1437_owzjzjjinjlkodi5n
5860_img_5630プロフィール写真
Expert_s

PROFILE

レムリアの叡智で、内なる女神の目覚め、魂の願いを叶え、魂の輝きを見つける。

女神のスピリチュアルセラピスト

稲葉英子

20代後半、出会ったオーラソーマ。 スピリチュアルなことに触れた入口でした。   

そして、なぜか惹かれたイルカ。ハワイ島で初めて野生のイルカと泳いだ時、真実を生きることへの扉が開き、目覚めのきっかけとなりました。

2010年12月よりヒーリング&セラピーManai’aを主宰し、レムリアンヒーリングを中心に様々なワークショップ、養成講座、セッションを提供している。 

レムリアンヒーリング®養成講座では、7年で約200名以上の方を認定プラクテショナーとして養成。

パーソナルにレベルに応じて教えることをモットーとし少人数開催をしている。

また、養成講座後も練習会や個別のフォロー講座開催等、ヒーリングテクニックを教えるだけでなく、出来るまで個別に丁寧にフォローしている。

2014年、レムリアンプリ―ステス(女神官)TM認定となり、女神と1つとなり、自分の内なる女神を開くサポートをする様々なワークショップを開催。

2015年より、古代マオリ族の叡智~ニュージーランドフラワーエッセンス認定講座を関西コーディネーターとしてオーガナイズ開始。

自身もニュージラーンドフラワーエッセンス認定プラクテショナーとなり、セッションを開始する。

2017年より、ハワイ、オーストラリアで、自分らしい輝きを取り戻し、本来の自分に還る旅〜魂が喜ぶ Inner Journeyをコンセプトに年数回、開催している。

2018年より、完全マンツーマンのチャネリング認定講座を開催。講座生の多くがプロのチャネリングセラピストとして活動している。

2019年より内なる女神と1つなる女神講座を開催。アセンションライトワーカーとして覚醒するサポートをしている。

    

保有資格等
レムリアンヒーリング®認定マスター2プラクテショナー

レムリアンヒーリング®認定マスター1ティーチャー

レムリアンプリーステスTM

AIAHS(米国アロマテラピー&ハ―バルスタディー研究所)認定アロマテラピスト

ニュージランドフラワーエッセンス認定プラクテショナー

プロフィール

20代後半、出会ったオーラソーマ。 スピリチュアルなことに触れた入口でした。   
そして、なぜか惹かれたイルカ。ハワイ島で初めて野生のイルカと泳いだ時、真実を生きることへの扉が開き、目覚めのきっかけとなりました。

2010年12月よりヒーリング&セラピーManai’aを主宰し、レムリアンヒーリングを中心に様々なワークショップ、養成講座、セッションを提供している。 
レムリアンヒーリング®養成講座では、7年で約200名以上の方を認定プラクテショナーとして養成。
パーソナルにレベルに応じて教えることをモットーとし少人数開催をしている。
また、養成講座後も練習会や個別のフォロー講座開催等、ヒーリングテクニックを教えるだけでなく、出来るまで個別に丁寧にフォローしている。

2014年、レムリアンプリ―ステス(女神官)TM認定となり、女神と1つとなり、自分の内なる女神を開くサポートをする様々なワークショップを開催。
2015年より、古代マオリ族の叡智~ニュージーランドフラワーエッセンス認定講座を関西コーディネーターとしてオーガナイズ開始。
自身もニュージラーンドフラワーエッセンス認定プラクテショナーとなり、セッションを開始する。

2017年より、ハワイ、オーストラリアで、自分らしい輝きを取り戻し、本来の自分に還る旅〜魂が喜ぶ Inner Journeyをコンセプトに年数回、開催している。

2018年より、完全マンツーマンのチャネリング認定講座を開催。講座生の多くがプロのチャネリングセラピストとして活動している。

2019年より内なる女神と1つなる女神講座を開催。アセンションライトワーカーとして覚醒するサポートをしている。

    






どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる