18_zjc1ytixy2vhnwyzo
50601_zgfjntfhm2uxndu3mdmxotczmdy3ymmymgrjzjqwzmy
Expert

PROFILE

本音で助け合える仲の良い夫婦・パートナーを増やし、子ども達に安心な家庭を作るサポートを一緒にしませんか?

中島 由子

公認心理師

 NPO法人こころサポート

 リエゾンちょうふ代表

 

 

 「馬トラ病」と私

 

 私は、東京都調布市で『ⅮⅤ加害者更生教育プログラム』を行っています。

 

 この仕事を始めたきっかけは、25歳のときにアルコール依存症専門の病院に両親の不仲を相談したことでした。そこで家族療法を受け、心理学を学びました。

 

 それと並行して子どもの支援(CAP有償ボランティア)の活動を2002年から16年間行い、小学校で子どもたちに「暴力から身を守る方法」を教えてきました。子どもたちからの相談は、「いじめ」、「両親の不仲」などが年々増えていきました。

 

 ある日、一人の子どもに相談されました。

 

 「CAPのおばさん、ぼくね、馬トラ病なんだ。」

 「馬トラ病?」

 「うん、出ていったお母さんのことを考えると胸がすごく痛くて涙がでそうになるの。」

 

 (トラウマのことだ)と理解した私はその子に言いました。

 

 「泣いていいんだよ。我慢しなくていい。つらい時は何度でも大人に話して聞いてもらおうね。」

 

 と言い、こみ上げてくる涙を抑えるのに大変でした。

 

 子どもの目の前で行われるⅮⅤは「面前ⅮⅤ」といい、子どもに直接暴力を振るう場合と同様「子どもへの虐待」であり、子どもの脳(前頭葉)が委縮するという研究結果があります。現在は研究も進み後頭葉にも影響が出るとあります。あらゆるⅮⅤの最大の被害者は「子ども」です。

 

 この体験から、子どもを守るためにも「親の不仲を何とかしないといけない」と考え、『ⅮⅤ加害者更生教育プログラム』の活動を始めました。

 

 

 【著書のご案内】

 

 『家庭におもてなしをもちこむな ーモラハラ・毒親で悩むあなたにDV 加害者更生プログラムからの提言!』ペンネーム:中島 風香

 (https://amzn.asia/d/cuROOfc)

 

 

 その他詳細はこちらをご覧ください。

 ⇒ https://liaison-chofu-a.com/profile/index.html

・公認心理師
・一般社団法人 メンタルヘルス協会認定 心理カウンセラー(メンタルヘルス上級心理カウンセラー)
・全日本カウンセリング協会認定カウンセラー
・日本クリエイティブ・セラピスト協会認定セラピスト
・CAP子どもへの暴力防止プログラムスペシャリスト
・アウェア認定デートⅮⅤファシリテーター
・アドラー心理学STEP親教育プログラムリーダー
・日本教育カウンセリング協会認定教育カウンセラー中級
・交流分析協会認定 交流分析インストラクター、
・交流分析士1級
・TA心理カウンセラー
smtp06