Top_1
Top_7
Top_2
Top_3
Top_4
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

【エネルギーヒーリング】

 

私たちはなぜ、この世の中に生きているのだろう

 

何をするために、今、この、地球という星で人間という肉体と心という感情と物を考えるという思考をもって、生命を維持しているのだろう

 

私は今、看護師という立場でたくさんの病をもって生きる人たちと日々出会い、関係性をもって、仕事としています。

 

病気はなぜ、なるのだろう。なぜ、治る病気、治らない病気があるのだろう。なぜ、同じ病気であるのに、人によって、症状がちがうのだろう。

 

なぜ、治療をすると、大きな副作用がなく、順調に回復する人と、副作用が強くて、治療の効果が上がらない人がいるのだろう。

 

看護の学校では、西洋医学を主軸として学びます。病気の原因と症状そして、その症状に対する対処方法。

 

この中の病気の原因のところ。 なぜ、この病気にこの人はなったのだろう。

 

学校では 遺伝 体質 環境(食生活・生活スタイル)外的侵入(ウイルス等)と習った。

 

でもね、全く、煙草を吸わないのに肺がんになる人。たばこをたくさん吸うのに肺がんにならない人

 

どうしても、「あーなるほど!そういうことね!」と納得できる感覚は全くなかった。

 

そんなとき ヒーリングに出会いました。

 

ヒーリングは日本の医療では考え方になじみは少ないです。

 

でも、アメリカの医療には治療、看護、リハビリと同じポジションでヒーリングがあります。

 

西洋医学だけではどうしてもうまくいかないということが、最近の日本の医療も気づいているように

 

ヒーリング、リラクゼーションが治療の補助的役割として効果を上げている事実もわかってきています。

 

 

私たちの身体は目に見える肉体の身体だけではなく、その肉体の回りに流れるエネルギーがあります。

 

そのエネルギーは目に見えないものであるけれども、私たち身体を動かしているものです。

 

身体には手や足のように「動かそう」として動くものと、心臓や肺、胃や腸のように「動かそう」とかできなくて動くものがあります。

 

このエネルギーはどうなって、どのようになっているのか。

 

このエネルギー体が「オーラ」というものです。

 

このオーラはとても繊細で細かい流れをなして私たちの身体の回りにめぐっています。

 

このオーラには私たちの感情と思考が大きく関係しています。

 

このオーラの流れを整えて、流れをよくすることで、肉体のエネルギーの流れを整えると同時に、感情と思考にも流れを与えます。

 

感情と思考に流れを与えると、今までとは違う流れを感じることになります。

 

感情と思考はどのように作りあげられているのか。

 

そう、これは私たちがお母さんのおなかに入って、お母さんのおなかから生まれ出て、

 

お父さんとお母さんの子供として生まれて育ってきた過程において、大きく影響を受けているのです。

 

ヒーリングを受けることで、今までの自分が生きてきた流れが変わります。

 

だから、今ある現実も大きく変わります。

 

何がおこっていたのか、今まで、なんでこんなことをしてきたのか、それを自分の体験と感覚で理解できたときに、

 

「あーなるほど!そういうことね!」とパズルがつながるように身体を通して理解ができるのです。

 

 

 


【SAS (セルフアウェアネススキル) 】

 

ヒーリングが自分の無意識の領域の流れを変化させる療法であるならば、SASは自分自身の意識的領域にて

 

理解し、身体で感じて、感情のブロックを外していく療法ということになります。

 

日々の生活の中で、起こる不具合や問題。もちろん、大きな出来事は記憶に残っていることでしょう。

 

その出来事がすべが偶然であり、仕方かなったこと、どうにもならない出来事であったのでしょうか。

 

地震が起こって同じ場所、同じ被害にあっても、亡くなるかたと生き延びる方。

 

これは運がよかった?それだけなんでしょうか。

 

「なぜ、そうなっているか」

 

が一般化して理論づけされていないから「運がよかった」これでかたづけることが、みんなが納得できる答えとなるからなのかな。

 

「なぜ、そうなっているか」

 

これを、自分自身の今起こっている不具合、問題を通して私たちが小さなころから身体に沈み込ませてきている(信念体系)を特定し、

 

その(信念体系)の下にある感じないようにしてきた感情に触れ、その感情を感じて、自分を癒すことで、

 

今起こっている不具合、問題が新しい方向へうごきだすセッションです。

 

 

 

 

ヒーリング・SASとともに心と身体の心理学「キャラクトロジー心理学」を学ぶことで

 

ほんとうの自分とはというところに、近づくことができるのだと、私も学び続けています。

 

 

私が学んできたHITキャラクトロジー心理学協会 

 

 

 

 

筑井 由紀子さんのお客様の声
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
この予約フォームは個人予約受付サービス,リザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは筑井 由紀子様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はsanayu0727@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
死から生を考えるケアの専門家

筑井 由紀子

Mission
みんなだれもがもっている 〈本当の自分が輝けるもの〉
Senmon

医療 介護 悩み 心 人間関係 カウンセリング ヒーリング

HITキャラクトロジー®心理学ベーシックマスター講師
HITキャラクトロジー®心理学子育てマスター講師
HIT認定メディカルヒーラー
HIT認定セルフアウェアネススキルプラクティショナー
HIT認定セルフアウェアネススキルトレーナー

看護師・介護支援専門員・社会福祉士 第一種衛生管理者 資格
1男1女の母
1971年 愛知県名古屋市生まれ
1993年~看護師として病院、訪問看護勤務
2002年~介護支援専門員として在宅・施設にて勤務
2012年~現在 訪問看護師として勤務
2017年3月~心理カウンセラーとしてクリニックでカウンセリング・ヒーリングを施術

2012年にHITの代表山本美穂子さんの心理学講座に参加することをきっかけにキャラクトロジー®心理学・メディカルヒーリングを学び始める。
学び進めていくうちに仕事での人間関係にて今まで、無意識的に見ないようにしていたことに向き合うこととなり、自分は何がしたいのか、という原点みつめることとなる。
努力すれば、自分が頑張れば必ずすべてはうまくいくそう思っていた。
しかし、≪いつものやり方≫で次々と起こる自分の存在価値まで自分で否定している出来事が起こり、≪いつものやり方を≫変えることができたとき、思ってもみない、今までみたことのない≪この世界は完璧だ≫を体験し、今の私の世界はきらきらしています。
訪問看護師として多くの人の看取りにかかわりながら、なぜ人は病気になるのか、病気に対する心身の症状はなぜ起こり、なぜ人によって違うのか。西洋医学だけでは解決できないことをメディカルヒーラーとして紐解いていこうとクリニックでも施術をおこなっています。
この学びをすべての人に知ってほしい。
今の自分が本当に自分と思っている人たちに。
病気と向き合っている方に。
これから未来に向かうこどもを育てているお母さん・お父さんに。その子供たちに。
そして私が携わる医療・介護業界のひとたちに。
この日本を、世界を大きく変えることができると思っています。

  09012303185
  yusamama27
B_facebook
B_ameba
コース名
価格
提供時間
説明
価格
説明
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款