52516_banner_image
43270_fb力一2
Professional

PROFILE

ディーセント・ワーク ”私らしく働きたい!!”
がん「余命宣告」からのV字型 勝利史を紡ぐ。
自分ごとSDGs 未来実現マーケティング 和楽PJ。

文科省公認社会教育士 カー オフィス

《愛》のプラクティショナー 見本第一号

新 妻 力 一

🔶安心・安全の居場所で生涯の友が出来ます。🔶胃の機能障害を、腸力を高める「食事法」で補い、フィジカルケアを共創できます。🔶自身のがんを自ら研究し、その観察・考察をブログ「記事」として発振し、情報の資産化・電子書籍出版を共創できます。🔶自分にしかできない「自分ごとSDGs」を、未来実現マーケテイングで具現し 冨の創業キャリアを共創できます。

■文科省公認 社会教育士( カウンセリング・コーチング・コンサルテイングおよびティーチング)。■国家資格 精神保健福祉士・介護福祉士・社会福祉士。■公助アドボガシー国家資格 行政書士保有。■労働者健康安全機構 がん治療と仕事の両立支援コーディネーター。

🔶「孤立させない居場所」の伴走支援パートナー

 ●カウンセリング・コーチング・コンサルティングおよびティーチングの実施。※1回=60分の基本セッション。●TEAM EXPO 2025 共創チャレンと協働する「共創ワークショップ」の開催。※ストーリー思考、ビジネスモデルキャンパス、OKR。●「あなた」にしかできない仕事の創業キャリア カウンセリング。※独自のいのち輝く【Ikigaiの創業】キャリア プログラムを使用。

🔶 「あなた」にしかできない【自分ごとSDGs】

 ①あなたが、人生のドン底で苦しんだ事。乗り越えてきた事。②あなたが、.人の役に立てそうな事。②.あなたが、対価を得るに値する「強み」「得意」な事。④あなたが、「お金」をかけてきた事。

🔶 私がつくる「平和の文化」の第三幕を上げました

 非感染性疾患や発達障害の母や子どもが、在宅で見守りや介護をしながら、リモートを活用して、「働きがいのある仕事」と「安全安心の居場所」を創るため、知識・技術を習得し「経済的自由の獲得」と「精神的ストレスの昇華」を実現して、120%ハッピーになって頂く伴走支援を共創します。

ちなみに、第一幕は、2010年4月、指定難病「突発性難聴」の試練を乗り越え、63歳で、社会人・福祉門学校生になった時、授業で習った、私がつくる「平和の文化」を始めました。

そして、第二幕は、2019年2月、胃がんで胃を全摘したことから、そう自覚しました。がんサバイバーとしての闘病も5年生存率50%と評価されてから、2年目を迎えるこの時、妻の脳内動脈瘤の開頭手術の後遺症が顕著になってきました。

それは、妻の短期記憶に異変が生じてきました。伝わりにくいと思いますが、若年者認知症的な症状が顕著になり「短期記憶障害」なのです。今、話し合ったことの内容を覚えていられなくなってきました。

私はまず、この3年、がんサバイバーとして、この病の治癒と折り合いをつけてきました。

次に、友人の「糖尿病」の治癒も折り合いをつけてきました。

自身、友人、今度は「妻」の病の治癒と折り合いをつけることを「第三幕」と表現しています。

この実証経験を普遍して、「非感染性疾患や発達障害の母や子どもが、自宅で見守り・介護をしながら「働きがいのある仕事」と「安全安心の居場所」を創るため、知識・技術を習得し「経済的自由の獲得」と「精神的ストレスの昇華」を実現して、120%ハッピーを実現」しようと意図しています。

🔶「平和の文化」とは

日々のあらゆる場面で、異なる人や考え方に寛容になり、対話によって理解し、対立を乗り越え、連帯を広げていくという、私たち一人ひとりの”在り方、生き方、関係性”の変容をいってます。

国連は、1999年に「平和の文化に関する宣言および行動計画」を採択し,

・生命の尊重、

・教育・対話や協力を通した非暴力の実践、

・環境の保護、

・男女の平等や人権に基づいた価値観、態度や振る舞いを

「平和の文化」として、奨励しています。

人生の先輩は、幸齢者の私に、「世界の平和、人々の幸福を願う気持ちを 深くもった人同士は、どこかで自然と出会うものです」と。ハゲましてくれました。

北海道札幌市出身。北海道立生涯学習推進センター 社会教育主事講習 修了。

https://www.mext.go.jp/a_menu/01_l/08052911/mext_00667.html

保有資格等
🔶安心・安全の居場所で生涯の友が出来ます。🔶胃の機能障害を、腸力を高める「食事法」で補い、フィジカルケアを共創できます。🔶自身のがんを自ら研究し、その観察・考察をブログ「記事」として発振し、情報の資産化・電子書籍出版を共創できます。🔶自分にしかできない「自分ごとSDGs」を、未来実現マーケテイングで具現し 冨の創業キャリアを共創できます。

■文科省公認 社会教育士( カウンセリング・コーチング・コンサルテイングおよびティーチング)。■国家資格 精神保健福祉士・介護福祉士・社会福祉士。■公助アドボガシー国家資格 行政書士保有。■労働者健康安全機構 がん治療と仕事の両立支援コーディネーター。

プロフィール


どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる