20217_アメブロヘッダー  最終
18576_リザーブ顔
Professional

PROFILE

女性が自分らしく自由に生きる。そんな女性を増やしたい

kcookingsalon

美腸整アドバイザー

鈴木かおり

おこさまのアトピーで夜も眠れないお母さんを

薬を使わずにツルツル肌へ食で解放

食事で体質改善専門家

  鈴木  かおり  です。

私は大学では、声楽を学びオペラ歌手を夢見て毎日を

過ごしていました。

卒業後、オペラ歌手になるはずの私が証券会社に就職。

2年間勤め、結婚!

結婚後は、いつか子供が生まれるといいなあと漠然と思っていました。

私は子供の頃から「お母さんのようなお母さんになりたい」

そんな思いを持っていました。

でも、5年経っても子供ができず、悩み始めていました。

そんな時妊娠 ! 無事出産。

夢だった母親になり楽しみながら子育てをしていた時

間もなく3歳になる娘にアトピー性皮膚炎が発覚しました。

なんで、私の娘が!?

ここからアトピー性皮膚炎を改善するための闘いが

始まったのです。

痒みは日中より夜の方がひどく眠れない日が続きました。

寝かしつける時も2時間くらい掻いたりなでたり

やっとの思いで寝かしつけます。

それなのにちょっとすると痒さのためすぐに

あっちこっち掻きむしり血まみれ泣き叫ぶ毎日でした。

夜中に血やリンパ液で皮膚に下着がはりつき

痛いと泣き叫ぶ娘を抱き衣類をつけたまま湯船に入り

その中でふやかしてから衣類をとり、手当をする。

このような日々をずいぶん過ごした時、見かねた主人が

「娘を病院に連れて行こう」

でも私は今まで病院でステロイドを処方され副作用、後遺症などで

大変なことになった人を多く見てきました。

「しかし、少しでも早く娘を楽にしたい」そんな思いで病院に行きまし

た。

(今思えばその頃は私の心も体も限界だったのかもしれません。

めまいで歩けなくなってしまう日もありましたから)

そして、病院で医師の出した診断は思った通り「アトピー性皮膚炎」

ステロイドを処方されました。

思った通りの診断をきっかけに心新たに、「この娘は私の手で治す」

ここから治癒に向けて再び闘いが始まりました。

色々な自然療法を試行錯誤してたどり着いたのが「マクロビオティックの

食事療法」

でした。今まで一進一退の繰り返しでなかなか変化しなかった娘のアト

ピー性皮膚炎がだんだん改善していきました。

体調も改善されてきたのか少しずつ夜も眠れるようになってきました。

娘のアトピー性皮膚炎が改善するとともに同じ食事をしていた私の体

にも変化がありました。長年悩みだった「花粉症」「めまい」がなくなり

ました。娘の体質とともに私の体質も改善していったのです。

娘は今では娘は他の同世代の子と同じように

ツルツル肌で普通の女子高生のように青春を謳歌し、充実した学生生活を

過ごしています。

そして今後は私のように子供のアトピー性皮膚炎で夜も眠れず、自分を責

めているお母さんに「アトピー体質改善食事法」で薬を使わずに

改善する方法をお伝えしたいと思いました。

お母さん! 1人で悩まなくても大丈夫

お子さんのアトピー性皮膚炎を薬を使わずにツルツル肌へ

「アトピー体質改善食事法」で一緒に改善していきましょう

保有資格等
リマクッキングスクール師範科

メディカルシェフ講座終了

カノンマクロビオティックスクールインストラクターコース終了

クシマクロビオティックコンシェルジェ認定講師

マクロビダイエットカウンセラー

雑穀エキスパート

米粉マイスター

プロフィール

ここにはプロフィールや自己紹介などを書いてください


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。




どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる