10413_mmfmyme5ngyxnwfhyzzjnti5njq0nme0ywyxntqzn2q
9642_img_50952
Expert

PROFILE

病気の根本治療を25年間追求した結果、トラウマセラピストに転身した産婦人科医

産婦人科医 IFS Level 2 セラピスト

佐久間智子

2024年3月、内的家族システム(IFS)の創始者リチャード・C・シュワルツ博士の世界的ベストセラー「No Bad Parts」を、後藤ゆうこ・剛夫妻とともに翻訳出版。

 『「悪い私」はいない 内的家族システムモデル(IFS)による全体性の回復』(日本能率協会マネジメントセンター刊)

 

 

 1994(平成6)年杏林大学医学部卒、東北大学大学院医学系研究科博士課程在学中。日本産科婦人科学会専門医。日本心身医学会/日本心療内科学会/日本トラウマティック・ストレス学会会員。

 産婦人科医として大学病院等で勤務の後、鍼灸の研修を経て、2003年(平成15年)に都内に開業。

 開業医の父の影響で病気の根本原因と根本治療を探求し、東洋医学、分子栄養学、機能性医療などに従事する中で、心と身体の関連の重要性に気づく。

 キネシオロジーの経験を経て、トラウマセラピストに転身。

 トラウマと心身の病気との関連の追求と普及のため、大学院に入学し、2024年現在は研究とIFS(セミナーと個人セッション)の二足のわらじで活動中。

 

 2015年 インテグレートヒーリング(IH)プラクティショナー

 2019年 ブレインスポッティング(BSP)Phase 1・2 トレーニング修了

 2019年 ホログラフィートークベーシック修了

 2019年 内的家族システム(IFS)公式Level 1 トレーニング修了

 2020年 内的家族システム(IFS)公式Level 2 トレーニング修了

 2022年 ソマティック・エクスペリエンシング®️(SE)中級修了

smtp06