Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
相手の力に火をつけて、スムーズな変化を作る!ソリューションフォーカス1dayセミナー
セッションの効果が飛躍的に高まる秘訣
このような方にオススメ
コーチ・カウンセラー・コンサルタント・相談業務に携わる方
期待できる効果
深刻なテーマも楽に聞ける。セッション時間が短くなる。
112873_c851fcd6824e49870cbf9fbbec5625b8_s
自分らしく生きる人を増やして、平和を世界に広げる。
Professional_s
 
 
株式会社Tomoni コーチ・ファシリテーター
ひろ(西田博明)
自分らしく生きる人を増やして、平和を世界に広げる。
 
チームフロー認定メンタルコーチ
国連平和大学(コスタリカ)修士
厚生労働省認定 公認心理師

大阪成蹊大学非常勤講師(キャリア)
スイス最大のコーチ養成機関“Solutionsurfers”に招待され、現地にてワークショップ開催
内閣府「シップ・フォー・ワールド・ユース」ファシリテーションなど、国内外で評価を得ている。
9か国でのワークショップを含め、プロのコーチ・カウンセラー向けの上級トレーニングも手がけている。
大阪出身。
小中学校で落ちこぼれ、疎外感を味わう。

高校時代にノルウェーに留学。
帰国直後の9.11同時多発テロをキッカケに、人が国や文化の違いを超えて、 お互いを理解し、協力しあえる道を模索し始める。

2008年国際基督教大学(ICU)に入学。
在学中に姉を亡くし、そこからセラピーやカウンセリングを学び始める。 チリへの留学を経て卒業。 ベンチャー企業で人材関連事業の立ち上げに従事するなかで、 コーチングに出会う。

2008年株式会社Tomoniを設立、プロコーチとして活動を開始。

2013年にコスタリカの国連平和大学に留学。
50カ国以上の学生とともに、平和について、 そして自分が世界とどう関わっていくのかについて探究し、 コーチングの可能性を再認識する。

帰国後にコーチ活動を再開。
人生の転換期に直面した経営者やフリーランサーにコーチングを提供する傍ら、「コーチを育てるコーチ」として、国内外でコーチ育成にも貢献。

9カ国でのワークショップ実施を含め、海外滞在は40か国以上。

近年は、コーチングの枠を超えても活動。 伝統工芸の新ブランド立ち上げなども手掛けている。

日本社会特有の常識や思い込みに縛られず、 多角的で自由な質問で本質に光を当てる。
目の前の人の歩いてきた道、未来への願い、 本人も気づいていないこだわりや特徴、 つまり『人生の物語』が大好物  目の前の5年後10年後の姿をに意識を向け、 今を伴走する。

幼少期は泥団子づくり、小学校では図画工作、中学校からSF小説、 大人になってからアニメと漫画も好きになる。
おすすめは、「鋼の錬金術師」「風の谷のナウシカ漫画版」「アイの物語」。 苦手科目は算数で、得意なのは自腹を切らずに海外に行くこと(笑)。
 
勇気があればなんでも出来る!
Professional_s
 
 
ヒーローズサポート株式会社 プロメンタルコーチ
山之上雄一
勇気があればなんでも出来る!
 
●ヒーローズサポート株式会社 代表取締役
●チームフロー認定プロコーチ
●米国NLP(実践心理学)協会認定NLPトレーナー
●心理カウンセラー
幼い頃から大人になるまで将来の夢、なりたい姿を考える事すらなく、
何かをやりぬいた事がない、自分の道を自分で選んだ事が無い、だから自信が無い、そんな自分が嫌いでした。

就職した会社で興した新規事業が年商約20億を超えるまで成長し、役員に就任。

事業の急成長に人材の育成が間に合わず、
様々な部下との関わり、上司との価値観の違いに挫折し、
自身のモチベーションを保てなくなり様々な心理学や能力開発を学びはじめる。

普段、気づかずにとっている行動や言動、表情で自分が周りに与えている影響に気付き、コミュニケーションを変えることで、部下や上司とお互いに尊敬し合える関係性を構築。

結果、部下が自主的に動いてくれるようになったおかげで、自分の時間もでき、業績も上がる。

人の成長に関わりたい!

プロコーチとして独立し、のべ7000人以上へのコーチングセッション。
常時60人以上のクライアント様に恵まれる様になる。

人が幸せになる為の哲学。
「アドラー心理学」を土台とし
モチベーション、意思決定、人間関係、目標設定、心の切り替え方などを
個人、組織のパフォーマンスを上げる為のコーチングや研修など行っています。

現在、
プロサッカー選手、格闘家、ダンサーなどのアスリート
経営者、起業家、マネージャーなどビジネスパーソン
医師や看護師、教師など様々ジャンルのクライエントをサポート。

楽しみながら結果がでると好評を頂いています!

あなたは絶対に変われる☆

あなたらしく、本当に生きたい人生を送る。
その為に
仕事、キャリア、恋愛、人間関係など
人生のどの分野でもコーチングでサポートしています!!

現在、専門誌 看護管理にて勝原裕美子さんと
「明日を変えるコーチング」連載中
 

コーチ、カウンセラー

コンサルタント

対人援助、相談業務など

 

人やチームと向き合う仕事をされている方へ

 

□こっちが一生懸命やってるのに、クライアントが抵抗する・・・
□どれだけ頑張って解決策を見つけても、相手が実行しない!
□相手の相談が重いと・・・こっちまで疲れてしまう・・・
□自分が経験していない分野に対して、有効な働きかけができない
□こっちがどれだけ本気でアドバイスしても、相手が変わらない!
□扱うテーマに得意・苦手があって、できるサポートの幅が限られている。
□クライアントさんの話を聞きすぎる。セッションに時間がかかってしまう。
□深刻なテーマがでてくると不安になる。
□自分の経験に自信がある!なのに相手は、こちらの提案を実行しない・・・
□なんだか、ムリヤリ相手を引っ張っていっている気がする。もっと相手を信頼したいなぁ。
□熱い思いがある!だけど時々、相手が引いてしまう・・・

こんなこと、ありませんか?
もしそうだとしたら・・・
今まで頑張ってきたあなただからこそ、
努力も経験も、人一倍積み重ねてきたあなただからこそ、

『力を抜く』ことを、
試してみるタイミングかもしれません。

 

「力を抜く」なんて、
なんだかおかしい感じがするかもしれません。


だけど・・・支援者がやるべきことは、
『本人(相手)が考え、行動を起こす』サポートをすることです。


こちらが頑張ることで、火がつく相手もいれば、
こちらが頑張るからこそ、頑張れなくなってしまう人もいる。
だから、こちらが『力を抜く』ことで、
相手に頑張り始めてもらう・・・
そんな方法も、身につけておきたいんです。
そう、『力を抜く』は、
とても高度なスキルです。


そう、トップアスリートや武道家の身体が、
実はふわふわに、脱力しているように・・・
『力を抜く』ためには、
どこに力を働かせるべきかを、
知っている必要があります。


『力を抜く』ためには、
確固たる理論と、スキルと、哲学が必要です。
『力を抜く』ためには、
クライアントさんへの、より深いレベルでの信頼が必要です。
『力を抜く』ためには、
変化のコツを、つかんでいる必要が在ります。
もしも『力を抜く』ことで・・・
短時間で、クライアントさんにいい変化が生まれはじめたら・・・
深刻なテーマでも、自分にもクライアントさんにも楽で負担がかからないサポートができたら・・・
クライアントさんが、自分からどんどん動き出したら・・・
あなたはさらにリラックスして成果を出し、
なたはさらに、自信を持っていろんなクライアントさんにかかわり、
あなたはさらに、あなたらしく、あなたの人生を楽しみ始めるかも知れません。
講師は、20代からコーチ/講師として独立し、
起業家、経営者、アーティスト
10カ国からのエリート集団、
外資系、40代のバリバリ営業チーム
など、
本人よりもはるかに経験の長いクライアントに対して、
コーチングや研修を提供し続け、
高い評価を得ている、西田博明さん。
本人曰く、
「海千山千のお客さん相手でも、
 こちらが力を抜いてるからこそ、
 炎上もせずに何とかなるんです」
とのこと。
1日かけて、
ソリューションフォーカスと言う手法に基づいて、
楽に、シンプルに、変化を起こすための哲学と手法を、
ぎゅぎゅっと体験的に学ぶ時間になります!


【セミナーの内容】
□変化の秘訣、3つの原則と、7つのツール
□レバレッジポイントをあぶりだす"positive deviance"質問
□Danceing in the moment(瞬間瞬間にダンスする) を体感する。
□問題分析を超えた、解決構築とは
□こちらに経験のない問題への解決策を作り出す
□クライアントさんにも自分にも負担をかけないセッションの進めかた
「コーチとしての幅を広げるために、1日で源流に近いSFAを身につけて実践できるようになりたい!」
とのとんでもない要望をスペシャルな講師に依頼したところ、快く引き受けてくれました!
講師 西田 博明さんは、こんな人です。
*** 講師 西田 博明 プロフィール***
ベンチャー企業での事業立ち上げを経験した後、2008年に株式会社おもしろい研修を設立。コーチングと研修を通して、人と人とが違いを超えて分かり合い、ともに未来をつくるための技術を国内外に伝えている。
2014年、世界国連平和大学院の修士プログラムのためにフィリピン・コスタリカに留学。様々な平和構築や社会問題への取り組について学んできた。 大学院卒業・帰国後は内閣府「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」のファシリテーターを務めるなど、国内外の若者の育成にも力を注いでいる。
ソリューションフォーカスとは、2008年の独立直後に衝撃的な出会いをした。その後世界各地に出向き、様々な実践化からソリューションフォーカスの技法と魂を学んできた。スイス最大のコーチ養成機関Solutionsurfersに招待され、東洋の哲学や実践とソリューション・フォーカスを組み合わせた”Coaching in Motion"を実施。これ以外にも、6カ国にてソリューションフォーカスを基にした研修を実施、約30カ国の参加者から高い評価を得ている。
セミナー実績: スイスSolutionsufrfers ”Coaching in Motion"セミナー 内閣府「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」社会起業家精神コース 韓国コーチング心理学会およびブリーフセラピー協会「ソリューション・フォーカスト・コーチング」体験学習担当 国連平和大学「Art of Moving Forward」
ほか、外資系大手企業、病院、大学、NPOなどでの研修多数。
【訳書】 「簡単でシンプルなコーチング~解決志向ブリーフ・コーチングの本質」 ピーター・ザーボ/ダニエル・マイヤー著 (青木安輝監訳) 「学校で活かすいじめへの解決志向プログラム-集団の力を引き出す実践方法」スー・ヤング著  (黒沢幸子監訳)
****西田さんからメッセージ*****
思いっきり体験的で、 気がついたらできるようになっちゃってる、 体にソリューションフォーカスを刷り込むようなプログラムを、 用意しています!
コーチ・コンサルタントや、マネージャなど、 人の相談を受けたり、変化をサポートするお仕事の方。
ぜひぜひ一緒に、 簡単でパワフルなサポート技術を、身につけましょう!
****参加者の声*****
普段ちゃんとやれてなかったかなと振り返るいい機会になりました。スケーリングの効果実感。(FYさん)
”楽になる”技を見た感じですね!(KSさん)
クライアントの気持ちの理解ができた。ソリューションフォーカス・リフレクティングのワークが面白かった。(YNさん)
など、とてもためになったとの声多数。
******************



【ソリューションフォーカスって?】 (歴史) ・1980年半ば、米国のインス―・キム・バーグとスティーブ・ディ・シェイザーによりカウンセリング手法として開発される。  100回以上の面談を必要とする一般のカウンセリングと比べ、  2~3回という短期間でクライアントに有用な変化が現れるという飛躍的な結果を達成。 ・1990年代よりビジネスコーチングの中にも取り入れられ始める。 ・2002年、SF実践者による国際大会(SOL)にて、組織へのコンサルティング、業務改善プロジェクトでの成果が報告される。 ・2007年、アジア初の事例報告がSOLにて行われる。テーマは㈱ソリューションフォーカスコンサルティングによる  キャノンファインテック社の風土改善プロジェクト。
(特徴) 問題ではなく、解決に焦点を合わせた考え方でコミュニケーションを行うため、 関係者の主体的な協力を得ることができる。 理念・テクニックが簡潔で、短期間で習得し成果を出すことができる。 会社組織やコミュニティなど、人の関わる分野において絶大な効果を発揮する。

開催日時
2016年3月19日(土)
開場 9:30
開始 10:00
終了 17:00
場所 南船場会館 3階
大阪府大阪市中央区南船場3-7-12
参加費

一般 19800円
チームフロー卒業(在学生)15000円
山之上・西田の継続クライアント様 10000円

支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込(事前)

定員 20  名 【残 8 席】
申込受付期間2016/3/ 8(火) 11:00 ~ 2016/3/19(土) 09:30まで
主催者山之上雄一
 
 
 
 
Profile
Professional_s
コーチ・ファシリテーター

ひろ(西田博明)

Mission
自分らしく生きる人を増やして、平和を世界に広げる。
Senmon
コーチング、チームビルディング、ファシリテーション

チームフロー認定メンタルコーチ
国連平和大学(コスタリカ)修士
厚生労働省認定 公認心理師

大阪成蹊大学非常勤講師(キャリア)
スイス最大のコーチ養成機関“Solutionsurfers”に招待され、現地にてワークショップ開催
内閣府「シップ・フォー・ワールド・ユース」ファシリテーションなど、国内外で評価を得ている。
9か国でのワークショップを含め、プロのコーチ・カウンセラー向けの上級トレーニングも手がけている。 大阪出身。
小中学校で落ちこぼれ、疎外感を味わう。

高校時代にノルウェーに留学。
帰国直後の9.11同時多発テロをキッカケに、人が国や文化の違いを超えて、 お互いを理解し、協力しあえる道を模索し始める。

2008年国際基督教大学(ICU)に入学。
在学中に姉を亡くし、そこからセラピーやカウンセリングを学び始める。 チリへの留学を経て卒業。 ベンチャー企業で人材関連事業の立ち上げに従事するなかで、 コーチングに出会う。

2008年株式会社Tomoniを設立、プロコーチとして活動を開始。

2013年にコスタリカの国連平和大学に留学。
50カ国以上の学生とともに、平和について、 そして自分が世界とどう関わっていくのかについて探究し、 コーチングの可能性を再認識する。

帰国後にコーチ活動を再開。
人生の転換期に直面した経営者やフリーランサーにコーチングを提供する傍ら、「コーチを育てるコーチ」として、国内外でコーチ育成にも貢献。

9カ国でのワークショップ実施を含め、海外滞在は40か国以上。

近年は、コーチングの枠を超えても活動。 伝統工芸の新ブランド立ち上げなども手掛けている。

日本社会特有の常識や思い込みに縛られず、 多角的で自由な質問で本質に光を当てる。
目の前の人の歩いてきた道、未来への願い、 本人も気づいていないこだわりや特徴、 つまり『人生の物語』が大好物  目の前の5年後10年後の姿をに意識を向け、 今を伴走する。

幼少期は泥団子づくり、小学校では図画工作、中学校からSF小説、 大人になってからアニメと漫画も好きになる。
おすすめは、「鋼の錬金術師」「風の谷のナウシカ漫画版」「アイの物語」。 苦手科目は算数で、得意なのは自腹を切らずに海外に行くこと(笑)。

  hiroaki-nishida
B_facebook
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock