49880_banner_image
41999_飛田尚彦_写真
Expert

PROFILE

本当の自分を生きるための自分メンタルを再構築するお手伝いをする

自分メンタル構築コンサルタント/メンタルコーチ・トレーナー

飛 田 尚 彦

メンタルを再構築するエキスパート。日本人第一号海外プロホッケー選手。元日本代表選手・コーチ。大学時代は全国No.1の強豪校、天理大学のキャプテンを務める。大学在学中に男子フィールドホッケーの日本代表選手として選ばれ、以降10年間日本代表として活動。

21歳以下のワールドカップ(イングランド)での得点王といった実績を上げ、日本人男子で第一号となる海外プロホッケー選手となる。

ベルギーの強豪プロチーム「ロイヤルアントワープホッケークラブ」にて1年目からレギューラーとして活躍。4連続ハットトリック、シーズン21得点など、主要メンバーとして活躍。

世界最高峰のホッケーリーグ「EHL(Euro Hockey League)」の第一回大会でプレーした経験も持つ。ベルギーではプロ選手として活躍する一方で、コーチとしての素質も認められ、クラブのジュニアチームのヘッドコーチとして、各カテゴリーリーグでの優勝や上位リーグへの昇格なども果たす。そして、ベルギー代表16歳以下チームのコーチも務めた。

プロ選手活動を終えたあと、日本に戻り、2010年にTobTop(トブトップ)株式会社を創業し、スポーツ用具の輸入販売を主とするビジネスを始める。

その後、ホッケーコーチング事業を新たに加え、監督(指導者)をコーチングでサポートするスタイルで、20回もの全国優勝に導くことに貢献。

2017年から、東京オリンピックを目指す女子日本代表ホッケーチームのコーチ兼通訳に就く。同年の2017年からは、本格的に、認知科学を基礎とした最先端のコーチング理論を習得し、それと自身がトップレベルのスポーツチームで確立した監督・リーダー向けの組織パフォーマンス理論を組み合わせて、ビジネス組織においても結果が出る理論とメソッドを開発し、企業経営者へのコーチングを始める。

今までにコーチングを行ってきたクライアントは、グループやマンツーマンで1,000人以上に対しての実績を有する。

経営者とマンツーマンで、個人の強みをベースに生かした、成果を出し続けるパフォーマンス向上のコーチングを得意とする。

保有資格等
日本人第一号海外プロホッケー選手。メンタル再構築アドバイザーとして、これまでに7名のオリンピック金メダルコーチや金メダリストのアドバイスサポートを行ってきた。監督へのサポートアドバイスで全国優勝21回達成に貢献する。筑波大学大学院体育研究科コーチ学専攻修士課程修了、国際ホッケー連盟公認ホッケーコーチ(レベル3)、日本スポーツ協会コーチ(レベル4)、中学校・高等学校1種免許状(英語・保健体育)、中学校・高等学校専修免許(保健体育)