38672_ody0ywvln2iynzblz
38672_271440744_4109707949131701_295830747406566443_n
Expert

PROFILE

魂の癒しと目覚めと覚醒のための浄化やエナジーチャージ♡をして魂の目的を魂全開で生きれる人を増やし地球に貢献する。

エナジーコーチング中級講師

蓮本 剛

◆1971年産まれ。身長182cm。

◆北海道旭川産まれの札幌育ち。

◆仙 骨 と 子 宮 を 浄 化 す る ユーテラスヒーリング で 女 性 が 女 神 性 を 取 り 戻 せ る よ う に サ ポ ー ト し て

い る ヴォ イス ヒー ラー Tsuyoshi こ と蓮 本剛 で す。

僕 は 姉と 妹に 挟ま れて 育 ち、 子ど もの 頃か ら 「女 性に 優し く」 と 言わ れて 来ま した 。

親 に 言わ れて きた だけ で なく 、 子 ども の頃 か らナ イト 気質 でし た 。

小 さ い子 供の ころ から 、友達 の 女の 子が 車道 側 を歩 いて いる と 、そ の 子の お母 さん に「女 の 子を

車 道 側に した らダ メだ よ 」と いう ほど の生 粋 のフ ェミ ニス ト。

学 生 時代 もず っと 女友 達 の恋 愛相 談に 乗っ て いま した 。

し か し、 両親 の離 婚を き っか けに 心の 中を こ じら せる よう にな っ たん です 。

誰 か らも 愛さ れ な い、 幸 せに なれ ない 、居 場 所が ない 、誰 から も 認め られ ない 。

突 き 詰め て いく と、「 何 の 為に 産 まれ て きた の か 」 と 答え の ない 問 いか け をし 続 ける よ うに なっ

た の です 。

心 の アン バラ ンス さを 抱 えな がら も 感 覚が 繊 細で 鋭か った ので 、 役者 を目 指し てい ま した 。

し か し、 それ は叶 わず 、 様々 な仕 事を 経験 し てき まし た。

役 者 やモ デル 、声優 のマ ネ ージ ャー 、アシ スタ ン トプ ロデ ュー サー 、キャ ス ティ ング や映 画 制作

の 現 場に も携 わり 、サ ー ビス 業や 営業 職 も た くさ ん経 験し てき ま した 。

やはり女性のサポートが向いているのか、 銀座の高級クラブでスタッフとしてホール業務やホ

ス テ スの サポ ート は七 年 して いま した 。

何 を やっ ても 、割 と結 果 が出 てし まう タイ プ です 。

だ か ら、期 待を され るこ と も多 かっ たの です が、結果 を出 し続 ける こ とが 苦し くな って し まうこ

と が あり まし た。

そんな長 い長 い葛 藤の 中 でレ ムリ アン ・ヒ ー リン グⓇ に出 会い 自 分の 癒し を始 め ま し た。

レ ム リア ン・ヒー リング Ⓡ は別 名『 聖な る愛の ヒ ーリ ング 』と 言われ て いて 、聖 なる 愛のエ ネ ル

ギ ー を感 じる こと がで き まし た。

ヒーリングを重ねるうちに心に抱えていた傷が 癒され 、 自 分 を 肯 定 し て 本 当 の 自 分 を 生 き て 行

け る よう にな っ た ので す 。

人を癒すという転職に巡り合った後に、エナジーコーチングの創始者であるあおそら友里 と 出

会 い まし た。

「 こ の 人 と は と て も 縁 が あ る 」 と い う 直 感 に 従 い 、 短 期 間 で エ ナ ジ ー コ ー チ ン グ 講 座 ;

00,01,02,03,04,07 講座 を 受講 し、 エナ ジー コ ーチ にな りま した 。

現在行っている 仙 骨 と 子 宮 を 浄 化 す る ユ ー テ ラ ス ヒ ー リ ン グ は 、 僕 の 人 生 を 再 生 出 来 た レムリ

ア ン・ヒー リン グⓇ とヴ ォ イス ヒー リン グ、そ し て魂 の目 的 に 向か っ て魂 全開 で生 きる こ とを思

い 出 すエ ナジ ーコ ーチ ン グを 融合 させ たも の です 。

女 性 の子 宮は 地球 とも エ ネル ギー 的に 繋が る 神聖 な場 所。

し か し、 多く の女 性が 子 宮に 悲し みや 辛さ 、 不安 を溜 めて しま っ てい るの です 。

僕 は 女性 の子 宮を ヒー リ ング で浄 化す るこ と で、本 来の 輝く 女性 性、女神 性を 取り 戻し て いくサ

ポ ー トす るこ とが 天命 、 使命 だと 感じ てい ま す。

本 来 の女 性性 を取 り戻 す と、 肌つ やが 良く な り、 若返 って 行き ま す。

身 体 だけ でな く、エ ネル ギ ーを 整え るこ とで 、過 去の トラ ウマ やネ ガ ティ ブな 思い も浄 化 するこ

と が 出来 ます 。

『 子 宮を 癒す こと は魂 を 癒す こと 、命 を癒 す こと 、地 球を 癒す こ と』

僕 は、一人 でも 多く の女 性 が エ ネル ギー 全開 で 魂の 目的 を生 きれ る よう にサ ポー トし て、地球に

貢 献 して いき ます

保有資格等
◆Energy CoachingⓇエナジーコーチング中級講師

◆レムリアン・ヒーリングⓇマスターlv2プラクティショナー

◆大型一種免許

◆普通二輪免許

プロフィール

ここにはプロフィールや自己紹介などを書いてください


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。




どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる