Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

森で癒されるヒミツ~森林セルフケア/森林療法/環境教育

"森と魂のセラピスト"飯田みゆきが、
『森の癒しってなぁに?』というギモンに
全力で取っ組み合いして今、感じていることをお届けします。

他の方とは考え方が違うかもしれないし、
今後、変わっていくかもしれません。

が、「森の癒し」が気になる皆さんの、
何かのお役に立てれば幸いです。

 

今すぐに読みたい方は、

以下のブログへのリンクをご覧ください。

 

毎日ゆっくり読みたい方は、

ステップメールをご登録ください。

 

全17回です。

 

第2回以降は、

毎日、午前11時にお届けします。

【森林療法から森林セルフケアへ】
「森林療法」という響きに誘われて、
ふら~っと、この世界に足を踏み入れました。

が、そこで出会ったものは、
ガチでココロを揺さぶられる数々の体験でした。

そこから生まれたのが「森林セルフケア」という考え方です。
森林療法から森林セルフケアへの流れをまとめました。


①⇒森林療法とは~健康のために森林を活用すること。
②⇒癒しとは~自分とのつながり
③⇒遺伝子の記憶~本能による調和
④⇒個人の感受性に左右される~心地よさの大切さ
⑤⇒自分の感覚を研ぎ澄ます~セルフケアとは
⑥⇒直感を信じる勇気~時間と慣れ
⑦⇒言葉にする~カラダとつなげる

【環境教育と森林療法の違い】
自然と人とを繋ぐ活動には、
1990年代から「環境教育」というものがあります。

20年ほど前の私は、自然ガイドになりたくて、
数々の環境教育体験会、
インタープリター養成講座に通い、
数々の自然学校に履歴書を送りました。

詳細はこちら
いつかきっとインタープリター物語


森林療法を始めた当初は、
自分の中で環境教育と森林療法の違いがわからず、
迷いに迷いました。

そんな私が、今感じる、
環境教育と森林療法の違いです。

現在の私は環境教育の専門家ではないため、
異論もあると思いますが、
一つの考え方として、ご参考いただければと思います。

⑧⇒環境教育とは (ベオグラード憲章から引用)
⑨⇒自然を愛する&自分を愛する


《森の癒しのメカニズム》
もう少し突っ込んでメカニズムを考察

森の癒しvs五感
⑩⇒五感を開くと自己肯定につながる
⑪⇒五感を開くとエンパワメントにつながる

森の癒しvsシャドー
⑫⇒森林は「シャドー」と向き合う勇気をくれる??

森の癒しvsエネルギー
⑬⇒自然の中でリソース活動


「思考の向こう側へのいざない
 ~自然界からのメッセージを聞こう~」の報告

今の私が-本気で自然の中で瞑想したら、こうなった。
自然の力もすごいし、私の内部治癒力もすごいと思った。

↓ぜひ、ご覧あれ。

⑭⇒開催前告知 内面の輝きと沈潜
⑮⇒第一部 世界は嫉妬に満ち満ちている。
⑯⇒第二部 嫉妬に満ちた世界は愛しい
⑰⇒第三部 緊張感の中でリラックスする。



お名前
姓) Must
名) Must
お名前(かな)
せい)
めい)
メールアドレス Must
ご紹介者
メールの受信方法
 パソコン、スマートフォン
 docomo,ezweb,ガラケーの方はこちら(テキスト形式)を選択してください。
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは飯田みゆき様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はmiyuki94-mirhea@sam.hi-ho.ne.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional

飯田みゆき

Mission
自然と対話し、自分と対話し、今ここにある自分を祝福する。
Senmon

植物療法、森林療法、自然観察

・薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師講習修了
・NPO法人日本メディカルハーブ協会認定「ハーバルプラクティショナー」
・一般社団法人全国森林レクリエーション協会認定「森林インストラクター」
・NPO法人日本森林療法協会認定「森林セルフケアサポーター」
・ドルフィンスターテンプルFSP3修了「認定ヒーラー」
・グラウンディングコーチ養成コース第5期修了「グラウンディングコーチ」
◆タンザニアでの植林ワークキャンプ参加をきっかけに人と自然との関わりに興味を持つ。
 山梨県南アルプス市(旧 芦安村)で山村留学施設のスタッフを経験した後、現在は漢方やハーブを扱う薬局に勤務する傍ら、メディカルハーブの講師、森林療法普及などの活動を行っている。
 森林療法、植物療法ともにセルフケアが基礎にあることを感じ、自然界とつながりながら、自分自身ともしっかり向き合えるライフスタイルを模索中。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
Copyright 2010 - 2016 Cloudlink.Inc
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款