Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
「出版後の反響が全く違う、自分の魅せ方セミナー」
ブランディング・プロデューサーが語る
このような方にオススメ
◯出版を考えている方 ◯出版後、本を売り延ばしたい方 ◯ブランド力をつけたい方
期待できる効果
◯自分の魅せ方がわかる ◯出版に際し何が必要かわかる  ◯企画書採用率が高くなる ◯話題になる可能性をアップできる
118209_inagaki-p3
118209_inagaki-p1

 

著者の写真1枚が、

本の売れ行きを大きく左右します。

 

著書に載せる写真は

 

    用意できていますか?

 

 

 

もちろん、企画の採用の可否を出版社が決めるときも、

 

あなたのHPやブログに掲載している写真は、

 

必ずチェックされています。

 

 

 

なぜなら、売れる本は、勢いと華のある著者から生まれることを

 

編集者は経験値からよくわかっているからです。

 

 

 

 

著者写真は、ベストショットを撮影したい!

 

ブランディング・プロデューサーが語る

 

 

「出版後の反響が全く違う、 

            自分の魅せ方セミナー

 

 

 

 

 

本が刊行される際、著者に注目が集まります。

 

表紙を飾る1枚、扉に掲載されるプロフィール写真、

 

読者が検索した先にあるHPやブログの写真・・・・

 

そのときの、写真次第で

 

 

 

本の売れ行き、

 

本が出たあとの反響が全く変わります。

 

 

 

 

 

本のコンセプト、自分のつくりたい自分のイメージが

 

表現できている写真をあなたは持っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

著書を出版する工程では、様々な工程があります。

 

 

 

企画の採用までのどきどき。

 

 

 

採用されたら、執筆に追われ

 

ゲラがでてきたら、そのチェックに追われ

 

あっという間に、本の刊行になります。

 

 

 

刊行間際に、出版社から

 

 

 

「プロフィールと、バストショットの写真をください

 

 ○○日までに!」

 

 

 

と言われたときに

 

ばっちりした、写真が準備できているでしょうか?

 

 

 

稲垣麻由美さんは、

 

著者のブランディングプロデュースからスタートした

 

ベテラン、イメージコンサルタント。

 

長く、本の編集に携わってきた中で

 

出版・マスコミ業界に関わる中、本が売れる」「記事が話題になる」ためには

被写体となる人の「魅力」がきちんと表に出ていることが欠かせない、

と強く実感し続けてきことから、著者のイメージ構築支援をされるようになりました。

 

 

 

多くのビジネス書では、表紙に著者の顔写真が掲載され

 

その写真が本の内容のイメージと合致していることが重要です。

 

 

 

「誠実」「信頼感」「イケメン」「美しい」「かわいらしい」「感じが良い」「自由」

「富裕層向け」「経営者向け」「一般ビジネスマン向け」「主婦向け」…

 

どのターゲットに向かって、どんなイメージを持っていただく必要があるのか。

 

 

 

それを著者や編集者と一緒に考え、実際にプロのカメラマンさんと一緒に表紙を飾る

究極の1枚を生み出すまでのことを日々されています。

 

 

 

そんな稲垣さんから

 

誰でも明日から、簡単にできる

イメージの創り方、見(魅)せ方を教わりましょう

 

 

 

■講師 プロフィール

 

稲垣麻由美(いながき・まゆみ)

株式会社一凛堂 代表取締役

ブランディングプロデューサー・エッセイスト(文筆家)

 

ライター・編集者として、成功者と呼ばれる人達を多数インタビューしてきた経験から、「成功者(自らの目的を達成した人)」ほど、自分の魅せ方を知っている」という共通点に気付き、海外の事例も含めイメージブランディングについて学ぶ。

現在は出版の企画プロデュース、執筆の活動と並行し、政治家・ビジネス書著者・経営者を主なクライアントとしたブランディング事業を展開。「伝わる『言葉』」と「伝える『見せ方』」の掛け算でクライアントの魅力を発信。神戸出身。

著書に『戦地で生きる支えとなった115通の恋文』(扶桑社)『悩みをつくらない心に心質改善』(内外出版・共著)

http://ichirindou.com

 

 

 

 

城村典子(じょうむら・ふみこ)

書籍編集者/「私が著者になる授業」講師

株式会社 ジェイ・ディスカバー 代表取締役

青山学院大学「出版ジャーナリズム」非常勤講師

講談社、新風舎、KADOKAWAなどに勤務。編集者、編集長、事業立ち上げなどの業務を経験のち独立。

世界クルーズの豪華客船で、自分史・エッセイ講座などの講師を行う他、各種出版セミナー、パーソナル・ブランディングの講演も行う。

淑徳大学社会人オープン講座の自分史の講師を担当

 

《担当書籍例》

佐藤康行 「過去は自由に変えられる! マジックミラーの法則」

田口智隆 「なぜ、賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?」

尾崎弘之「『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学」

清水康一朗/セミナーズ編集部「一瞬で自分を変える言葉 アンソニー・ロビンズ名言集」など

 

 

 

■日時

2016年4月28日(火) 19:00~21:00(受付18:45~開始)

勉強会終了後に懇親会を予定(食事代実費)

 

 

 

■場所

studio-J:東京都杉並区高円寺南4-26-5 YSビル3階

JR中央線高円寺駅南口改札から徒歩2分です。

 

 

■定員:10名(定員に達しましたら〆切ります)

 

 

■主催 Jディスカヴァー

 

 

■参加費:4000円(会員の方は3000円)

セミナー終了後、懇親会(有志参加、別途実費)予定しています。

 

 

■キャンセルポリシーについて

イベント・セミナーお申込み後のキャンセルはお受けしておりません。

参加者のやむを得ない事情によりキャンセルを希望される場合、

以下の規定に基づきキャンセル料が発生します。

※参加費のみの場合
・当日...全額(参加費)100%
・前日...参加費の 50%から手数料を引いた金額を返却・前々日以前...参加費から手数料を引いた金額を返却

 

 


企画登録会へのご登録がまだの方は、下記をご覧ください
http://www.reservestock.jp/events/MDI1OWJiNGMzO
 資料をご希望の方は
  info@jdiscover.jp まで、企画登録会の資料希望と
  ご連絡ください。

118209_104532_スクリーンショット 2016-01-14 22
118209_jyou2
開催日時
2016年4月28日(木)
開場 18:45
開始 19:00
終了 21:00
場所 杉並区高円寺4-26-5

参加費
「出版後の反響が全く違う、自分の魅せ方セミナー」参加費 一般
4,000円
「出版後の反響が全く違う、自分の魅せ方セミナー」参加費 会員
3,000円

一般 4000円

会員 3000円
(勉強会後の交流会は、近隣の居酒屋で開催したいと思います。飲食代実費)

定員 10  名
申込受付期間2016/4/ 8(金) 11:25 ~ 2016/4/28(木) 18:45まで
主催者城村典子  
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert_s
代表取締役

城村典子

Mission
本を出版したい、著者になりたい人のためのアドバイス。成功する出版のための有益な情報をお伝えします
Senmon
出版 著者 本 執筆 

書籍編集者
青山学院大学非常勤講師(出版ジャーナリズム)
株式会社Jディスカヴァー 代表取締役
スプリングインク株式会社 代表取締役

講談社、角川学芸出版などの出版社に勤務した後、2012年に独立。書籍編集、角川フォレストレーベル立ち上げと編集長などの業務のほか、事業部の立ち上げ、出版社創設など、出版事業全般に渡る業務を30年経験。

2014年に株式会社Jディスカヴァー設立。出版セミナー、勉強会などをスタート。毎月セミナー等のイベントを開催。

2015年学研アクセラレーター(ベンチャー企業支援プログラム)において「著者育成事業」が評価され、優秀賞を受賞。2016年5月より、学研とのコラボ出版セミナーを開催。
2018年、第1回絵本出版賞開催

  fumiko-jomura
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock