26259_banner_image
23991_image_original
Professional

PROFILE

家族・地域が元気で明るく楽しく暮らせる社会をつくりたい

やましたひでこ公認断捨離チーフトレーナー

田中富士美

親と同居(長女の私)。夫・23歳娘・21歳息子の5人家族。

 

 長女というのはしっかりしていて当たり前。

 大人になったら、家を守らなければならない。親への期待へのプレッシャー。

 長女だから仕方ない。長女とはそんなものだと思っていました。

 

 特に親戚軸・他人軸・世間体軸な母とは最悪な関係。

 

 怒られたくないから、言わないで、我慢してきた人生。

 うまくいかないコミュニケーションを見つめ直す機会を断捨離で得ました。2009年。

 

 断捨離とやましたひでことの出会いは衝撃的でした。

 

 家と心と身体が同じだということ

 身体に要らないものがたまると病気になるということ

 気持ちも溜め込んでいたら不満がたまるということ

 

 

 『時間軸は今、重要軸は私』というものさしで見ていくと、要らないものばかり、時間のズレが悩みを作っていることを知りました。

 母とのバトルを通して、反抗期を終えたと感じました。

 認めて欲しかった・あなたが悪いそして自分が悪いと被害者意識・依存心・それらがものと一緒に出て行きました。

 

 

 2014年断捨離®︎トレーナーとなりました。

 現在、母との関係はとて良好で、それぞれの考え方を尊重する関係にまでになりました。

 ものを通して家族との関係性が変わり、本当に大切なものに気づいています。

 子供たちともいい距離感でいられ、良好な親子関係を築くことができています。

 

 ある時、娘が言いました。『お母さん、怒らなくなったね』『前は怒ってばっかりだったもんね。』

 断捨離メソッドを取り入たおかげ。自分のきげんは自分でとる、このしあわせはなかったと思います。

 

 長女として関わり、地域への関わりを通して母とのバトルを脱皮した経験を活かして、『自分らしく生きる』をサポートします。

 

smtp06