44393_banner_image
39276_mzy5zgzmzgjmztm4owe1mze1ywjjmwnimgjmmjzhmdk
Professional

PROFILE

“最幸の人生”だと言える人で溢れた幸福度の高い社会を作る

ヘルスデザイナー

元脇周也

 理学療法士として病院で20年間勤め、高齢者からスポーツ選手まで幅広くあらゆる疾患の患者様を担当してきました。ありがたいことに理学療法士や指導者等に対しての指導や講習会講師もさせていただいてきました。

 

  現場では高校野球部に3年間、甲子園大会の健康支援に20年間、プロ野球チームの検診に10年間関わってきました。また、U-18野球日本代表チームのトレーナーとして3度海外に帯同させていただいたり、メジャーリーグのヘッドトレーナーと共に講習会の講師も務めさせていただきました。

 

  これらの経験から、パフォーマンスを取り戻すためのリハビリテーションだけでなく、より高いパフォーマンスを発揮できるようにしてその人の価値を最大限に高めることができるようになりました。そして、それが社会を元気にするという信念で、理学療法士という肩書きを越えてベストパフォーマンス・コーチとしてスポーツ選手や健康を求めるすべての方々の“パフォーマンスの向上” と “一生続く超健康体”を身につけるサポートをしています。

 

  幸福感を満たす3つのパフォーマンスをご存知でしょうか。それは、仕事(収入)、自由(時間)、人間関係(仲間)です。そして、これらのパフォーマンスを決めるのは “能力” とそれを発揮できる “コンディション” であり、痛みをとることと健康レベルを上げることに価値があると信じています。

 

  あなたの人生を幸福感で満たすために、常に最高のパフォーマンスを発揮し続ける“無敵のコンディション”を目指してサポートいたします。

理学療法士
エキスパートファスティングマイスター
栄養睡眠カウンセラーⓇ
REASH PROJECT OFFICIAL TRAINER
日本疼痛リハビリテーション協会アドバンスコース終了

プロフィール


“最幸の人生”だと言える人で溢れた幸福度の高い社会を作る!
小学生の頃、4番ピッチャーでキャプテンだった私は野球ばかりの毎日で、将来の夢はもちろんプロ野球選手になってみんなが憧れる選手になることでした。
しかし、中学、高校と進級するたびに超絶うまい選手と出会い、自分の能力では到底叶えることのできないことだと自覚するようになっていきました。
そんな中、高2の秋にケガをしてリハビリをすることになり、はじめて理学療法士というものを認識しました。
的確な指示、豊富な知識、圧倒的な技術、そして男前だった先生に憧れるようになり、これなら大好きな野球に関わり続け、選手のサポート役として一緒にトップも目指していける!
そう感じさせてくれた先生との出会いが、理学療法士を目指すキッカケとなりました。
一年の浪人生活を経て川崎医療福祉大学というところに入ったのは良かったのですが、それほど頭の良くなかった私はなかなか授業についていけず追試を6回も受けた科目があるほど苦労したのは秘密です(;^_^A・・
それでも何とか4年で卒業することができて、2000年に理学療法士という国家資格を取得し、20年間病院に勤めてきました。

年齢を重ね心身の不調や衰えに悩んでいるお年頃の女性がこの講座を受講すると、たった3ヵ月で細胞レベルで一生続く「超健康体」を身につけ、活気にあふれて生き生きとした生活を手に入れます!
年齢を重ね心身の不調や衰えに悩んでいるお年頃の女性がこの講座を受講すると、たった3ヵ月で細胞レベルで一生続く「超健康体」を身につけ、活気にあふれて生き生きとした生活を手に入れます!
見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4

このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





smtp08