56619_banner_image
45314_a16780fd-5fae-472c-9477-1e38a715fa22
Professional

PROFILE

皆さんと一緒に素敵な未来を創造し、 豊かな人生を叶えるサポートをします。

パーソナル コーチ

吉見 涼

お越しいただきありがとうございます。

 TICEコーチの吉見涼です。

 ​​

 私は、コーチングを通して、皆さんのこれまで見えていなかった、心の奥底にある本当にやりたいこと、夢、希望、目標を明らかにし、そこへ向けての歩みを強力に後押しして実現させることを生業としています。

 

 この、心の奥底にある本心、これは皆さんがなかなか日頃ご自身では見出せなかったり、見つけても、様々な常識的判断で “できっこない” と蓋を閉めていたりするもので、ご自身だけで表に出すことが難しいものです。

 

 そこに必要なのが、私たち“コーチ”なのです。

 

 私たちコーチは、心理学や認知機能科学といった科学的根拠に基づいた手法により、皆さんの奥底にある、内臓レベルで秘めている心の声に耳を傾け、それを拾いあげることができます。そして、その声を皆さんにお届けして、その声に基づいた夢、目標、ゴール設定を行い、そこに最速でお連れします。

  

 圧倒的変化をもたらす体験を、ぜひご体感ください。

パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング by Dr. Tomabechi & Louis E. Tice™認定コーチ
社会福祉士(国家資格)
精神保健福祉士(国家資格)
介護支援専門員
アンガーマネジメント・ファシリテーター認定資格
アンガーマネジメント・コンサルタント認定資格

プロフィール

お越しいただきありがとうございます。

TICEコーチの吉見涼です。

自己紹介

普段は福祉施設で相談員という役割でお仕事をしております。
これまで、精神科病院や精神科デイケアセンター、高齢者デイサービスセンターの相談員、そして現在は特別養護老人ホームの相談員として活動し、延べ2,000人以上の方の相談援助を行ってまいりました。

その傍ら、
・TICEコーチとして、パーソナルコーチングを実施。初年度で50名以上の方とコーチングセッションを実施。

・少年サッカーチームを立ち上げて、現在、保育園生〜小学6年生までを指導するチームにまで成長しました。
 チームのコンセプトは、
 “チームから世界に羽ばたく人材を育成する”

 “子どもも大人も互いに学び合い、高め合う、子どもと大人たちの学び舎になる。”

・日本アンガーマネジメント協会の認定資格を取得資格し、アンガーマネジメントの講師・コンサルタントとしても活動しています。

《所有資格》

パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング by Dr. Tomabechi & Louis E. Tice™認定コーチ(タイス式コーチ)

社会福祉士(国家資格)

精神保健福祉士(国家資格)

介護支援専門員

アンガーマネジメント・ファシリテーター認定資格


《所属団体》

​日本社会福祉士会

日本精神保健福祉士会

日本アンガーマネジメント協会

日本ブリーフセラピー学会



私がコーチングで目指すもの

そもそも、私がコーチを目指そうと思ったきっかけは、仕事での悩み、子育ての悩みからアンガーマネジメントを学び始めたことがきっかけでした。

アンガーマネジメントを身に着けて、自分自身のマインドと上手く向き合えるようになりたかった。

そして学びを進めるうちに出会ったのがアンガーマネジメント理論の中にあったコーチング理論でした。


コーチングって何?

そこからネットは書籍でコーチングを調べるようになり、コーチングがアメリカではフォーチュン500の企業や軍隊など様々な組織で運用されているマインドの使い方の最高峰の理論であることを知りました。

とはいえ、“ほんまにそんなに変わるのかね?”

半信半疑ではあったのですが、体験しなければわからないということで、地元で活動されているコーチにセッションを依頼することにしました。


半年で6回のセッション。はじめは本当にそんな回数で変化が起きるなんてと

懐疑的でした。


しかしながら、セッション毎に自分自身を振り返り、また自分自身がどうありたいかがどんどん整理されていくうちに、自身がやりたかったこと、自身がどういうことを望み、また家族がどうな風になっていってもらいたいかが明確になっていったのです。


そうなると、どんどん行動や言動、向き合い方に変化が生まれていきました。


まず大きかったことは、子どもの夢や希望に対する考え方でした。


子どもが夢や希望を語るとき、

“じゃあ、まずこれをやらないといけないね。” とか、

“これをやらないと無理なんじゃない?”

と現実的なところでの話しかせず、なぜそれをやりたいのかや、ワクワクしている子どもに寄り添い、一緒にワクワクすることすらできていませんでした。

現実的なこと、想定される困難を先に伝えてしまうことで、歩みを止めてしまうようなことばかりしていたように思います。


まさに夢を壊す、“ドリームキラー”に私はなっていたんです。


“もっとこうすればいいのに”

“もっとこうするべきだ。”

そんな話ばかりしているうちに、いつしか子どもの中で、


“自分には実現できないかもしれない”

と諦めてしまう材料ばかりを与えてしまっていました。


そんなときに、コーチングを学び中で 

“現状の外側にゴールを設定する” 

“今の自分には到底叶わないようなゴールを設定する” 

ということを教わりました。


驚くことに、まさに子ども達が自然としていたことだったんです。


そして、方法や手段はその時点で考えなくてもよいということも教わりました。

私自身がやってみたこともないことを、さも当たり前のようにこうするべきと説明することがあったのですが、実際にはその夢を達成する方法はもっと沢山あったりするものなんです。


子どもが実現したいことがあるのであれば、子どもと一緒に調べてみたり、その目標をするものに実際に触れてみたり体験したり、一緒に楽しめばよかった。それができていなかったのです。


だから、コーチングを受けてからは、一緒にそれを楽しんでみたり、子どもの楽しんでいる姿を見守りながら自由に、その夢の実現に必要なことを体験させていくことにしたんです。


するとどうでしょう。一生懸命に自分のやりたいことに向けて調べてみたり、スクールに通いたいと前向きに学んだりを自主的にやり始めたわけです。

≪何の苦もなく。≫

そりゃそうです。やりたいことをやっているから。

そうなれば、とんとん拍子にその夢の実現に向けて突き進み始めたんです。

子どもに対して、そんな力があると信じ切れていなかった私。

子どもたちから、コーチングの威力、そして皆が必ず目標を達成する力をもっているんだということをまざまざと見せつけられました。


“これは自分自身も変わらなければならない。”


そこから、私自身もこれまでやりたかったことにチャレンジすることに躊躇がなくなりました。

趣味としてやってみたかったことには躊躇なくチャレンジしていきました。


そうすると、やりたかったことなのか、人から言われたことや周りの情報で踊らされていたことなのかの区別がつくようになりました。また、取り組むことでそこで新たな出会いや経験、学びを得ることができ、新たな交友関係が生まれ、日々の生活が豊かになっていきました。

そして仕事に対する考え方についても大きく変化しました。

過去の様々な経験や学び、様々な方からいただいた言葉など、過去に点在していた事柄がどんどん線のように結び付き、それらが現在の自分自身を作り上げてきたんだということを改めて認識することができました。

するとどうでしょう。学生時代にカウンセラーのような、セッションをしながらクライエントの方を救ったり、豊にしたり、幸せになってもらう、そんな仕事に就きたいなと思っていたことが、まさに今、コーチとして実現していたわけです。

理想とする仕事像があったからこそ、色々な経験が実を結び資格取得や現在の仕事に就くことができました。

そこには大学に落ちて浪人したり、たまたま合格した学校で取得できる資格が増えたり、様々な教授から生きた情報、取り組まれている素晴らしい活動報告を聞く機会を得たり、卒業と同時に国家資格の受験資格を2つももらえたりなどとても恵まれた学生時代を送っていました。

そういったことを考えた時に、これまでしんどかったり、なぜ経済的に恵まれないのかと悩んだり、人間関係に悩んでいたことがとてもネガティブな面にばかりフォーカスしていたことに気付いたのです。そして、様々な素晴らしい出会いが実は沢山あって、そこにどれだけも助けられていたんだということに改めて気づくことができました。

そしたら、その過去の出会いが光り輝きはじめたんです。

自分にはできないということから解放されて、どうありたいかを真剣に考え、仕事においてもプライベートにおいても躊躇することがなくなっていきました。

チャレンジすることで自身にこれまで見えていなかった情報が見えるようになり、必要な出会い、必要な学びが得られるということがわかってきたんです。

そこからは、ミラクルの連続でした。

はじめに想定していた5年程度のコーチになるための準備が、わずか半年で認定コーチをとるに至り、結果1年足らずでコーチとして活動を始めることになりました。そして初年度から50名の方に直接コーチングをさせていただく機会をいただくことができました。


“現状の外側にゴールを設定する”

“今の自分には到底叶わないようなゴールを設定する”

この原理原則を念頭に、私はコーチとして沢山の方々にコーチング理論を知っていただき、夢を実現する原動力が実は皆の中にきちんと備わっていることを知っていただきたい。

そして、コーチングで夢を実現し、経済的にも精神的にも豊かな人生を送る仲間が沢山増えることによって、その方たちが周囲にまた良い影響を与え、結果的に平和な世界を実現することに繋がっていくと考えています。


皆で一緒に豊かになり、皆で平和な世界を実現する。

これが私自身に課しているゴールです。


コーチング理論という心理学や認知機能科学といった科学的根拠に基づいた手法を用いて皆さんの奥底にある実現させたいゴールを思いがけないスピードで実現する、そんな圧倒的変化をもたらす体験をご提供させていただければと思います。



追伸

メルマガではコーチング理論をわかりやすく解説したり、マインドの使い方の秘訣など、日々の生活に活かせるコーチングのエッセンスを発信しています。

ぜひ登録をお願いします!

smtp06