Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

はじめまして 

 

私は、私立幼稚園の非常勤心理カウンセラーと、公立の小中高でスクールカウンセラーとして、生徒さん保護者教職員の皆さまへカウンセリングをしています。

 

また、子育て支援講座、生徒さんやPTA向けのコミュニケーション心理学の講座などに依頼があれば全国離島にも伺っております。

 

さらにご縁を広げたいと思って広報ページを作成いたしました。

 

研修講座をはじめ、カウンセリングやセラピーに興味はあるけれど、どういう人かもわからないのに簡単に決められないという方のために、すべてオリエンテーション(無料)からお試しいただけるようにしましたのでご覧くださいませ。

 

これまでに
開催した講座と感想です。

 

<講座> 

私立幼稚園子育て支援講座

諫早市PTA学級委員研修会 

諫早市立真津山小学校PTA研修会 

諫早市こどもの城スタッフさん向けNLP勉強会 

西諫早地区懇親会講演

東京都日野市社会福祉協議会ボランティアセンターNLP心理学講座

私立幼稚園職員研修講座

長崎県公立中学校の道徳の授業での心理学ワークショップ

長崎県公立中学校教職員研修講座ストレス解消心理学講座

長崎県壱岐市PTA研修部研修講座

音楽会&心理学講座 

保育士さんのためのコミュニケーション心理学講座

サロンオーナーさんのためのコミュニケーション心理学講座他、商業施設での講座や勉強会等

他 

私立大学コミュニケーション演習外部講師オブザーバー

長崎県立特別支援学級の校外学習のサポーター

長崎県立盲学校の校外学習のサポーター

こどもの城グループカウンセリングのオブザーバー

諫早市立小野小学校PTAワークショップサポート

諫早市立本野小学校PTAワークショップサポート

諫早市立北諫早小学校PTAワークショップサポート

諫早市立西諫早小学校PTAワークショップサポート

諫早市立みはる台小学校PTAのWSサポート

諫早市立高木小学校PTAのWSサポート

諫早市立長田小学校PTAのWSサポート

諫早市多良見大島子ども会PTAのWSサポート

諫早市立森山小学校PTAのWSサポート

 

<カウンセリング>

私立幼稚園

長崎県公立小学校

長崎県公立中学校

長崎県公立高校

特別支援学校

紹介制による個人

  

<ご感想>

☆園児のお母さま編

◆(親が思う いいことも悪い事も)まずは、子どもをすべて受けとめるということがとても印象に残りました。

つい「それはダメ」「こうしなきゃ!!」と言ってしまったり、感情的におこってしまったりしていました。

「そうね。OOしたかったんだよね。」と子どもの行動を受けとめて、それから子どもに考えさせる(どうしたら良かったんだろう…とか)ことを、少しずつ、実践していきたいと思いました。

子どもも、実はちゃんとすることをわかっていて、それなのに親から「なんでOOするの!!」

「OOしないといけないでしょ!!」と頭ごなしに言われたら、反発したくなりますよね。反省です。

◆先生の話し方がゆったりやさしい声で癒されました。短い時間だったのですが、よいお話が聞けたと思います。もっとじっくりと色々なことを話してみたいと思いました。

◆先にこちらの話をよく聞いてくださって何について悩んでいるのかが明確になって良かったです。

 

☆保育士さん編 

●心理学的な深いお話が聞けて、とても勉強になりました。今後の保育や保護者の方々とのコミュニケーションにすぐにいかしていけるような話ばかりだったので、少しずつ活用していきたい。相手の心が開きやすいような会話ができるといいな…。

●自分が普通(一般的)と皆、思っていて、いろんな感情を持っているという当たり前のことに気付いた。保護者対応にもすぐに役立ちそうで良かったです。

 

☆PTA保護者編

◇自分の子が、何を思っているとかあまり考えなかったので“ラベル”とゆう言葉を聞いてはっとしました。

お兄ちゃんがいるのでよく比べてしまっていましたが、これからは次男長男ではなく、一人の息子として見ようと思いました。(40代 女性)

◇すべて、自分が決めているということが印象に残りました。子どもや主人との会話でも使えると思いました。(40代 女性)

◇同じものに対して一人一人思い浮かべるものがちがうということ。どうりで夫と話が合わないと納得。(50代 女性)

◇こどもへの言葉掛け(方向性を示す 自己決定させる)人間は一人一人とらえかたが違う。わかりあえないのはある意味あたりまえということ。自分の子育てにすぐに活かせそうな内容でした(否定的な言い方 批判をせず まず認めてあげる)(40代 女性)

◇こどもの意見に否定から入らず、まずみとめてあげることが大切。今、まさに子育てで悩んでいた事だから。(40代 女性)

 

☆一般参加者編

★自分の意見と違った場合に相手とさらにコミュニケーションを続けるコツが印象的だった。意見の違う相手との対処方法がわかったので。(60代 男性)

★コミュニケーションは信頼関係であること、どうするのではなく、どうしたいの が参考になりました。ついつい追いつめる言動になってしまうので。夫が私の話を傾聴しないので困っています。(40代 女性)

★自分が無意識に口に出している言葉にやりたいこと興味があることがかくれていることに驚きました。自分が自分の在り方を決めることが大切だと気付かせていただきました。(20代 女性)

★大事なことは何度聞いてもその時々に心に響くものだなぁと思いました。自分の中の軸をまた強く持てた気がします。話を全部聞いて心がすっきりしました。ありがとうございました。(30代 女性)

★普段日常生活の中で、わかっている様で、わかっていない事をあらためて教えてもらいました。コミュニケーションの大切さ、実感しました。 (40代 女性)

★人を責めず、認め、自分の態度をあらためます。(40代 男性)

  

☆中学一年生の感想

〇自分に当てはまることがたくさんあったのでビックリした。人はラベルでその人を判断すること。これからは他人のつけたラベルで中身をきめたりするのではなくちゃんとその人の気持ちや考え、心を知っていきたいと思いました。 

〇分かってくれないときは同じ立場になって考える。同じ立場になって考えるといいというのがとても納得した。

○自分と相手が考えていることが同じではない。と言うのが印象に残りました。それでよくケンカしたから。

〇気持ちで決まる!自分は弱いと思うと本当に弱くなって、強いと思うと強くなってふしぎでした。

 

☆中学二年生の感想 

◎相手の見ている世界と自分の見ている世界は人それぞれちがうということ。友だちと話すとき「何で分からんと?」と相手の立場になっていなかったので勉強になりました。

◎自分が感じていることと相手が感じていることは違うときもあるけれどそれをわかりあえる思い合えることがコミュニケーションだと思いました。

◎相手の立場と自分の立場は違うということです。今まで相手の立場をあまり考えたことがなかったからです。

◎自分もラベルだけを見て判断しました。それでもしかしたら私は他の人のことを表面だけ見ているかもしれないなととても参考になりました。

◎自己暗示と言う言葉はずっと前から知っていたけれど、初めて実際にやってみて本当に体に伝わったのでとてもビックリしました。

  

☆中学三年生の感想

★心理学いろいろあるんだなと思いました。正しい方向に使えるようにしたいです。

★ペットボトルのラベルと他人に対する考え方の話で、自分は人の話だけで勝手に決めつけないように気をつけようと思った。

★他の人から聞かされた悪口のあとだと、その人の印象が悪くなるのは確かにそーだなーと思った。

★自己暗示は、言葉の力はすごいと思った。前向きな言葉を使うようにしたい。

★心のことで、気持ちひとつでいろんなことが変わるのがすごいと思いました。相手の立場に立って相手の気持ちを考えて行動する。話を聞いていて、いいなと思いました。  

★同じものを見ていても人によってとらえ方が違うということ。友達とのすれ違いはこういうことが原因なんだとあらためて知ったから。

★いろいろ知らないことが知れて良かったと思いました。日常生活で使えると思いました。

★世界の見え方は「ひとそれぞれ」相手には相手の世界があって、自分には自分の世界があることが分かった。

★自分で選んでものを見ているということ。同じ空間にいるのに、相手は見ているのに自分が見ていないことはよくあると思います。その理由が「自分が選らんでいる」と知れて良かったです。友達の悪いところではなくいい所を見れる人になりたいと思いました。

森 温子さんのお客様の声
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
この予約フォームは個人予約受付サービス,リザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは森 温子様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はonko0507@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
子育てママのための心理セラピー

森 温子

Mission
私は誰もが持っているけれど忘れてしまっている本当の素晴らしい自分(本性霊性)を信じその力を引き出すサポートをいたします。
Senmon

子育てママ NLP 心理セラピー 

米国NLPトレーナー・アソシエイト
LABプロファイル・プラクテイショナー
IHF(国際催眠連盟)認定ヒブノセラピスト 
私立幼稚園非常勤カウンセラー
スクール・カウンセラー(長崎県)
日本放送作家協会協会員

自然あふれる長崎で元気に遊びまわり、環境にも恵まれたしあわせな子ども時代を過ごす。都内の大学へ進学し、先生や友人仲間との出会いやご縁にも恵まれ、幼い頃から抱いていた夢はすべて叶う。絵に描いたようなしあわせな生活も長くは続かず離婚。息子たちの思春期反抗期に多くの人に支えられ助けていただく中で自身を癒すために出合った心理セラピーにはまる。心理療法家の矢野先生に師事。その中でNLPを知り、さらに深く学びたいと米国NLPマスターを取得。ご縁をいただいた幼稚園で毎月子育て支援講座を開催。私自身も子育ての時もっと早くに知っていたら良かったと思うことを心理学を通して伝えている。若いママさんたちが明るい笑顔になってゆく様子を見ているうちに小中高へも拡げたい思いが募り、2014年に米国NLPトレーナー・アソシエイト取得。2015年4月から長崎県のスクールカウンセラーとして毎週 中学校でカウンセリング。また依頼を受けた高校や小学校でもカウンセリングをしている。子どもの心を救うには、まず周りの大人たちから。自分の軸を保ち、「どうしたいか」「どう在りたいか」自身の心の在り方を見つめ強くしなやかにしてゆくことでなによりご自身が心豊かに穏やかにそして心地よく生きられるようになることが大切。心豊かに生きている姿は周りの人や子どもたちを自然と笑顔にしてゆけると、講座やカウンセリングを通してご縁のある方へ伝えてゆきたいと思っている。

  smileonko
コース名
価格
提供時間
説明
価格
説明
Copyright 2010 - 2016 Cloudlink.Inc
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款