23545_banner_image
21551_彈正原由紀1
Professional_s

PROFILE

ポイント3つでお子さんが正しい鉛筆・お箸の持ち方を習得できます!

キッズマナー講師

彈正原 由紀

今、小学校3年生の娘と

 小学校2年生の息子がいます。

 私自身、平日はフルタイム勤務 

 

 昨年まで4年間、主人は単身赴任で

 元気盛りのこどもをワンオペ育児していました。

 

 1番大変な時期

 朝7:00過ぎには子ども達を保育園・小学校に連れていきます。

 お迎えは18:30 そして、家事・育児が始まります。

 

 毎日分刻みで動き、とにかく時間が足りず右往左往。

 

 誰も頼る人もいません…

 子ども達との時間は、お風呂・食事の時間のみ。

 ゆっくり本を読んであげる余裕もありません

 

 「早くしなさい!」「静かにしなさい!」が口癖でした。

 

 かける言葉が「マイナス」で、下の息子は問題児。

 3歳の時にはすでに

 「自分は悪い子・いう事聞かない子」が定着していました。

 数々問題を起こし、コミュニケーション不足だと感じ

 少しでもいいところを伸ばしたり

 目標をもったり、お手伝いをお願いしたり

 

 楽しい時間!

 何よりも食事の時間を大切にしてきました。

 

 ガミガミ怒られる時間ではなく、一緒に過ごす楽しい時間。

 「食事中は絶対に怒らない!」と掲げ

 とにかくこの食事の時間にパワーを注ぎました。

 

 食事の時間が楽しいと、かける言葉もプラスになります。

 その楽しい時間だからこそ、きちんと「お箸を持ちたい」

 自然とお行儀もよくなりました。

 

 正しいお箸の持ち方を習得しませんか? お子さんの一生の財産になります

 

 ♪ 親が注意すれば怒ってしまう

 ♪ どうやって教えていいのか?わからない

 ♪ お箸が持てなくて焦っている

 ♪ お箸を持って食べてくれない・・・

 ♪ うちの子のお箸の持ち方 どこをどう直せばいいのかわからない

 ♪ すでにクセのある持ち方をしている

 

 私の娘もクロス箸でした。

 食事中、悪い所をあら捜しし 注意するのは「この指はここ!」指の位置ばかり

 シュンとして 全然直りませんでした。

 目線を変え いいところを見つけて 

 かける言葉を「プラス」に変えました。

 怒られない時間にならないために食事中、

 お箸のことは何も注意しませんでした。 

 とにかく楽しい時間にすること!

 

 練習は、掴めるものを掴む練習

 掴めると、嬉しくて!楽しくて! 

 達成感があり自信がつきます。

 

 お箸の持ち方は、親子のコミュニケーションの表れだと思います。

 

 本当はお子さんの方が

 「正しく持ちたい」意識は強いのです。

 

 正しく持つには、ポイントが3つあります。

 土台を習得できれば、必ず持てるようになります。

 

 プラスの声掛けで、自分の癖を見つけるリセット時間をつくり

 達成感を感じて、維持できます!

 

 鉛筆やお箸は「一生持つもの」=「一生の財産」です。

 

 今から親子で楽しい時間を過ごしていきましょう!

 

・日本能力開発推進協会 チャイルドコーチングアドバイザー 取得
・一般社団法人 日本マナーOJTインストラクター協会〔JAMOI〕認定の
キッズマナーインストラクター 資格取得
・ビジネス電話実務検定 取得
・秘書技能検定 取得
・ビジネス実務マナー技能検定 取得
・サービス接遇検定 取得

プロフィール



「マナー」は堅苦しいイメージがありますが、身に付けると一生の財産になります。

お子さんには「できない」ではなく「出来るようになる声のかけ方」があります。

挨拶が自分から出来る子どもって素敵じゃないですか?



【こんなことで悩んでいませんか?】

✓ お箸が上手に持てない。既に間違った持ち方を習得している
✓ 食事中はウロウロ・・・ はしゃいでその上行儀も悪く外食がおっくう
✓ 自分から挨拶が出来ない
✓ 自分自身、家での教え方がわからない
✓ そんな子どもにいつもイライラガミガミママ

お子様にはスキル(動作)や「なぜ?」を追求し、プラスの声をかけ
お母さんには「日常化できる声のかけ方」「イライラしない子育て法」などお伝えし、
おうちでもできるよう努めています。

実践後は
♪ いつも楽しく笑って食事が出来る 食事の時間が楽しみになる 
♪ お箸の持ち方が上手になる 残さずたくさん食べてくれる
♪ 家族揃っての外食が楽しみになる
♪ 「できる!」と自身がつきお子さんが自立する
♪ 基本のマナーを身に付けると、感謝の気持ちが芽生え 毎日の生活が楽しくなる

「マナー」とは人に不快な思いをさせない事を行動にしたものです。

「聴く」「質問する」「承認する」のコーチングを活かしお子様や保護者の方の可能性を伸ばします。

いつもイライラしているお母さん!!子育て・育児が楽しくなりますよ。




smtp06