64705_nzhjmmvjotbkzjfknmjmzmvlmjmzmzkxnjhkmwm2ytq
49371_nwyxy2u1mjc4zdawyziwzjq4zmy3zdziyzc2zgu1mdm
Professional

PROFILE

古代の知識を現代に適応させ、深遠な真理を伝え、現代社会に新しい視点を提供すること。その活動は、文化の継承と共に、人々の内面の豊かさを追求するものです。

天道仁聞

天道仁聞さんは、千葉県安房の国、館山市出身の研究者であり、現代に古代の知識を伝えるための活動を行っています。彼の人生は、常に探求と学びの旅であり、東京や神奈川を経て、2015年から大分県国東半島の美しい自然と古代の痕跡に囲まれて生活を始めました。

 

 国東半島の地で、彼は失われた文明の鍵である磐座に強く惹かれ、その磐座を中心にした写真集『空から見た日本の磐座: 人類前史の痕跡 失われた文明の鍵は日本の磐座にあった。』を出版しました。その後、吉野信子オンラインカタカムナ学校と天野成美縄文カタカムナ文化塾を立ち上げるなど、教育活動も積極的に行っています。

 

 天道さん自身が研究を深める中で、稲荷古伝の言霊とカタカムナの結びつきに気づき、これを基に『カタカムナを稲荷の言霊で読み解く~フトマニと火水の超法則が明かすアカシックレーコドと宇宙樹の秘密』を出版。この著書は多くの読者から高い評価を受けています。

 

 彼のYouTubeチャンネル「猿田彦TV」では、これらの研究や知識を広く一般に伝える活動を行っています。縄文カタカムナ文化塾事務局長としての役割の中で、楢崎皐月や宇野多美恵からカタカムナを継承し、独自の研究を重ねています。出口王仁三郎や岡本天明も師事していた水穂伝、布斗麻邇御靈(フトマニノミタマ)、稲荷古伝の知識を持ち、これらの古代の知識を現代に伝えるための活動を続けています。彼の研究と活動は、古代の知識を継承し、それを現代の人々に伝えることに重点を置いています。

smtp06