Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
プロダクトデザイナーを志望する学生のための!
就活用ポートフォリオ講習会
たった3作品で採用担当者の記憶に残すポートフォリオのつくり方
このような方にオススメ
デザインを学ぶ大学生、大学院生、専門学校生
期待できる効果
メーカー企業の採用担当者の心を動かし、作品面接を通過するためのポートフォリオのつくり方がわかります。
才能を仕事にして自分らしく活躍する人を増やす。
 
 
FINDYOU COMPANY ビリーフチェンジ専門コーチ
北村卓也
才能を仕事にして自分らしく活躍する人を増やす。
 
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ

石川県野々市市生まれ。東京都大田区在住。
大学でデザインを学び、プロダクトデザイナーとしてコクヨ(株)に入社。オフィス家具のデザインと商品企画に取り組み、10年間で20シリーズの新商品を世に送り出し、累計87.5億円の売上を上げる。

入社5年目、29歳の時に、長時間勤務から脱却できない苦しさと、センス溢れる先輩との差を痛感した出来事から、デザイナーとしての自分に限界を感じ始める。

同時に、自分の限界を認めたくない気持ちがあり、その葛藤から、5年間で680万円の自己投資を行って演劇やメンタルトレーニングを学び、自分の殻を破って潜在能力を発揮する方法を身につける。

仕事での成果は高まったが、仕事を頑張れば頑張るほど、社内で次の目標を見つけるのが難しくなり、モチベーションが上がらなくなるという苦しさを体験する。最後には、好きだったはずの仕事を続けることに疑問が生まれ、進むべき方向を見失ってしまう。

そんな時に出会った、自分史を書いて自分の中から才能のタネを見つけるメソッドによって、「家具作りではなく、コミュニケーションをビジネスにして、働く人・学ぶ人を応援したい」というビジョンが初めて言葉になり、2015年に独立起業する。

現在に至るまで、自分と同じように、好きだったはずの仕事を続けることに疑問を感じた人が、自分の力を存分に発揮できると自分が信じられる才能のタネを見つけて、それを仕事にするためのプログラムを提供し、才能を開花させて仕事で活躍する個人を多数育成している。

愚直な実践経験をもとに体系化された、行動のブレーキとなる思い込みを手放しながら、才能のタネを見つけて開花させていくメソッドは、新入社員からベテラン社員まで、経験や職種を問わず有効なメソッドとして、その再現性の高さに定評がある。
 

 

開催日時
2016年4月23日(土)
開場 13:15
開始 13:30
終了 16:30
場所 大崎ブライトコア4F 品川区立品川産業支援交流施設 SHIP 第2会議室
品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

 

3,000円(税込)

 

支払方法
事前の銀行振込をお願いいたします。
振込手数料はご負担ください。
 
<キャンセルチャージ>
2日前まで・・・0%
前日・・・50%
当日・・・100%
定員 10  名
申込受付期間2016/3/16(水) 12:00 ~ 2016/4/18(月) 12:00まで
主催者北村 卓也
 
 
 
 
Profile
ビリーフチェンジ専門コーチ

北村卓也

Mission
才能を仕事にして自分らしく活躍する人を増やす。
Senmon
才能のタネを見つける 才能を開花させる 才能を仕事にする 自分史の振り返り コーチング

銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ

石川県野々市市生まれ。東京都大田区在住。 大学でデザインを学び、プロダクトデザイナーとしてコクヨ(株)に入社。オフィス家具のデザインと商品企画に取り組み、10年間で20シリーズの新商品を世に送り出し、累計87.5億円の売上を上げる。

入社5年目、29歳の時に、長時間勤務から脱却できない苦しさと、センス溢れる先輩との差を痛感した出来事から、デザイナーとしての自分に限界を感じ始める。

同時に、自分の限界を認めたくない気持ちがあり、その葛藤から、5年間で680万円の自己投資を行って演劇やメンタルトレーニングを学び、自分の殻を破って潜在能力を発揮する方法を身につける。

仕事での成果は高まったが、仕事を頑張れば頑張るほど、社内で次の目標を見つけるのが難しくなり、モチベーションが上がらなくなるという苦しさを体験する。最後には、好きだったはずの仕事を続けることに疑問が生まれ、進むべき方向を見失ってしまう。

そんな時に出会った、自分史を書いて自分の中から才能のタネを見つけるメソッドによって、「家具作りではなく、コミュニケーションをビジネスにして、働く人・学ぶ人を応援したい」というビジョンが初めて言葉になり、2015年に独立起業する。

現在に至るまで、自分と同じように、好きだったはずの仕事を続けることに疑問を感じた人が、自分の力を存分に発揮できると自分が信じられる才能のタネを見つけて、それを仕事にするためのプログラムを提供し、才能を開花させて仕事で活躍する個人を多数育成している。

愚直な実践経験をもとに体系化された、行動のブレーキとなる思い込みを手放しながら、才能のタネを見つけて開花させていくメソッドは、新入社員からベテラン社員まで、経験や職種を問わず有効なメソッドとして、その再現性の高さに定評がある。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock