44871_banner_image
39566_スクリーンショット2022-07-2016
Professional

PROFILE

「テニス界にヘルスケアの新革命を起こし、世界基準の元気な身体で活躍できる環境を創る」の使命のもと、子どもの「健康とパフォーマンスアップ」を願うママパパに食事を柱とする「スポーツジュニアライフスタイル」をお伝えしています!

スポーツジュニアライフスタイル研究家 テニスヘルスコンサルタント

コルベットくにこ

テニスジュニア、そのママパパ、指導者向け

スポーツジュニアライフスタイル研究家

テニスヘルスコンサルタント

大切にしていることは「バランス」

テニス指導者として葛藤する中で、選手の生活習慣に注目をする。

「バランス」「生活の質」が選手のパフオーマンスを上げることに気づき、

スポーツジュニアの成長について探求をし始める。

2019年、国際結婚がきっかけで家族の健康のために 

予防医学を学び始める。その内容に衝撃を受け、 

「健康教育」の概念が大きく変わる。 これこそが

選手のパフオーマンスの鍵になると確信する。

トップ選手であっても「ヘルスケア」まで手が

届いていない状況を受けて、

まずは「食」の基本について発信を始める。

「スポーツジュニアの健康状態は親が作りあげる!」を

柱として ママパパ向けにヘルスコンサルティングを開始する。

アメリカ最先端の予防医学を、テニス、保健体育教師、

国際結婚、継母の経験とともに

ママパパが子供のためにすぐに家庭で始められるヘルスケアとして提供している。

クライアントは、ヘルスケアに関心があり、    

海外を目指すテニスジュニアのママパパ、指導者。                      

現在は、目の前の才能発揮から成人期にかけて                       

活躍が出来るまでを視野に入れたヘルスプログラムを提供中。      

東京都生まれ。          

股関節脱臼で生まれたが、スポーツが大好きな少女時代を過ごす。      

8歳で始めたテニスに一番心を奪われ、28歳まで現役生活を送る。                   

その後、沖縄に移住をしてテニスコーチ、部活動顧問として活動する中で         

自身の選手経験だけでは指導者としてあまりにも未熟であることを痛感。            

インターハイ・全国選抜・国体監督を経験するも、             

選手を勝利させ、人間としての成長を導くには何をしたらいいのか?        

という課題を常に持っていた。

2012年に東京に拠点を戻して、

今までの集大成という思いを持ちながら指導を続け、選手の成長に力を注ぐ。 

しかし、そんな矢先に現場を離れることになり、

自身の「バランス」を失い人生で初めて心身共に苦しい時期を経験する。

人生の棚卸、健康、アイディンティティと時間をかけて向き合った後に、

アメリカ人の主人と出会い、結婚、継母生活と大きな転機を向かえる。         

私の人生にとって「バランス」のピースが整ったかのように、      

「自分らしさ」を生きる気持ちになることを実感。         

誰にとっても「バランス」を整えることがパフオーマンス向上につながることを再認識する。       

理念は日本テニス界の未来ある発展への追求。    

使命は「テニス界にヘルスケアの新革命を起こし、

世界基準の元気な身体で活躍できる環境を創る」こと。           

特にジュニアの成長と、家族の健康を共にHappyへと導くこと。

保有資格等
中高教員免許(保健体育)、ヘルスコーチ