50668_banner_image
42374_img_20211221_profile
Professional

PROFILE

国籍、性別、年齢等いかなることでも差別なく 新しい社会での幸せ支援

多文化共生社会コンサルタント やさしい日本語実践者

小嶋 研二

1956年東京都調布市出身

東京杉並区で小中高校時代を過ごし、幼少の夢「昆虫学者」めざして北海道大学進学

希望学部への進学のため 教養課程トップクラスで修了し動物生態学を修める。

就職活動をおろそかに山野を駆け巡り、某外轄団体研究職に就くも1か月で退職

自分を そして社会を見つめ直すために、半年間自分を開放

ピアノ演奏者資格を目指しながら 三浦綾子の「原罪」文学になぜか没頭

夢中でほぼ全作品を読む中で、今から思えばその三浦文学の「人間の価値」

「人の生き方とは」、そして後の自分の「人生の志」「生き方の方針」を

自然と作り上げたように思う。

半年間の社会との隔絶に きっぱり訣別しようと決心した私は、

1980年10月  日本電信電話公社(現NTT)奉職

以後42年間、組織にいながらも常に自分の判断は必ず持ち合わせ・尊重しながら、

新技術導入、海外国家プロジェクト、新規事業立上げ、新法制への対応等、

会社が時代の最先端を走るための、社運をかけた最前線・現場での課題解決

と新たな創造に従事してきた。そこには、前例なき課題への解決士として、つまり

コロナ禍による「新しい日常」に通じる成熟社会対応の実務を経験したと思っている。

2020年3月、社内での働き方改革の先導として、会社承認のもと行政書士登録、兼業・開業

同年5月から3か月間、起業家セミナー「志師塾」にてお客様の声を聴けの精神を学び、

2022年3月末をもって、定年退職。同年4月から、町の「困った」に 親身に対応する

「多様社会法務コンサルタント」として専業活動開始。

趣味  : 多趣味のなか、以下が幼少から続く3つの趣味をご紹介します。

① 日本・世界の昆虫標本蒐集: 幼少から虫の観察には目が無く、大学進学理由にも

 (北大昆虫研究会OB) 自費出版にトルコでの採集記録「アナトリアに蝶を追って(1999)」がある

② ピアノ:  6歳から習い始め、大学入学までレッスン(石川美恵子(東京杉並)に師事)

  48歳の時、子供が手習いを始めたことを契機に復活

  現在では自己満足・楽しみでJ-POP なども加えて楽しく また母の介護の一助で演奏している

③ 剣道 :  中学で始めた後、高校、大学は中断、社会人になって2年ほど復活後再度中断

  子供が稽古を始めた55歳の時に再開 現在神奈川県剣道連盟所属 五段

保有資格等
行政書士 第二種衛生管理者 教員職員免許高校1種(理科) 運転免許 英検準1級 国連英検B級

情報セキュリティマネジメント(IPA) 認定プライバシーコンサルタント 個人情報保護士 エコ検定 メンタルヘルスⅡ種(ラインケア)音楽療法アドバイザー メンタル心理ミュージックカウンセラー ヤマハピアノ演奏者グレード5級 剣道五段 社会体育指導員(初級:剣道)合気道初段

質問会議ファシリテーター 音楽療法アドバイザー

ここにはプロフィールや自己紹介などを書いてください
こんにちは
わたしは NTTのサラリーマン生活42年を卒業し これからの人生
日本の世のなかに すこしでも良いことをさせていただいて
毎日を大切に 毎日ひとりでも 笑顔になっていただけることを
そして自分も大切な1日を”よかった!”と言って 過ごしたいのです
趣味は多岐に及びます いろんなお話でお付き合いできると思います

これからの日本は 多くの外国人と共生していく 多文化共生の社会になると思っています
ですから 外国から来た方には 私の「街の法律家」行政書士ができる”仕事上のご支援”
一人の 対等のヒトとしての ”やさしい(easy &Polite) 日本語” でのコミュニケーション
日本文化のひとつとしての 剣道を一緒にしてみませんか といった活動
自分が大好きな ピアノを楽しく弾く ことでの 高齢者、お子様支援
などなど 自分の辿ってきた人生経験から 「できること」をベースに 皆さまに
喜んでいただけることを 差し上げたいと思っています

そうそう 最期に 自分が何をしたいか どんな自分になりたいかを一緒に考える お手伝い
「現状打開・自分軸探しのための絶妙質問コンサルティング」はお勧めですよ!
一生一つの会社でお勤めする時代は終わりました
自分は何をしたいのか? 自分は何のために生まれてきたのか?
自己実現のための ステップ、何になやんでいるのか なんでも構いません
一度 ご相談ください。 前に進めると思います。

どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる