Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

米国MBAで元・NY投資銀行マンが語る「使える英語の学び方」 (38名)

忘れたら、覚えればいい。
 
間違えたら、直せばいい。
 
つまずいたら、立ち上がればいい。
 
人生は、いつでも、どこでも、何度でもやり直せる。
 
「何かを始めるのに、遅すぎることはない。」
 
 
 
「学校では絶対聞けない、8つの教え」
 
 
 
1.「文型」と「文法」と「単語」の違いとは?
 
   ↓
 
2.「日米の文型」の違いとは?
 
   ↓
 
3.「文の要素で一番大切」なのは?
 
   ↓
 
4.「文型でもっとも大切な文型」とは?
 
   ↓
 
5.「Low-context」と「High-context」とは?
 
    
 
6. 「3種類の日本語」とは?
 
    ↓
 
7. 「英語のリプロセシング」とは?
 
    ↓
 
8. 「使う文法のルールで分かる会話力」とは?
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
メールの受信方法
 パソコン、スマートフォン
 docomo,ezweb,ガラケーの方はこちら(テキスト形式)を選択してください。
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは西條智貴様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はnishijo@lovely-blue.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

西條智貴

Mission
英語教育を通して、人を救いことが、私の人生の目的です。
Senmon

就活 英語 プレゼン 中高一貫校 人生 受験 大学

西條智貴:
Thunderbird MBA(USA)
INTESOL CertTESOL-Level4
元・NYの投資銀行マン 「人生は、何度でもやり直せる。」

忘れたら、また覚えればいい。間違ったら、また直せばいい。人生は、いつでも、どこでもやり直せる。

アメリカで経験したことです。

「俺は早稲田、お前は獨協」大学卒業後に入社した会社で、上司から言われた言葉です。

卒業した学校名は、直せない。獨協がそんなに低い学校なら、もう一段上るしかない。

それから、10年間、6畳一間のアパートで、こつこつコガネを貯めながら、英語と会計を学び、日米英会話学院、サイマル・アカデミーで英語を鍛えました。

アメリカン・スクールで、本場の英語に叩かれて、アメリカ人の高学歴の教師にバカにされながら、毎月15万円の給与で暮らし、つかんだ米国大学院への片道切符。

英英辞典片手に格闘し、毎日16時間の地獄の勉強で、「ビジネス・ライティング」全て最高点、「ビジネス・コミュニケーションズ」卒業試験満点。

見返りに、磨きのかかった履歴書にしあげてもらい、勝ち取った就職先が、「モルガンスタンレー」。

有頂点の日々の中、234億円のミスでどん底へ。本社の役員会議に名前が出る程の騒ぎとなりました。そして、修正作業の過労から、倒れて病院へ運ばれる経験をしました。

このまま、平気でいられる訳がなく、誓った言葉は、「このまま、くたばってたまるか!絶対に、立ち上がってやる!」

こんな私に仕事なく、人がやりたがらないけれど、会社に取っては利益のある仕事を思いつき、本社の役員に直談判。

勝ち取ったプロジェクトに予算が付き、9ヶ月の予定を2ヶ月半で完成し、「バイス・プレジデント」への内示まで手に..

  070-5073-0358
  nishijo.englishgrammarexpert
B_facebook
B_ameba
B_twitter
特定商取引法に基づく表記
Copyright 2010 - 2016 Cloudlink.Inc
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款