“魂の刻印記憶”を知る。
そこからそれまでの人生の全てに無駄はなく
宝物であることに氣づき、
ただ自分であることの心地よさを思い出す。

現在は「かつての自分のように、
自分を見失ってしまった人が、
自分を取り戻すきっかけになれば」という思いで、
手法を限定せず、セッションやセミナーを提供している。
 

13の月の暦手帳に載っているカラフルな図版。

 

 

 

これらは

13の月の暦および銀河のマヤ暦への理解を

より深めるために

ホゼ・アグエイアス氏が

パカル・ヴォタンからの叡智を

ボード・ゲームにして世に出したもの。

 

「見ているだけでもいい」

と言われても

どんな意味があるのかなー

どんな風に使うのかなー

ということが分かった方が楽しそうウインク

 

 

チェック​手帳の図版の意味が知りたい

チェック​カレンダーとしてのマヤ暦ってどういうこと

という方や

チェック​出たいと思っていたけど

 今まで日程が合わなかった

チェック​がっつりじゃなくてちょこっと知りたい

 

あるいは、

チェックマヤ暦話を仲間としたい

という方も大歓迎!!

 

 

ドリームスペル、テレクトノン、7:7::7:7は

ボードゲームを持参しますので、

実物を触って遊べます。

 

 

手帳をこんな風に使っている

なんてシェアもして頂けたら

嬉しいですsei

 

白いスペクトルの風の日に

13の月の暦手帳を皆で眺めて

時空を超える夢へと繋げたり、

囚われている時空から解放されたり、

時のエネルギーを感じてみましょう。

 

 

開催日時
2016年12月16日(金)
開場 9:15
開始 9:30
終了 11:30
場所 波止場会館小会議室B
横浜市中区海岸通1-1
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

3,500円

支払方法

当日現金でお支払いください。

 


▼原則的なキャンセルポリシー
 ◎前日~当日キャンセル
  キャンセル料として参加費全額を申し受けます。

 ◎開催4日前以降2日前までのキャンセル
  参加費の50%を申し受けます。

定員 6 名
申込受付期間2016/11/13(日) 21:06 ~ 2016/12/16(金) 09:50まで
主催者インラケッチ 久美
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
手帳を遊ぶ会、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
わたしを生きるファシリテーター

インラケッチ 久美

Mission
全ての人が、本来の自分で人生を楽しめるように。
Senmon

銀河のマヤ暦 本来の自分にOKを出す 混乱を交通整理する

【提供しているもの】
マヤのこよみとき
インラケッチセッション

【プロフィール】
銀河のマヤ暦やLDMで学んだエッセンス等を活用し,
『その人本来の輝きで歩む』サポートをしている。
 
失恋をきっかけに自分が大嫌いになり、
“自分ではないもの”になろうと頑張った20代。
ますます生きて行くのが苦しくなり、
30代40代にかけどんどん自分を見失っていく。

結婚10年目に夫から奴隷呼ばわりされ、離婚を決意する。
離婚後自分探しをする中で、
銀河のマヤ暦と出合い、自身の
“魂の刻印記憶”を知る。
そこからそれまでの人生の全てに無駄はなく
宝物であることに氣づき、
ただ自分であることの心地よさを思い出す。

現在は「かつての自分のように、
自分を見失ってしまった人が、
自分を取り戻すきっかけになれば」という思いで、
手法を限定せず、セッションやセミナーを提供している。

  inlakech98
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock