Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketukecyuu
開拓と探求のコミュニティ【village】住人募集!
〜より深い探求を求める仲間と出会う〜
H_taisho
より深い探求を求める仲間と出会い、語らいたい方
H_kitai
仲間との語らいの中でより深い自己探求の道が開けます
135922_13690581_1040659752678171_4729013872207408243_n
135922_13716018_1040659689344844_1505117179979173658_n

この度、開拓と探求を深めていきたいというメンバーのためのコミュニティ、

village

をオープンする運びとなりました。

 

 

 

そのヴィレッジは、まだ何もない荒野のような場ですが、

それぞれが素晴らしき人生脚本を生きる仲間として、日頃の思いを分かち合い、

語り合う場として皆様にご活用いただきながら一緒に創り上げていっていただければと思っています。

 

 

 

まずは、村長yumeziよりご挨拶をば。。。

 


 

 

「villageのご案内」

 

yumeziです。

 

一番最後に記載した
「あるメンバーの1なる対話」とは
メンバーとあるコミュニティでのログでございます。


まぁ、何とも可愛らしい対話...。

 

こちらの対話は、メンバーが日々探求する中で、人間臭い部分を色々な角度から他のものとシェアしている光景です。


あまりにも側から見ていて、可愛らしかったので、メンバーに許可を頂き、しらゆき公論に掲載させて頂く予定です。


様々なスピリチュアリティーのグループや団体、思想が巡る中、こう言っちゃえこひいきに聞こえるかも知れませんが、ラバースメンバーはとってもピュアw。


私の大好きなカラーでございます。

 

中々ですね、素朴さを兼ね合わせながら、一人では探求は無理なのです。

 

知らず知らずのうちに...ストイック化が進みます。

 

そして、良くスピリチュアルな世界にクソ真面目に没頭すると、目に見えない領域のお話をまるで、将棋のコマみたいに扱い、仲間同士がヒエラルキーの世界に行ってしまうと言った、悲しい現実もあったりします。


いやぁー、そんな中でメンバーは実に可愛らしい!


本当に、私の自慢出来る素質を持った方々の集まりとなっております。

 

やはり、探求者同士のシェアは楽しいでしょうね!

 

探求となると、簡単に知人や家族には怪しまれます故、心の奥からの、そう、ソウルの叫びからの言葉をシェアできる「場」が無いのもこの時代の障害でもあるのでしょう。

 

世間に合わせ、嘘っこな体裁を強いられ窮屈な三次元だけで生きなくても良い!

 

こうして、ハートから心地よい本物の言葉を扱い、本当に人と出会いたい!

 

そういう想いがスレッドを見て皆様から、
感じられました。

 

縁ある心地よい関係性。

 

人の事も自分の喜びとして受け止めてくれる仲間!

 

いーことです。


好き放題、大好きな仲間同士
理解してくれる者がいつでも「其処」に居てくれる。

 

そんな空間を創りたくこの度「village」というコミュニティの「場」を創りました。

 


えっへん、ワタクシyumeziが村長ですw。

 


事務局スタッフはもちろん、アルケミストRicoにも来てきて!コールをしちゃいます!

 

私は...コミュニティが...苦手( ;´Д`)


な方も、皆様の情熱的な「愛のたわいもなさ」をチラ見してみてください。

 

 

結構、面白かったり、安心できたりもします。

 

以下は、情熱大陸的に自身の想いをコミュニティでシェアしまくったメンバーの対話となります。

 

羽龍氏のセッション感想から、各自の想い...
ラバースイベントへの熱意等...
可愛らしく語っておられます。

 

yumezi

 


 

 

「あるメンバーたちの1なる対話」

 


「いや〜、私はすごく無いな〜。
 私の場合は主人にタイに一人で行きたいっていうのがメッチャ怖かったって。
 あんまり大した事じゃない。
 主人の反応がとても怖かった今は全然なんとも無いけど。」

 

「そうそう。」

 

「羽龍さんは、嫌なことをずーっとやってきたというのは、才能でもあると言われた。」

 

「うん、人それぞれのことだから、誰がえらいとか、凄いとかはない。Mさん、何が一番いやだったの?」

 

「私も旦那さんにどう思われるか何て言われるか嫌われたくないし色々怖かったー。」

「お金がいくらかかるとか子供をどーするとか。」

「タイに1人は凄い

 私、もうやりたくない事できないもん。
 死にたくなる www」


「私は、旦那いないけど、妹がそーいう課題持っててとても苦しんでたから、身につまされる。」

 

「人間、どこで自分を磨くかは決めてきてるんだと、思うよね、人間関係特に上司のアホさ加減会社の体質。
 もともと1つのところにいるのが性に合わないのかも。
 子どものために、親不幸してきたから、ここらで言うこと聞かないとという気持ちから。我慢してた。」

 

「なるほど。」

 

「確かに見てるだけでも、ひとつところに縛られるの嫌いそう。」

 

「飛んでたいんでしょ、龍みたく。
 考えてみたら1番腹立つのは、自分自身だったのかも。
 なぜ、早く辞めない?」

 

「でも、それを経験してきたことが財産になる。
 あははは。」

(羽根のある龍?)


「そ。地上に貢献するには必要な修行〜^_^
 そうなれば良いけど。
 もーなってるでしょ」

 

「好きなことばかりやっていては、成長できないから。」

 

「もーなってる?」

 

「ね〜。どこでなにで磨くかだよね。
 多分自分じゃ、選べなくて、決まってるんだよ。」

 

「そうそう、選べる!」

 

「決まってるけど、変えられる
 あまり決まってることと違う道をいけば、
 うまくいかないのかもしれない。
 順風満帆はつまらない。」

 

「羽龍さんに私は不良だった過去を話すと、
 その方が人間の厚みが出て良いと言ってた。」

 

「何事も経験ですね。」

 

「ですね。」

 

「私、うまくいかないのも
 想定内なのかなって思う。」

 

「結局全部決まってる。」

 

「ここで変えられるって思ってその選択をする事も決まってる。」

 

「その経験を味わいにきた。
 だからただ身を任せるだけで本来はいいんじゃないかなって。」
 (何でかはわかんない。)

 

「どこかで何か読んだ受け入りかもしれないけど。」


「あっ、Mさんそれもあるよね。
 あがくだけあがきつつ、いつもそれも思う。
 想定内ということ自体、自分を小さくしちゃってると思う。」

 

「その変えられるっていうのは、心の底から思えてなくて、どうせやったって出来ないんだからと思いながら、

 アファメーションでも唱えたりすると当然効果なし。」

 

「その小ささに気がつかないと
 小さかったに気付けないと思うけど‥
 小ささねーそのお題も結構難しい。」
 なかなか、あっ、そーきたか!ってこと最近なくて。」

 

「でも、七夕音楽の素晴らしさとか、
 土を踏みしめた気持ち良さとコーフンのあった火のオプションは、想像超えてた。久しぶり。」

 

「やっぱり動いてみるのだいじかな。」

 

「アタマでどれだけ考えても、行動しか変化できない。
 自分の思い込みに気がつくのと、
 うん、行動は大事な気がする。」

 

「うん、やらないと合うか合わないかもわからない。」

 

「うん、自分をちっちゃくしてるって感覚もわかる気はするんです。」

 

「本気で乗り越えていく事。
 舐めてかかってく事。
 アタマで考えるだけで何も変わらなかった、という経験。」

 

「どれを選んでもいいって。」

 

「そうそう。その選択は自由!
 だねえ!」

 

「だから、最終的に
 やりたい事やってりゃいいんだよなーって 」

 

「んだんだ!」

 

「でもね、
 なんか特別感というか
 充実感というか
 欲しくなって聞きたくなるんですよね〜  」

 

「私のお当番って、なんですか!!!!って www」

 

「その気持ちわかるー!」

 

「それもまた、
 1つの経験なのですね、きっと...」

 

「聞いてみたら良いのかなと(^_^)」

 

「そりゃ聞きたいわ!」

 

「うんうん、羽龍さんに聞く!!」

 

「聞いたらいいわ。」

 

「照れつつ聞いちゃう」

 

「だってせっかくシェアしてるからさ。
 私は其処聞く事まで考えられなかったから。」

 

「いざとなると怖くて聞けなかったりしてね^
 聞きたいことメモしてっても聞けないことあるよね」

 

「そうなの!」

 

「聞きたいの!」

 

「でも聞くのが怖いの! 笑」

 

「話の流れとかね、Hさん、
 毎日を丁寧に生きなさいって、それが一番大事って、わかってるのだけど。
 それだけじゃつまんないな、ってのが、エゴっぽくて、恥ずかしくて聞きにくいのさ。」

 

「でも、子供を産んだ事や瞑想なんかを選んでどうしたかったの?って
 よい問いかけだなあ
 たぶん、自分が癒されたかったかなと思うっていったら
 それだけ?って
 で、人に提供して行きたいのもあったと思うって答えて。」
 (それには何も言われないで)

 

「やりたい事を最後までちゃんとするって
 アファメーションを教えて貰った!」
 :ぅわ〜
 そこトリックっぽい!」

 

「ふむふむ。」

 

「一つの思いをじっと見つめると次の深い思いが出るんだよね〜引き出して、確認してるのかもね。」
 (あーみんなで合宿してしゃべり倒したい。)

 

「今は、やりたいことは
 アルケミスト初級講座
 これが楽しみ」

 

「私も楽しみ!」

 


 

 

 

という感じで、様々なことを分かち合いたい方、語り合いたい方、ただ横で眺めていたい方、、、

 

どんな方でもヴィレッジでは大歓迎です!

 

ふるってご参加ください。

 

ヴィレッジの住人になっていただくと、もれなく通し番号のついた住民カードをお届けいたします☆

 

 

 

 

【確認事項】必ずご確認の上、お申込みください

 

◆コミュニティへの参加におきましては、各自責任を持って行動してください。
◆村長yumeziやスタッフも住人の一人として参加します。
◆有料ワークや教材などの具体的な内容のシェアはお控えください。

 感想やご自身の体験シェアなどはOK!
◆個人セッションのような個別の質問などに村長はお答えできかねます。

 住人同士でのアドバイスの場として活用してください。
◆ワークやイベントなどに関する質問は、事務局宛にメールでお願いします。
◆Facebookメッセンジャーによるスタッフ宛のご連絡はご遠慮ください。メールでお願いいたします。
◆万が一不適切な内容が投稿された場合などは、スタッフが削除することがあります。
◆その他、コミュニティ運営におきましては公序良俗に従っていただきますよう、お願いいたします。

◆ご入金後(PayPalの場合は定期支払ご登録後)のキャンセルはできません。

◆いかなる理由の場合でも一旦ご入金いただきました利用料はご返金できかねますのでご了承ください。

◆PayPal定期支払でお支払の方は、解約希望月の前月末までに当事務局までお申し出ください。

 それ以降のお申し出の場合は、ひと月分の利用料を頂戴いたしますのでご注意ください。

◆銀行振込みでお支払の方は、1年間解約はできません。

◆以下の開催日時は申し込みの締切日です。お申し込み・ご入金後からvillageのコミュニティにご参加いただけます。

 

 

開催日時
2017年12月31日(日)
開始 12:00
終了 12:00
場所 Facebookグループにて

Releaf_touroku
参加費

 

【ご登録月】登録料 3,000円+月額利用料 500円=3,500円(税込)

【翌月以降】月額 500円(税込)

 

支払方法

PayPal定期支払(クレジットカード自動引き落とし)にてお支払いただきます。

 

<クレジットカードをご利用いただけない方>

銀行振込みにてお受けいたします。

登録月に登録料3,000円+年間利用料6,000円=9,000円(税込)を一括でお支払いただきます。

 

定員 100 名
申込受付期間2016/7/24(日) 00:00 ~ 2017/12/31(日) 00:00まで
主催者yumezi
お問い合わせ先事務局
お問い合わせ先電話番号
お問い合わせ先メールアドレスlovearth8yumezi@gmail.com
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
アルケミスト

yumezi

Award51
2016年 年間イベント動員数ベスト20
Mission
開拓と探求をスタートする貴方の素晴らしき人生の脚本見届けます。
Senmon

アルケミスト ヒーリング リーディング 占い スピリチュアル 

アルケミスト&占術家
元(星読み)20年間のキャリアを誇る占術家として活躍。タロッターとして雑誌「美人百花」等の占術ページの連載を手掛けながら、タロットの世界を研究していく。自然の神秘と循環を探求していくにつれ、占術界だけには真理は留まらない事をしり、星の仕組みや構造、人間の在り方などを探る旅に出掛け、世界に散らばるシャーマン、マスターと出会い、本当の意味で「きちんと人間」をする思想を伝授される。また、20年間で9万人のセッションを行い、現在、アート活動をする中、最古の思想であるユイナ思想とガイヤ理論を軸に自らの想いを多くの方々に伝達している。

http://chichinpuipui.school/
https://www.creema.jp/c/pantarhei

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款