Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

3.「母親の“理性の声”と“心の声”―どちらが不登校・ひきこもりの子どもを救う?」

 

 

 

 

“大切なわが子が学校に行けなくなった…”

“家にひきこもるようになり、外出もしなくなった…”

 

“笑顔も元気もなく、このままでは身体のことも心配だ…”

 

 


お子さんがそんな状況になりますと、

お母さんの心配と不安は尽きることがありません。

 


・なぜこうなってしまったのか。
・どうすればまた学校に行けるのか。
・せめて笑顔がもどってほしい。
・毎日元気でいてくれさえすればいい。

 

 

と思ったりします。

 

 

学期が始まったり、

年度の始めにになると、

 

・このままではダメだ
・これではこの子はひとり立ちできないのではないか
・この子を元気づけて、なんとしも学校に行かせねば…
・一日でも早く再登校させなければ
・また勉強するなら、なんとしても今の進学校で

・いや、楽に勉強できるようならそれでいいのでは?

 

 と考えたりしながら、とまどい、迷いながらの毎日続きますね。

 

 

 

 そのうち…

 

「自分の本心はなんだろうか?」

 

と自分自身の気持ちさえ疑うようになることもあります。

 

 

そのような戸惑いや迷い、

自分の気持ちに対する疑念が

ともすればお母さん自身のお心を

どんどん弱めることもあります。

 

迷いや悩みの度が深まりますと、

だんだんとご自分の判断力も弱まり

気持ちをコントロールするのが難しくなります。

 

 

頑張ろうとしても意欲がなく、

気力も続かなくなり

体調を壊したり

うつ状態になる場合もありますね。

 

 


そのようなご自分のお気持ちの揺らぎに

悩んでおられるお母さん…

 

 今回のステップ・メールでは

そのようなお母さんの悩み、迷い、とまどいの

原因を簡単に説明し、

スバッと断ち切るためのヒントを

アドバイスさせていただきます。

 

 


今回はトピック毎に

できるだけ短く分けて

読みやすくするよう心がけました。

 

 

このステップ・メールを読み終える頃には、

きっと心の整理がつきやすくなっています。

 

お心のもやもやが解消し、

気分もスッキリして、

知らないうちに「また、頑張ろう!」

と元気が出てきますよ。

 

 

お一人で悩んでいるよりは

無料メルマガをお読みいただきながら

ご一緒に考えて見ませんか?

 

 

お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
メールの受信方法
 パソコン、スマートフォン
 docomo,ezweb,ガラケーの方はこちら(テキスト形式)を選択してください。
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは藤名 龍一様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はsrclub21@ybb.ne.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Expert
NewLife個性開発研究所・代表、心理カウンセラ..

藤名 龍一

Award50
2015年 年間予約獲得数ベスト20
Mission
「不登校やイジメに悩み苦しみ、学校に行ったり勉強したりする気力を失い、生きる意欲さえ失っている子供たちが再び元気を取り戻し、勇気と希望と喜びをもって楽しい毎日を過ごせるようになること」…これが私の切実な願いす。
Senmon

不登校・ひきこもり解決専門の心理カウンセラー

1996年厚生労働省認定(当時)産業カウンセラー資格取得。

15年以上、社内及びボランティアで心理カウンセリングを行い、自身も不登校やうつの経験をもち、子供の不登校を機に、不登校と才能や個性の関係を研究。現在は不登校・ひきこもり専門の心理カウンセラーとして活動。 1960年生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業。宝石専門商社(全国宝石販売店展開)の営業職、大手団体の管理職員として国内・海外法人の管理業務を経て、総合商社にて海外業務に従事後、退職。

臨床心理学と宗教学の比較研究をテーマとした卒論執筆を機に約30年間ライフワークとして一般心理学・臨床心理学・カウンセリング各種理論を研究。

1996年に厚生労働省認定(当時)産業カウンセラー資格取得後、15年以上、社内及びボランティアで心理カウンセリングを行い、自身も不登校やうつの経験をもち、子供の不登校を機に、不登校と才能や個性の関係を研究。現在は不登校・ひきこもり専門の心理カウンセラーとして活動。

また、子供の不登校・ひきこもりを解消するだけではなく、不登校・ひきこもりを子供の成長のチャンスと捉え、 「子供の個性と天分(才能・適正・能力)を生かして不登校・ひきこもりを解消し、3ヶ月で最高に幸せな子供をつくる!」カウンセリング・プログラムを提唱しています。

Kashiwa Partners不登校解決相談室・室長兼心理カウンセラー

  080-4717-2505
  04-7157-1120
B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright 2010 - 2016 Cloudlink.Inc
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款