Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

【完全無料】サッカー選手にとって活躍する為に必要な5つの習慣 (755名)

『サッカーで活躍したい!!』

 

『すぐにでもレギュラーになりたい!』

 

『レギュラーになって得点を沢山決めたい!』

 

『いい結果を残して良い高校、大学、チームに入りたい!』

 

そして、

 

『プロサッカー選手になりたい・・・』

 

 

そう思うサッカー選手は星の数ほどいます。

 

 

 

 

というのも、

笹川スポーツ財団の調べによると、2010年時点でサッカーの実施人口は成人で478万人10代で321万人の計799万人。

 

野球は2009年時点で成人が467万人、10代が271万人の計738万人。サッカーは増加傾向、野球は減少傾向にあるとのことです。

 

 

 

 

ここ最近ではJリーグには新たにJ3が出来ました。

 

アジアではシンガポールを始め、タイ、インド、ベトナム、フィリピンなどにプロリーグが増えました。

 

 

競技人口が増え、チームが増えました。

 

だから、プロサッカー選手になれる環境も増えました。

 

 

 

 

 

けど、

 

それと同じようにある事が起きています。

 

 

 

 

 

それは、

 

『負けグセ』です。

 

 

 

 

 

つまり、

 

チームが増えた事で負けるチームも増えて来てます。

 

 

 

 

メンタル面ではこの『負け癖』によって大きな変化が起きています。

 

 

 

「ファーストタッチがどうしてもうまくいかない・・・」

 

「試合になるとうどうしても自信を持つ事が出来ない・・・」

 

「大事な試合に負けた事でモチベーションを上げる事が出来ない・・・」

 

 

 

 

 

こういった事が実は問題になって来てます。

 

 

 

 

チームが増えた事で

 

メンタル面が弱い選手も同時に増えているのが現状です・・・

 

 

 

 

 

その為に何が必要なのか?

 

 

 

 

2014年、プロサッカー選手を輩出。

 

あるサッカーチームを決勝まで導いた事でわかったある事実があります。

 

 

 

 

それが、

 

「サッカー選手として活躍するために必要な5つの習慣」です。

 

 

第1の習慣・成長する為に必要な〇〇

 

第2の習慣・100%の〇〇を理解出来てますか?

 

第3の習慣・〇〇や〇〇を大切にする。

 

第4の習慣・〇〇の気持ちを常に持ち続ける人。

 

第5の習慣・〇〇を言ってくれる人を大事にする。

 

 

 

ライバルに差を広げる為に出来る事って何だと思いますか?

 

 

それは、

 

 

だれもやらない事をやる事です。

 

 

その為の一歩を踏み出してみませんか・・・?

 

 

サッカー選手として活躍をしたいと思っている方のみ、是非ご登録を下さい。

お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
メールの受信方法
 パソコン、スマートフォン
 docomo,ezweb,ガラケーの方はこちら(テキスト形式)を選択してください。
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは鈴木颯人様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はrobertohayato1104@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
スポーツメンタルコーチ

鈴木颯人

Mission
人生の目的・「スポーツを通じて『人の幸せに貢献』する。」 コーチングの使命『全ての人が自分の可能性に従って生きていける社会』を創ること。」
Senmon

脳科学、心理学、スポーツ科学、キャリアコーチング、経営者、エグゼクティブコーチング、トップアスリート

1983年イギリスで生まれ、日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれました。幼少から野球をやってました。東京の駒澤高校にスポーツ推薦で入学するも1度もメンバーに入る事が出来ませんでした。なぜ活躍出来なかったのか?原因を探る為に脳科学や心理学、スポーツ科学を学び、様々な競技で活躍する選手を研究し、そのノウハウを生かしたコーチングを極限の集中力を要するトップアスリートを中心に提供しております。現在はトライアスロンを通じて一生現役でトップアスリートを支援してます。 最新の脳科学、心理学、そしてスポーツ科学を駆使したコーチングを提供しております。


☆コーチング実績☆
U-18アイスホッケー日本代表(男子)
ロンドンオリンピック競泳選手
プロサッカー選手
大学野球(日本代表)
トライアスロン(日本代表)
陸上競技
プロゴルフetc..

  xrkxw649
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright 2010 - 2016 Cloudlink.Inc
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款