43361_banner_image
38753_img_3329
Professional

PROFILE

日本語を教えて仕事にしたいと思っている人たちの願いを叶える。

日本語教師

松本貴子

海外在住で、資格は持っていないけど日本語を教えたいと思っている人をマンツーマンのwebサポートや、グループ勉強会でサポートしています。日本語を教えるしごとは、今までの人生での経験や資格、個性、能力、才能を生かせる場です。それぞれが輝ける、自分だけの宝ものを探しませんか。

長年専業主婦、これといった職歴なしだった私が、「日本語ってどうやって教えるんだろう。」という素朴な疑問をきっかけに、日本語学校非常勤から始まり、現在は私立大学非常勤講師と、オンラインでの日本語教師をしています。そして、更に進化中です!

やりがいと収入の両方を、この先の人生で手に入れたいと思っているあなた、宝探しを始めませんか?きっと今よりもわくわくする、笑顔あふれる人生になるでしょう。

保有資格等
420時間講座終了 日本語教育能力検定試験合格 日本語学校非常勤講師 私立大学非常勤講師

プロフィール


海外に根を下ろし、もっと自分らしい、自分にしかできない仕事をしたいあなたを応援します。

努力が実って現地に馴染み、家族も増えたけど、なんだか自分らしい毎日を送っていない気がする人はいませんか。

あるいは、日本では資格や得意なことを生かして好きな仕事に就いていたのに、現地の言葉はまだまだ勉強中だと、仕事の種類も限られますよね。

今いる場所で、私にできることなんて殆どない!なんて、悲観していませんか。

 

でも、実は一番得意なことを忘れているんです。そう、日本語です。

私たちは日本語のネイティブスピーカーです。そんなの当たり前でしょうか?世界中には、日本語の勉強をしているけれど、日本人と話したことがない学習者も大勢います。

旅行で行く日本で、少しでも日本語を使ってみたい人、日本での就職を希望する人、大好きなアニメの影響で日本語をもっと勉強したくなった人、パートナーや親の都合で日本に行かなければならない人、

本当に様々な日本語学習者や、学習希望者がいます。

 


あなたの周りにも、パートナーやお子さん、友人など、日本語学習者予備軍がいませんか?

日本人なんだから、家族や友人に教えるのは楽勝、ですか?

実は入門や初級レベルの日本語を教えるのが、一番難しいんです。

「入門・初級の教え方」は習ったほうが早く習得できます。

 

でも、なんの資格も持っていなくても、少し日本語を話せる学習者の話し相手になることは可能です。

実際にそれで副収入を得ている人もいます。

 

日本に住んでいて、日本語学校への就職を目指す場合は、420時間の講座や、検定試験の合格を目指した方が仕事に就きやすいと思います。ただ、ずっと海外在住予定の人は、資格を取るよりも、目の前の生徒に合わせた教え方を、短期間に学んで、どんどん教える経験を積むことをお勧めします。そうやって実力を磨きましょう!

 

今すぐ教え始めて、日本語を教えることを仕事にしたい、という海外在住の人を応援しています。

経験を積んだあとで資格試験にもぜひ挑戦してください。

 

日本語を教えるということは、日本文化を伝えるということでもあります。

そのための発信も不定期に続けています。

日本語・日本文化という、それぞれ私たちの中にある宝を発掘・発見しませんか。

そして、身の回りの人やオンラインで来てくれた生徒に、日本語を教えましょう。

 

どこに住んでいてもやりがいのある仕事はできます。自分で自由に使える収入があり、毎日を笑顔で過ごせる暮らしをあなたの宝にしてください。