5/15(日)古神道

巫女巫師講座

神折符編その1

106823_2014-04-05 11
106823_2012-12-13 15
106823_2012-10-14 11
106823_2014-04-05 12
106823_2014-04-05 11
106823_2012-12-13 15
106823_2012-10-14 11
106823_2014-04-05 12

~古代巫女巫師の祈り~

このような方におすすめ

商売繁盛、良縁成就、心願成就、われの願いをかなえたい人

期待できる効果

宮中祭祀とも関係する古神道における最高最奥の秘事を体感できます。

受付は2016年5月15日(日)00:15 までです。

5/15(日)古神道 巫女巫師講座 神折符編その1

いよいよ神社の巫女ですらあまり知ることが出来ない、

古代の日本で秘儀として、

秘伝の中、

言い伝えだけで伝えられてきた、

巫女の神折符


その積み上げ講座が始まります。
途中参加はできないので、興味のある方はぜひぜひご参加くださいませ。



古神道 巫女巫師講座 神折符編


その1




儒教,仏教,道教などが日本に伝来する前から存在していた、


我が国固有の、純粋なる祈りの道


それが、神折符



「神折符」とは、ただ一枚の清浄なる和紙を、折り、包み、結ぶ ことにより、宇宙発生、万物生成の過程を追体験し、 神界とのコンタクトの道を繋ぎ、自分自身を整え。神我一体の境地を悟っていく、祈りの行です。


古代巫女(シャーマン)の倭姫を始めとする斎宮の方々も、宇宙の 秘儀へと参入し、神界と現界を自在に往来したと伝えられています。



宮中祭祀とも関係する古神道における最高最奥の秘事と言われている「神折符」を三回シリーズでお伝えいたします。


☆神折符の起源については、天の岩戸開きの時とも、天孫降臨のときとも言われていますが伊勢神宮の斎宮の秘儀として、これまで非公開でした。

この秘儀は、全くの口伝で一世代につき僅か数人の選ばれた修道士にのみ伝えられています。


1回目  

神折の真髄とは

・清め包みの秘法

・護身符(厄災、霊障などから身を護る)

・三剣符 (強力なエネルギーにより禍ごと、災いを祓う)


2回目(一回目修了者のみ参加可能) 

・宇宙と響き合う折符

・招福符

・降守護霊符

  (守護の存在を降ろし、チャネルの回路をさらに開く

3回目(二回目終了者のみ参加可能)

・祓い符

・願望成就符

・鎮魂符

 (鎮魂の奥義を伝授。

    真我,ハイヤーセルフとの深い一体化)

 

・神聖なる場を創るための秘言、秘印の伝授、

 その他、自分を整えるための秘言、秘印のいくつかを

 合わせてお伝えいたします。


☆☆今回は上記の一回目の開催となります。

受付は2016年5月15日(日)00:15 までです。

主催者

古神道

いにしえから続く日本の古神道行法を伝えていきたい
Professional_s

いにしえから続く日本の古神道行法を伝えていきたい

様々な古神道のワークを主宰しております。京都から矢加部先生に来て頂き、魂の美しさ、尊さを勉強中です。

開催要項

開催日時
2016年5月15日(日)
開始 9:30
終了 12:00
場所

参加者にお伝えいたします(目黒区近辺)

参加費

クレジットカード支払い  10,500 円

キャンセルポリシー


受講料 1万円

お支払方法
定員

8 名

【満員御礼】

申込受付期間

2016/2/ 6(土) 19:16  ~ 2016/5/15(日) 00:15まで

主催者

古神道 加藤歩

お問い合わせ先

古神道 加藤

お問い合わせ先電話番号

090-3549-2282

お問い合わせ先メールアドレス

iyasaka.kato@gmail.com

受付は2016年5月15日(日)00:15 までです。
smtp08