41067_banner_image
37648_line_album_20220917_220929_2のコピー
Expert

PROFILE

経済的自由を得て人生を楽しむ方法を伝える

株式会社アモール・ジャパン代表取締役

瀧澤勉

寺子屋「瀧澤塾」を令和4年9月に開塾

「経済的自由人」「自分ビジネス伝道師 」「究極の夢プロデューサー」「幸せの探求者」プロモーター&コピーライター

2016年の4月に経営していた学校法人と株式会社が

経営破綻の状況から奇跡のV字回復を成し遂げることができ

セミリタイアした後、以前から専念したいと思っていた

「起業家育成教育」に海外の国々への貢献も含め本格的に取り組み始めた。

その後、都会と田舎(壱岐島)のダブルライフスタイルを送る中で

「自分ビジネス」の講師となりDVDをSNSを活用し1万数千枚販売し

5億数千万円の売り上げを実現することに関わった。

その実績をもとに、個人事業を立ち上げた方を支援しながら

沖縄に移住し自分の馬を手に入れ憧れのリゾート地で自然を満喫して

ゆったりとした生活を送る。

ところが、、、

完全リタイヤするような生活よりも刺激を求めて

令和4年の5月から車に住み日本全国車中泊の旅を始めた。

また一方では、長年、格闘技や武術に関心を持ち探求する中で

ある”特殊な能力”を持つ武術の師匠と必然的な出会いにより

日本の”武士道精神”の中に、日本人にとって重要な成功の秘密が

隠されていることに気づく。それをビジネスの繁栄に応用し、

さらには、人生をいかに幸せに生きるかについても探求している。

現在、令和4年の9月より石川県加賀市に移住し

武道と独立起業方法を伝える寺子屋「瀧澤塾」を開塾し

あらたに教育に再挑戦を開始した。

保有資格等
株式会社アモール・ジャパン代表取締役

プロモーター&コピーライター

オンラインサロンUnity(ユニティ)講師

1万6千人が購入した「自分ビジネス」講師

元公立高校の物理の教諭

元学校法人理事長

上海に3年間移住し中国の大富豪達と交流

億越プロモーション事例直接関わる

2016年起業家達とグループセッション実施、延べ約5000人のマーケティング戦略をサポート

「自分ビジネス」の講師としてDVDの売上5億数千万円を達成することに関わる

経済的自由人、自分ビジネス伝道師

株)アモール・ジャパン代表取締役

経営していた学校法人と株式会社が経営破綻の状況に陥り、経済的にも精神的にもドン底の状態を経験した。
「こんな人生は絶対に嫌だ!」と奮起し内なる思考を変えたことから
奇跡のV字回復へと状況は変化し2016年にバイアウトしてセミリタイア後、学生のころからやりたかった
「起業家育成教育」に本格的に取り組み始めた。

2011年には、家族と上海に移住し数多くの中国ビジネスの立ち上げに挑戦したが、
中国でのビジネス商習慣の難しさもあり、大きな成果は得られなかった。
その間、上海最大のセミナー会社日本初のVIP会員となり世界的なメンター達から直接様々なスキルを学んだ

その後、日本に戻って、コピーライティングを学び、プロダクトローンチ
億越えのプロモーションをする会社とも一緒に仕事をした。

この頃には、経営していた学園と会社のV字回復の兆しが見えてくるが、
家族には辛い思いをさせてしまっていたので、それが原因で離婚に至った。

億越えのプロモーションに関わったことは、裏側のマーケティング戦略をリアルに見れる
貴重な経験となり物凄い学びにもなったが、かなりのプレッシャーの中での仕事でもあり、
精神的に疲れを感じて現場からは離れた。

そして、、、導かれるように自然豊かな壱岐島でのダブルライフスタイルへと移行する。

壱岐では、旅館の会長にお世話になり自給自足の方法を学んだ。
船舶免許を取得して釣り船を操縦したり、猟銃免許を取得し鴨猟を教わったり、馬の世話と調教も教わった。

そんな中、壱岐で「八木さや」(吉野紗弥佳)さんに偶然出会い
「自分ビジネス」の講師に声かけしてもらったことから、自分の殻が破れ人生が劇的に変化して来た。
結果的に、「自分ビジネス」だけでも約1万6千人以上の起業家育成に関わることになった。

現在は、沖縄の恩納村に移住し、馬のいる生活を楽しみながら
経済的自由を得て人生を楽しんでいる

人生はもっと”自由”に楽しむことが
誰でも可能だと伝えたい!
僕たちが受けて来た日本の教育は、スーパー従業員を養成するものだった。
30年間教育関係の現場に関わっていたから、教育を提供する側からも見てきたが、、、

日本では、自分で考えて生み出し、
独創的な自己表現をすることを良しとしてこなかった。

人と違う子を受け入れて、個性を育てる教育の重要性はうたわれていたが、
実際のところ「人と同じ」でいることに安心が得られるように教育されて来た。


だから、、、


学校教育の中で”優秀な子”とされる「優等生」は、
起業家マインドクリエイティブな才能が成長しずらい。


ちょっと厳しい別の言い方をすると、
「コントロールしやすい大衆」へと洗脳されている。

日本人は、「みんなやっている!」って、言葉で動かされやすい。

確かに、大量生産・大量消費の時代においては、
勤勉に働く労働力を確保することは、
国が発展する上で重要だったかもしれない。


だが、、、


時代は変わった!

これからはクリエイティブデザイン力が求められる時代になった。

既に氣付いて自ら行動を開始している人も増えているので、
日本の全てを否定するつもりはないが、、、

まだまだ、教育という呪縛に縛られている人が
あまりにも多いように感じる。

「常識」って言葉や日本の教育で刷り込まれた呪縛を祓え!

 僕達をとりまく環境は、十数年前とは明らかに変化している。
 多様化した「働き方」「生き方」も可能になった。

 コロナ禍の影響もあり、変化のスピードも加速して来た。

 そんな変化の中で、僕達は、
 より自由により豊かに、より人生を楽しむ生き方が可能になってきた。

 でも、既存の「常識」に囚われていると、いつまで経っても同じ状況の中から抜け出せない。

 「あなたは、もっと自由に楽しく生きることができる。」

 あなたにかけられた呪縛を取り祓うことに少しでも協力できたらと願う!


もっと自由に楽しく生きよう!
コロナ禍で、あらためて「幸せ」について深く考える機会を得た。

人は各々に価値観が異なり、何をもって幸せと感じのか多かれ少なかれ違う。
心地よく感じる物事のバランスも人によって様々で、自分自身で最適なバランスを探るしかない。

都会の生活が好きな人もいるし、田舎の生活が好きな人もいる。
お金を稼ぐための取り組みのレベルも、お金の使い方も最適なバランスがある。

重要なことは、、、

自分が「幸せ」でありかどうかであり、
一番先に、自分自身を幸せにすることが先だと言える。

自分自身が幸せになっていなければ、周りの人を幸せにすることはできない。
その違いを生むのは、何においても「心」の状態から生じてくる。

自分の大好きなことをライフワークにする方法も伝えて行きたいと考えているが、
何よりも、「幸せ」を感じる心の状態をつくり、人生を楽しむことが先だと思う。

いつ、この世を去る時がくるのか分からない。

今回の人生を、おおいに楽しもう!


 
  • 1 
注意事項
  •  
最後にひとこと